朝倉伊津子の「ブレイブハートな毎日」
 

HOMEへ鈴木さん水谷さん山岡さん柾木さん陳さん

 

2016年02月22日(月)

アレルギーと相場(相場アレルギーではありません)

ましてやSOBAアレルギーでもありません。おそばは食べれるなんて冗談はさておき、どうも、なんらかのなんだかわからないアレルギーになってしまったらしい私です。

2011年の今頃にもなんらかのアレルギーになってしまい(検査したが花粉症でもなんでもなかった、また5年間の時を経て、原因不明の症状が現れている。

空気中の何かに反応していることは、外を歩くと皮膚がかゆくなり、目がパシパシすることから明らかです。いったいなんなんだろう?まさか去年スズメバチに刺されたから、その毒素がようやく回って来ているわけではあるまいな?なんだかわからないのが不気味でいやっ。

マーケットもウダウダ弱気なのが不気味でいやっ。今朝がたオセアニア時間でポンド円はドカンと下げ160円一瞬割れた〜と思ったら日中は1円上昇の161.40台まで。で、また今朝の安値に接近中・・・。

EUが英国の離脱を回避するための改革案に合意し、この合意によりキャメロン首相は6月にEU残留の是非を問う国民投票を実施すると表明しました。

離脱回避方向なんでしょ、でもポンド売られる。だから、まだフラジール(脆弱)だからさ、ポンド売られるのかな〜。どちらにしても、はっきりしない状況が続きそうということで、売られているのだと思いますが、今度はいきなり買われたりするかもしれない。

160円台からショートするのはちと躊躇する。160円割れればガーッと下げる(イメージ156円)とは思いますが。自分がド底を付けに行くつもりで勇気出して売る、ってことできません。私、肝っ玉極小なので。

今週は上海G20があるので、そこでなんか出るかもという憶測がされてショートだけってわけにもいかないような気がします。自分が知っている限り上海でG20開催されたことないような気がしますが。

全人代も3月にあるが、中国に多大な期待を掛けない方がよいような気がします。マーケットは自然体で行ってもらえれば。でも、私たちの年金を激減させるのは断固やめて欲しいよ!

私のアレルギーからの回復と弱気相場の回復とどちらが先に来るか予想したいと思います・どちらも遅くなりそう。まあ、5−6月かな。少なくとも花粉はなくなるが。



Posted at 17時49分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

外為ジャーナリスト

朝倉伊津子

米国カリフォルニア州の大学、バヌアツ、バーレーン、ロンドン での仕事を経て、帰国後、外資系証券会社で日本株/アジア株の金融法人向け営業、英国系投資顧問会社でオルタナティブ投資の金融法人向けマーケティングに従事する。退職後、株の世界から一転して為替証拠金取引に関する活動を開始し、執筆活動の他に「FOREX RADIO」のパーソナリティ、ラジオ日経の番組への出演やセミナー等の講師も努める。

最近の記事

スポンサードリンク

2016/2

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.