水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

2017年01月05日(木)

今年はスローモードの私!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Feliz Año Nuevo!

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。今日が今年初めの最初のブログです。岐阜の田舎で新年を迎え、新東名、東名を乗り継ぎ、そして富士川サービルエリアの施設楽座に立ち寄りました。ここから眺める富士山は東名、新東名の中では私は随一であると思います。3年連続の快晴の雪を抱いた富士山を見ることが出来ました。写真は今年の眺めです。お楽しみください。富士山のご挨拶が毎年恒例となってしまいました。新東名は早く、快適なドライブが出来るのですが、眺めはいまいちであり、ついつい新東名から東名に新清水JCTで乗り換えます。

ロケットスタートとは行かないようです。まだ今年の金融、為替相場を考えたいと思います。私が出遅れているのかもしれない。まずはシカゴ筋の分析から始めましょう。12月27日現在のポジションを見ましょう。円ネット・ショート87,009枚と前週比11,560枚増となっている。急いで円ショートポジションを構築している。利食いも早いのかもしれないと一抹の予感。ユーロ・ネット・ショート69,408枚(8,637枚減)とこちらはショート構築を自嘲しているようです。ポンド・ネット・ショート57,099枚(2,251枚減)とほとんど変化なし。Soft-BrexitかHard-Brexitとの見分けがつかないのではとまだ方向性が見極められない。豪ドル・ネット・ショート1,510枚とロング3,941枚から反転している。やはりドル高相場が相場を支配しているようです。中国景気は目だって悪材料は出ていない。RBAは中立な金融スタンス。RBAの明確な方向性が見えてくるまで待ちましょう。NZDネット・ショート11,001枚(4,048枚増)と、こちらもドル高相場、そしてRBNZは中立からひょっとして利下げも今年も有り得るか見極めたい。

ことしはトランプvs.FRBが最大のリスク要因と、昨年末に確信した次第です。FRBがトランプさんの圧力に屈して、利下げセッションのスピードを緩める、もしくは停止する行動に出れば、ドル安相場へと変化して行く。しかしFRBの独立性の保ち、イエレン議長が孤軍奮闘すれば、利上げ基調が継続し、ドル高相場継続も動きとなる。トランプ、トランプ、そしてトランプの金融・経済市場ではと想い描きます。ドル安政策が米国の輸出を増大し、米経済に勢いをもたらすとトランプ大統領自身が確信すると、ドル安基調へと。金融・経済そして関連で政治が連動する相場展開を思い描きます。

まだまだローギアのままの私です。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ



Posted at 15時45分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

最近の記事

スポンサードリンク

2017/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.