陳満咲杜の「大道至簡」
 

2012年09月23日(日)

クロス通貨ペアの話(6)

ユーロの切り返し、当然のように、ユーロ/ポンド、ユーロ/円のみではなく、ユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドルといったクロス通貨ペアでも確認できるはずだった。その上、対豪ドル、対NZドルにおけるユーロのペアトレンドはかなり長く続いたため、証左材料としてより価値のある存在だった。

実際、ユーロ/豪ドルは08年10月高値から今年7月安値まで約45%の下落を演じ、ユーロ/NZドルも09年2月高値から今年2月安値まで約42%の下落率を記録した。豪ドルとNZドルはEUソブリン危機以外、金利差によるユーロキャリートレードの対象となっただけに、ユーロ売り/豪ドル買い、NZドル買いは非常に強力なトレンドを作り出した。

ゆえに、ユーロ/ドルの切り返し、もっとも強かった豪ドル、NZドルに対しても確認できれば、ホンモノと認定しやすいうえ、前記ユーロキャリートレードの解消があれば、一段とユーロの反騰を強める結果となる。この辺における整合的な見方を重視すれば、ユーロの切り返し、継続できるかどうかを測るには重要なサインと成り得るだろう。

当然のように、ユーロのベアトレンド、対豪ドル、対NZドルがもっとも強かったので、ユーロ/ポンド、ユーロ/円のように、ユーロ/ドルとほぼ同じタイミングをもってリバウンドを展開するわけにはいかない、遅れた形で底打ちしてくれるといった推測もできる。従って、両通貨ベアの切り返し自体による追加的なサインとしての意味合い、また底打ちした後のトレンド及びモメンタムをもってユーロ全体の強弱を測れる効用はより重視されるのである。

ユーロ/豪ドルの底打ちは8月2日、ユーロ/NZドルの底打ちは8月3日だった。8月2日、ユーロ/ドルは7月23日安値から8日間(取引日)の高値を更新したものの、同日陰線引きで、1.2133の安値を付けていた。7月27日安値1.2042に再び接近しただけに、ユーロ/ドルの切り返しは短命で終わり、再びベアトレンドへ復帰してもおかしくなかった。従って、ユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドルの安値更新も自然な成り行きと受け止めていた。

しかし、その後の8月3日、ユーロ/ドルは大きな陽線をもって再度切り返し、翌週の8月6日では、わずかでありながら高値更新していた。8月2日の足型に鑑み、これは非常に有意義なサインとして解読されるので、ユーロの高値志向を示唆していた。詳細は当方のブログで解釈しているから、ここでは重複を省くが、肝心なのはフォローの材料としてユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドルの動向だった。

ユーロ/豪ドルは8月9日、10日ともに1.1611の安値を示し、つい8月2日の安値を割り込めなかった。単純に「ダブルボトム」というパターンとして見做され、「谷」を示しているのは8月6日高値の1.1770だった。前記ユーロ/ドルにおける同日の値動きやその意味合いに鑑み、クロス通貨ペアとしてユーロ/豪ドルの参考意義が一段と強まるものだった。



Posted at 23時55分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社 陳アソシエイツ

代表取締役

陳満咲杜

1992年に来日し、生活費と学費をアルバイトでまかないながら、大学時代より株投資を開始。中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。日本、中国、台湾地域をカバーした執筆、講演、情報サービス、投資家教育などの活動に取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。

最近の記事

スポンサードリンク

2012/9

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.