陳満咲杜の「大道至簡」
 

新著のご紹介

GMMAの真実門 トレンドフォローの最終秘密兵器・GMMA(複合型移動平均線)
「FX最強チャート GMMAの真実」


トレンドフォローの最終秘密兵器といえるのがGMMA! 12本の移動平均線を表示して、長期組6本、短期組6本のストリーム(帯)でトレンド判断からエントリーのタイミング、エグジットの目安まで教えてくれるのがGMMAの魅力す。本書では「コバンザメ」「鰯喰い」「トビウオ」「キャシャロット」といった陳氏考案のユニークなGMMAシグナルを一挙紹介。

“陳満咲杜の大道至簡”全記事バックナンバーはこちらから

2012年12月24日(月)

「森」を見詰める勇気

相場は森羅万像である。ゆえに相場に臨む場合、「木を見て森を見ず」という過ちを犯さないためにも、意図的に一本一本の木(ファンダメンタルズ上の材料)を見逃さなければならない。また、これぐらいの覚悟を持たなければ、相場の全体像を掴むことはできないでしょう。

一番大切なのは「森」を見て正しい判断と行動を行う勇気である。そしてこういった勇気をもつための基礎は「森」をしっかり見ることにほかならない。両要素がお互いリンクしてこそ効果を発揮するものだと考えている。つまり、相場に振りまわれるのではなく、相場の一歩先に行くには、「森」を見ることはもちろん、自らの思考で正しい判断をして行動する勇気を持たなければならない。

今年では、一貫して「ユーロ崩壊論」に否定的な見方を示してきた筆者の判断は目下の相場に証左されているが、2007年末における円高への転換、2008年末の日本株底打ち、2009年末のユーロ反落や2010年後半のユーロ反騰、そして2011年の円高値更新といった予測の実績と同じく、実はたいしたことではない。サブプライム、リーマンショックにしても、ギリシャ危機、スペイン危機にしても、そういった単語が新聞に踊り出す前に、相場の内部構造に沿って見てば、誰でも正しい判断と行動をできたはずだ、相場の内部構造に直視し、ブレないスタンスを持つ勇気があれば。

なにしろ、相場の真実を習得することができたとしても、応用するのは言うほど容易いものではない。専門家からマスコミまで、機関投資家からアマチュアまで、相場の見通しが殆ど一色に染められた時に、自らの意見と意見を主張できる者はそうは多くはないでしょう。大体、相場の内部構造を頭で冷静に確認するよりも、熱い心臓の鼓動に判断と行動が左右されることが多く、それもひとつの真実である。

この意味では、前記の「一本一本の木を見逃す」という言葉ではまだ足りないかもしれない。より正確には、「一本一本の木」そのものだけではなく、「木」に関する世間の見方と解釈、そして極端な反応を注意深く見守ることも大変重要である。相場は大衆の貪欲と恐怖によって往々に行き過ぎると知られる以上、その測定と把握はもっとも有効なアプローチの手法となる。

相場の宿命ともいえる相場の内部構造のあり方は正に相場の真実そのものであり、いくら強調しても大げさではなかろう。特に日本においては、使命感と危機感をもって伝わなければならない節がある。というのは、なぜか日本では相場の内部構造に触れず、ファンダメンタルズから我田引水、かつ事後的な解釈ばかりが流行っているからです。一人でも多くの方が今すぐ相場の真実に目覚めてもらいたいと祈ってやまない、2012年クリスマス・イヴにて。


Posted at 17時53分 パーマリンク


2012年11月11日(日)

クロス通貨ペアの話(7)

前回指摘したように、ユーロ/ドル、8月6日にてわずかでありながら、8月3日に付けた大陽線の高値を超えていたので、同日ユーロ/豪ドルも一旦切り返しの高値を付けていた。その後、二番底を付け、ユーロ/豪ドルは6日の高値を再度超えれば、ユーロの騰勢がユーロ/豪ドルといった「万年弱気」通貨ペアでも確認できるという意味合いは重要であった。

実際、8月15日にてユーロ/豪ドルは6日高値を更新していた。同時に、ユーロ/ドルが8月6日の高値から小幅反落しており、上昇モメンタムの強さをまだはっきり出していなかった。しかし、前述のように、ユーロ/豪ドルの6日高値更新がユーロの強さを示唆するサインと捉えれば、ユーロ/ドルにも強気に居られ、その後の高値更新(7日では小幅高値更新していたので、具体的に言うと、7日高値更新となる)をもって敢えて高値追いというスタンスに傾けたでしょう。

