水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

2017年03月09日(木)

中国恐るべし!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今日は偶然私の60代のとある誕生日です。人生を振り返ると山あり谷ありの日々を過ごしてきたように思います。岐阜の田園地帯で長閑に過ごした日々、東京に出てきた学生時代、そして社会人として忙しい日々が新幹線の如く疾走した世界、そして60代となり、少し余裕を持って人生を過ごしたいと思う心境になってきました。この歳になって、何かと新しい、まだ経験していない世界を試したいなと思っています。日々の活力になれば、老化現象を少しでも防げるのではと思っています。肉体的には日々の散歩で少しでも現状の体力を続ければと思っています。男性の健康年齢が71歳との事、時間は少ないなとの印象です。健康年齢を80歳以上に持って行けるかに私の人生の充実度がかかっている。一期一会の世界ですね。イチロー選手の言葉がここで響きます。大きな記録を達成するには、一日一日の積み重ねが重要である。それなくして達成は出来ないと。一日一日に充実感を感じることが、健康寿命の延長にあるのではと思います。そのような心境を感じる60代の私です。今日も岩槻の愛宕神社の雛人形の写真を飾ります。

最近中国国営放送CCTVを見る機会が多い。午前9時から、東京市場が静かであると、ついCCTVのニュースが9時から始まると見てしまいます。そして中国の恐ろしさを感じることになります。今日のニュースを見ていたら、韓国に配備されるTHAADという米製迎撃ミサイルのシステムに強烈に反対するニュースオンパレードでした。CCTVの特派員が韓国の米軍基地近くから中継し、不当性をしつこく報道、そして韓国の住民も反対していることを大々的に報じている。賛成の意見は一切報道しません。そしてご丁寧に東京の横田基地への輸送機の機種替えまで報道している。そして中国内の反対運動も。反ロッテ、韓国製品不買運動、韓国への観光旅行禁止令と、極端ですね。そしてそれに洗脳された中国人の迎合姿勢と。中国共産党体制のもと、一糸乱れぬ報道管制、そして統制していることは本当に恐ろしい。アリババの創業者ジャック・マー会長も、いざとなると反米運動へと豹変する可能性があるリスクがある。そして北朝鮮の例の金ファミリーの長男暗殺についても、いまだに北朝鮮男性の暗殺としか報道していません。何か不自然さを感じます。中国人民全てを習近平主席が掌握しているのではと思ってしまいます。こんな国が国力飛躍的向上のもと、次第に世界を侵食してくることは憂いることではないかと思います。中国の景気ダウンは世界的に見て、至上命令なように思うのですが。そんな洗脳報道ニュースであっても、番組の最終部分では、海外の面白い動画を配信していることには滑稽に思います。日本でも中国人観光客は目につきますが、このような人たちも報道管制のもと洗脳され、一度国家が反日の号令を命ずれば、手のひらを返したような行動になると想像すると恐ろしくなります。共産党体制の中国は本当に恐ろしいと、CCTVの放送を見る度に恐ろしくなります。中国では昨日貿易統計が発表され、2月貿易収支91.5億ドル赤字と思いがけない赤字転換ではないですか。この数字も政治的の操作されたものであるのか疑ってしまいます。トランプ政権が不均衡な対中国貿易赤字を問題にしていることに対抗しているのではないかと穿った見方をしてしまう。数字の根拠を出してもらわないと。輸出の伸びが鈍化しているとの説明です。今日の経済統計にしても、意図的に数字を操作する可能性もある国家体制と言えます。これだけ情報が外部に漏れているから難しいとも言える。財新のPMIを参考にしないといけない。しかし財新も中国統制下にあると情報操作が出来る。その意味では香港の一国2制度は絶対に維持しないといけない。

今週は今日のECBと明日の米雇用統計が中心で動いている。昨日は明日の米雇用統計の前哨戦である2月ADP全国雇用者数29.8万人増と、予想より10万人以上多い非常に良い数字。ざっと過去6か月間の相関関係を追ってみました。そしたら80%以上の確率で相関関係があるように見える。その意味では明日良い数字が出る確率は高い。そのことを見越した市場参加者はそちらの方向にポジションを増やしたようです。金利ディーラーがその典型です。債券ディーラーは売り先行で10年債利回り2.55%となっている。本邦金融機関が多大の損失を海外債券で被っていると記事が出ていて、海外債券の動きについて行けなかったと言えるのではないか。短期金利ディーラーも先物で売りの動きを強めている。金利先物12月限1.62%と、昨年12月のFRB利上げ局面の利上げ実施がされて、利回り上昇となった水準と同レベルになっている。来週15日利上げと見ると、1.75%近辺まで上昇してほしい。それが基本的な15日までの動きではないかと推測します。そして調整局面となり1.55〜1.60%のレンジに落ち着く動きになるのではと思います。そして次回の利上げが、6月になるかそれとも9月になるかと言うことでエコノミストが盛り上がることになります。そしてそれはトランプ政権の経済運営がカギを握るのではと読んでいます。利上げが経済成長の障害になると見るとトランプ大統領がいずれ吠えることになります。イエレンFRB議長には耳障りに聞こえることになり、プレッシャーとなります。

金融市場は金利上昇に反応し、そして結果ドル高の動きになっている。そして今日のECB定例理事会にも注目したい。前回定例記者会見の場で、ドラギ総裁は、必要ならQE政策の拡大を見直す用意があると発言されている。現在の資産購入額は月額800億ユーロ、来月からは600億ユーロに減額し、12月末まで続けるとしている。ユーロ圏1月消費者物価指数2%前年比とECBインフレ目標に達している。ドイツはじめ北欧州諸国、スペイン等は引き締めても良いとの意見ではないか。量的緩和政策の出口戦略が議論される可能性があり、来年以降購入額を減額されることも予想される。もしもインフレ懸念があるとすると、前倒しで実施される可能性もあると言える。そして政策金利も、預金金利など−0.40%の見直し、ひょっとして政策金利のリファイナンス・レート(Main refinance oprations )のゼロ金利の見直しに着手する可能性もあるのではと思います。しかしそこで問題になるユーロ圏各国の金融問題が過ります。イタリア、ギリシャなどが対象となります。今日のドラギ総裁記者会見を注視しましょう。

今日は個別通貨分析は省略します。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ



Posted at 15時01分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

最近の記事

スポンサードリンク

2017/3

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.