陳満咲杜の「大道至簡」
 

2012年08月19日(日)

クロス通貨ペアの話(2)

前回では、かなりリスクオンの市場環境でなければ、ドル/円の暴騰が難しいと指摘していたが、対円だけではなく、ユーロなどそのほかの主要通貨に対するドル全体のパフォーマンスはEUソブリン危機の恩恵を受けていることを忘れてはいけない。

言い変えれば、ドルはリスク回避先として評価され、買われている以上、リスクオンになればなるほど、ドル全体は実に売られやすい傾向にある。逆に言えば、リスクオンの環境になればなるほど、ユーロ/ドルは上昇しやすくなる。従って、ユーロ/ドルが下げ続いている間、ドル/円のみ暴騰といった構造は基本的に成立しにくいわけだ。

もっとも、クロス円としてのユーロ/円のレートは理論上ユーロ/ドルとドル/円レートの掛け算から算出できるものだから、ユーロ/ドルの下げはユーロ/円の下げをもたらし、ユーロ/円における円高圧力を生じさせる。ユーロ/円経由の円高圧力は逆にドル/円に影響を及び、ドル/円のみの暴騰はあり得ないからである。

クロス通貨ペアの仕組みを理解することによって、巷の俗論に安易に流されなく済むだろう。例えば、EUソブリン危機を根拠にユーロ安の進行を鼓吹する一方、ドル/円だけ高値ターゲットを提示してしまうといった「ロジック」の真贋を判定できる。

その上、何といっても相場全体像の把握によって市場の内部構造の発見につながる、といったところはもっとも重要で、大局観の形成に役に立つでしょう。最近では、ユーロ/円の94円台死守が好例である。

ユーロ/円は7月24日94.10の安値を付けてから反発してきた。ユーロ/ドルの値動きとリンクしているものだが、重要なのはユーロ/円によって94円台はとっても大事なレベルであった。

同レベルは08、09年安値から2012年1月安値を連結するサポートラインに合致していただけに、下回れば大きな下値余地を拓くことになる。そして、ユーロ/円の下値余地拡大は間違いなくユーロ/ドルの暴落を暗示、またドル/円の頭打ち、至って反落を示唆するサインである。

EUソブリン危機でユーロの暴落は避けられないといった世論の強さに鑑み、ユーロ/円の94円台割れも当然の成り行きとみられていたが、それを回避したことは重要なシグナルを点灯したわけだ。即ち、ユーロ/ドルの底割れ回避とドル/円の調整(反落)終焉である。

それどころか、98円台を回復してきたので、ドル/円の反騰だけではなく、ユーロ/ドルもある程度のリバウンドなしでは達成できないものだから、ユーロ/円は先週市場の基調を象徴的な存在となった。



Posted at 23時53分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社 陳アソシエイツ

代表取締役

陳満咲杜

1992年に来日し、生活費と学費をアルバイトでまかないながら、大学時代より株投資を開始。中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。日本、中国、台湾地域をカバーした執筆、講演、情報サービス、投資家教育などの活動に取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。

最近の記事

スポンサードリンク

2012/8

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.