ユーロ/ドルの高値更新は8月21日だった。その後、上昇モメンタムの加速が見られ、9月17日高値までほぼ一本調子で826pips(8月21日安値から9月17日高値まで)もの上昇幅を達成していた。対応的に、ユーロ/豪ドルは8月15日安値から10月5日高値まで1243pipsもの上昇幅を記録した。因みに、8月21日、ユーロ/ドル、ユーロ/豪ドルは共に大陽線を形成していた。

従って、遅くても8月21日まで、ユーロの強さがユーロ/豪ドルというクロス通貨ペアから証左され、ユーロ/ドルの上昇の原動力を提供、また同調することを確認できたわけだ。クロス通貨ペアとメイン通貨ペアの同調、往々にしてトレンド加速の際に見られるサインだから、しっかり捉えれば、「後出しジャンケン」でもしっかりトレンドを乗れるうえ、相対的に大きな利益を短期間で獲得できるはずだ。

当然のように、ユーロクロス、ユーロ/豪ドルのみではなく、ユーロ/円、ユーロ/ポンドなど通貨ペアからでもユーロ全体の強さを確認でき、多くのクロス通貨ペアを観察リストに載せれば、整合性をもってトレンドの進行を確認できるから、より有効なアプローチとなる。

例えば、ユーロ/円の場合、7月24日安値を付けてから、8月6日にて高値更新していた。そして21日ではやはり大陽線をもって再度高値更新した。ユーロ/ポンドは7月23日以来、8月6日にて主要高値を付けた。8月21日も大陽線を形成していたが、6日高値を更新できなかった。更新できたのは9月7日だったが、この日ユーロ/ドルは191pipsもの値幅をもって急騰した。

このように、ユーロクロス通貨ペアは極めて重要な役割を果たしている。為替の世界、ドルはもっとも重要な通貨であるが、ドルの対極としてユーロの役割もかなり大事だ。ドル/スイスフランの相場は実はユーロ/ドルとユーロ/スイスフランのクロスであると言っても過言ではないように、ドルのみではなく、ユーロのパフォーマンスとの比較で、外貨(ドル、ユーロ以外の通貨)の価値はよく分かる上、ドルストレート通貨ペアのトレンドを探り出すには欠かせない存在でもある。

Posted at 13時00分 パーマリンク


2012年09月23日(日)

クロス通貨ペアの話(6)

ユーロの切り返し、当然のように、ユーロ/ポンド、ユーロ/円のみではなく、ユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドルといったクロス通貨ペアでも確認できるはずだった。その上、対豪ドル、対NZドルにおけるユーロのペアトレンドはかなり長く続いたため、証左材料としてより価値のある存在だった。

実際、ユーロ/豪ドルは08年10月高値から今年7月安値まで約45%の下落を演じ、ユーロ/NZドルも09年2月高値から今年2月安値まで約42%の下落率を記録した。豪ドルとNZドルはEUソブリン危機以外、金利差によるユーロキャリートレードの対象となっただけに、ユーロ売り/豪ドル買い、NZドル買いは非常に強力なトレンドを作り出した。

ゆえに、ユーロ/ドルの切り返し、もっとも強かった豪ドル、NZドルに対しても確認できれば、ホンモノと認定しやすいうえ、前記ユーロキャリートレードの解消があれば、一段とユーロの反騰を強める結果となる。この辺における整合的な見方を重視すれば、ユーロの切り返し、継続できるかどうかを測るには重要なサインと成り得るだろう。

当然のように、ユーロのベアトレンド、対豪ドル、対NZドルがもっとも強かったので、ユーロ/ポンド、ユーロ/円のように、ユーロ/ドルとほぼ同じタイミングをもってリバウンドを展開するわけにはいかない、遅れた形で底打ちしてくれるといった推測もできる。従って、両通貨ベアの切り返し自体による追加的なサインとしての意味合い、また底打ちした後のトレンド及びモメンタムをもってユーロ全体の強弱を測れる効用はより重視されるのである。

