陳満咲杜の「大道至簡」
 

2012年08月31日(金)

先生のお話

ある海外の大方と文通をできたなので、興味深いお話を聞けた。エリオット波動論に造詣が深いこの先生によると、損するFXトレーダーの多くは以下の三つの失敗を犯しているという。

第一に、FXトレーダーの大半はディリートレードを好む傾向にある。それ自体悪くないが、値動きを追いかける羽目になりやすい。その上、短期志向が強ければ強いほど、大した確信もなく、大した根拠もないトレードに迫られるだけではなく、トレードのタイミングは往々にして外れ気味だ。故に、ストップロスの設定は難しくなり、本当の節目から遠くなりがちで、マーケットの変動によって振り出される宿命にある。

第二、FXトレーダーの多くはしばしば相場における瞬間的な熱さ、やエキサイティングな値動きに興奮させられ、結果的に精神的な不安定とプレッシャーに晒される。すべての値動きを利益獲得のチャンスとして利用できるといった幻想を元に、利益を逃したといった後悔、そして次のチャンスをまた逃していくではないかといった不安は典型的な症状だ。また、損失をできるだけ早めに取り戻したいという焦りもトレーターの苛立ちを増すという。こういった精神状態では、失敗しないほうが難しいことだ。

第三、テクニカル要因に限られた理解しかもっていない。たとえば、外国為替市場のテクニカル分析に基づいた様々なアプローチのうち、多くのトレーダーはエリオット波動原理を聞いたことがある。しかし、どのように活用すればよいかを知らない者が多い。

もっとも代表的なのは、多くのトレーダーはエリオット波動によるカウントの本質を知らずにして間違いを犯すと先生は言う。たとえば、複雑型の調整変動といった市況において、マーケットは事実上予測不可能なパターンに陥るから、特定な方向を確信したトレードほど失敗の確率が高い。

では、こういった複雑型調整波動の進行を我々はどうやって事前に知ることができるしょうか。エリオット波動論に関する正しい知識が役立つところだと先生は指摘する。5波の動きと知られる構造の中、オーターネーション(交替)の法則があり、第2波は単純だった場合、第4波は複雑になり、反対もしっかりである。こういった基礎的な知識だけでも、トレーダーは無意味なトレードを回避でき、トータルな成績をアップできるはずだという。

もちろん、それだけではうまくいくという保証はない。しかし、ランダムな動きのほとんどを回避するように注意して、適切な取引チャンスの厳選やリスクを取るために必要な手段を確保できれば、成功の確率を間違い高める。また、投機が投資と異なっているところ、つまりエントリーのタイミングも非常に重要であるため、FXトレーダーは自らの戦いを選択することから慎重に学ばなければならない。先生はこう書き加えている。



Posted at 01時33分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社 陳アソシエイツ

代表取締役

陳満咲杜

1992年に来日し、生活費と学費をアルバイトでまかないながら、大学時代より株投資を開始。中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。日本、中国、台湾地域をカバーした執筆、講演、情報サービス、投資家教育などの活動に取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。

最近の記事

スポンサードリンク

2012/8

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.