ユーロ/豪ドルの底打ちは8月2日、ユーロ/NZドルの底打ちは8月3日だった。8月2日、ユーロ/ドルは7月23日安値から8日間(取引日)の高値を更新したものの、同日陰線引きで、1.2133の安値を付けていた。7月27日安値1.2042に再び接近しただけに、ユーロ/ドルの切り返しは短命で終わり、再びベアトレンドへ復帰してもおかしくなかった。従って、ユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドルの安値更新も自然な成り行きと受け止めていた。

しかし、その後の8月3日、ユーロ/ドルは大きな陽線をもって再度切り返し、翌週の8月6日では、わずかでありながら高値更新していた。8月2日の足型に鑑み、これは非常に有意義なサインとして解読されるので、ユーロの高値志向を示唆していた。詳細は当方のブログで解釈しているから、ここでは重複を省くが、肝心なのはフォローの材料としてユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドルの動向だった。

ユーロ/豪ドルは8月9日、10日ともに1.1611の安値を示し、つい8月2日の安値を割り込めなかった。単純に「ダブルボトム」というパターンとして見做され、「谷」を示しているのは8月6日高値の1.1770だった。前記ユーロ/ドルにおける同日の値動きやその意味合いに鑑み、クロス通貨ペアとしてユーロ/豪ドルの参考意義が一段と強まるものだった。

Posted at 23時55分 パーマリンク


2012年09月13日(木)

クロス通貨ペアの話(5)

前回ユーロ/ポンドを言及していたが、要するにユーロの強弱、対ドルのみではなく、対ポンドの値動きも理解できれば、より鮮明に捉えたわけだ。実際、昨年7月からほぼ一貫して下がり続けていたユーロ/ポンドは7月23日安値をもって下げ止まっていたので、翌日ユーロ/ドルも一旦底打ちをしていたことと整合的に考えれば、ユーロ安一服の可能性を考えられたのである。

遡ってみていくと、メイントレンドはベアとは言え、ユーロは一直線に下がってきたではなく、途中リバウンドを展開していた。例えば、ユーロ/ドルは1月16日の安値をもって一旦底打ち、2月末まで切り返しを展開した。対応的に、ユーロ/ポンドは1月9日から一旦切り返しを展開、2月24日まで反騰していた。タイムラグがあったものの、整合的に両通貨ベアの動向を把握できれば、ユーロの強弱とその変化をいち早く察知できたと思う。

従って、今回7月安値をそろっていた際、同安値更新の有無を注目すべきだった。その後、両通貨ペアはともに安値を更新せず、反騰を続いたことに鑑み、ユーロ全体は売られるではなく、買われっていることを理解できる。ユーロ/ポンドは理論上クロス通貨ペアであるが、実はメイン通貨ペアの役割を果たしているから、他のユーロクロスとの区別をつけておくべきだ。この意味でも、ユーロ/ドルとユーロ/ポンドの整合性を重視することが大事である。

では、他のユーロクロスはどうなっていたでしょうか。ユーロ/円も同じく7月24日にて安値をつけており、その上、同安値は97関門を守っていたから、非常に重要な意味合いを示唆していた。(この辺の話は当方の公式ブログをご参照)、従って、ユーロ/円もユーロの底打ちを示唆するより蓋然性の高いサインを点灯していたわけだ。

巷はユーロ安一辺倒の間最中、ユーロの底打ち、至ってリバウンドを予想するにはそれなりの勇気が必要だ。しかし、ファンダメンタルズに頭を余計に悩まされず、テクニカル・アナリシスに専念すれば、おのずと正解を見えてくる。ユーロクロスの動向を丹念にフォローしていくのもテクニカル・アナリシスにおける重要な一環である。

「ブルベアFX通信」は7月23日から、ユーロ/ドルの長期スパンに関する展望は以下の通りと記していた。当然のように、前記の分析だけでは物足りない。しかし、根拠の一部として活用させていただいていたのは確かである。

「長期スパン:11年5月高値を起点とした下落変動はダブルジグザグ型パターンと示し、そろそろ底打ちしてE波上昇に入る公算だが、2月高値を起点とした下落波は5波構造で、6月1日安値を下回ったことを受け、同序列における最終波に入ったと見なされる。1.2150割れをもって1.2000関門前後まで下値余地を拓くが、リバウンド間近といった判断は不変。200日線を第一ターゲットと看做す。(@7/23)」

実際、一昨日にてユーロ/ドルは200日線を打診し、ブレイクした。だから、「ブルベアFX通信」におけるユーロ/ドルの見通しは9月10日になってから初めて修正されたわけだ。長期スパンの定義とは「1ヶ月〜3ヶ月程度」と定めているだけに、毎日修正されるものではなく、またメイントレンドだからこそ蓋然性が高いわけである。

本日では誰でもECBの政策とか、QE3の可能性云々をもってユーロの反騰を説明できるか、本当のところ、相場はこういった材料が出る前にすでに来るべきトレンドを示唆してくれていた。材料はあくまで後解釈である。

Posted at 23時36分 パーマリンク


2012年09月02日(日)

クロス通貨ペアの話(4)

前回ではユーロクロスの重要性を強調していた。そして、所謂ユーロキャリートレードにも触れていたが、キャリートレードの発生と認定は往々にして事後型であることを強調しておきたい。というのは、高金利通貨が買われたのは、単純に金利が高いのみではなく、高金利通貨自体が上昇するトレンドにあるから、ロング筋の動機はキャリートレードであるかどうかは定めない。

逆に言えば、高金利通貨とは言え、買われるではなく売られる場合があり、反対に低金利通貨のほうが継続的に買われるケースも多い。最近の好例は低金利の円であろう。07年サブプライムや08年リーマンショック以降、円はほぼ一貫的に買われ、本日になってもなお高値圏での推移に留まっている。

もっとも、ユーロ/円などクロス円を含め、円全体の強さは07年前半まで進行していた円キャリートレードの反動といった側面が強く、円キャリートレードの崩壊がもたらした結果でも言える。このような教訓を生かして、昨今の市況を察知できるヒントを得られるではないかと思う。

8月ではユーロ/ドル陽線引けとなり、1.2600関門を打診した。ドルストレートとクロス通貨ペアの関係に鑑み、ユーロクロスからユーロ/ドル反騰の兆しを探れるはずで、反対もしっかりである。従って、ユーロクロスの状況からみていくのは重要である。

一言ユーロクロスとは言え、実はそれぞれ異なる部分がある。ユーロ/ポンドはユーロ/円と違い、当然ユーロ/豪ドルとも違ってくる。たとえ同じくヨーロッパ通貨同士でも、ユーロ/ポンドとユーロ/スイスフランも随分違う。

ユーロ/ポンドとユーロ/スイスフランの違いは厳密にいえばポンドとスイスフランの違いだ。ファンダメンタルズ的な背景に関して、究極な表現とすれば、スイスフランはリスク回避先と見なされ、ポンドはそうではないないところだ。その上、周知されたように、スイス当局はスイスフラン高を阻止するため、マーケットに「無制限」介入を繰り返しており、ユーロ/スイスフランは年初来ほぼ動かない状態に陥っているから、値動きからまったくシグナルを読み取れない。

一方、ユーロ/ポンドは違う。こういった介入のリスクが全くない上、量的緩和も再三実施してきたポンドの値動きから相当シグナルを読み取れるはずだ。実際、2011年7月高値からユーロ/ポンドは大きな下落トレンドを形成しており、今でもメイントレンドとしてベア相場を維持しているとみられる。

本来、量的緩和が実施される通貨には大きな切り下げ圧力を掛かり、弱い変動に辿るはずだが、それでもユーロに対して継続的に買われたのは他ならぬ、ギリシャ危機、イタリア危機、そしてスペイン危機といったEUソブリン危機の連続といった大きな背景が利いているからだ。換言すれば、ユーロ/ポンドのメイントレンドはユーロの弱さを強く示唆していた。

Posted at 23時33分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社 陳アソシエイツ

代表取締役

陳満咲杜

1992年に来日し、生活費と学費をアルバイトでまかないながら、大学時代より株投資を開始。中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。日本、中国、台湾地域をカバーした執筆、講演、情報サービス、投資家教育などの活動に取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。

活動状況

陳アソシエイツ公式WEBサイト。
豊商事YutakaMaeketTVにて毎月放送中
ザイFXでのコラム。毎週金曜日更新。
ラジオNIKKEI「FXトレンドの真実」。毎週月曜放送。
デイリーベースのストラテジーを配信。

著書

2017/8

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.