水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

2017年03月21日(火)

ちょっと私の連載記事の紹介!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今日は東京の桜開花宣言がありましたが、冷たい雨模様。昨日の散歩では近くの公園の桜は一向につぼみが膨らんでいません。大宮はやはり東京よりも寒いということでしょう。荒川を通り過ぎると気候が変わるというのは本当のことのような気がします。東京でコートなしでも大宮では寒いということが過去に度々ありました。今日の写真も大宮花の丘公苑の一スナップです。鴨がチュウリップ畑でのんびりとお食事中でした。陸に上がった鴨の面白いモーションが興味深い。お楽しみください。

ちょっと私の記事が満載してあるホームページを紹介します。日本クラウド証券のHPの中にマネセツ(マネーの説明)というコンテンツがあります。最近リニューアルして、私の記事が右に載せられています。Featureとの見出しで、その次にタイトルが記されています。最近では「そろそろECBが量的緩和の出口戦略の準備へ」、「商品相場がオセアニア通貨押し上げる」等のタイトルが踊っています。「イエレンFRB議長緩やかな利上げ確認」との記事が近々掲載されます。旬な金融市場の話題を取り上げています。月3回の頻度で書いています。時々ご覧ください。メニューバーの「プロフェッショナル」で私の記事が全て掲載してあります。参考にしてください。日本クラウド証券は、ミドルリスク、ミドルリターンな金融投資商品を揃えています。不動産ファンド、バイオマス電力ファンド、中小企業支援型ローンファンド等、中リスク中リターンなファンドに投資する金融商品です。概ね5%前後の利回り期待商品です。デッドの部分で、シニア部門は銀行が出資、そしてその下のメザニン部分に投資することになります。レバレッジをかけることでちょっと高い運用利回りとなるのがミソです。従ってミドルリスクのミドルリターンと言うことになります。投資運用に悩んでいる方にはこの低金利時代にはちょっとのリスク(ミドルリスク)で5%程度の金利を期待できます。日本クラウド証券では最近120億円の累計応募金額を越えました。昨年末は90億円ほどでしたから着実に増えているようです。運用難を如実に表している。金利が高まっている米10年債でも2.50%です。まして日本国債10年はゼロ金利近辺に固定している日銀のイールドカーブコントロール政策で、一向に利回り上昇とはならない。そしてこの所の株式上昇にも、リーマンショックの悪夢の残像が投資家には過ります。そして為替は良く勉強しないと着実には収益を上げられない状況となっています。ドル高一辺倒ではない相場が予想されるから今年はなおさらです。ポートフォリオの一部に繰り込むのが良いのではと思います。9%の利回り複利で10年続ければ元金が2倍になるという理論がある。5%であれば、10年で5割増し程度の元金増と、寝て果報は待てとなるのではと思います。私の気合を込めた記事と共に、日本クラウド証券の商品ラインアップをご覧ください。そして今後の日本クラウド証券がどんな金融投資商品を紹介してくれるのか先が楽しみです。日本クラウド証券の知能に期待したい。

静かな金融市場。私の予想通り金利、為替共に調整局面入りとなっています。短期金利先物の動きを見ていれば、大よそ為替の動向は予測できる。そして例年ドル円については3月の彼岸頃からドル安の動きとなり、秋の彼岸頃まで続きます。今年もそのパターン入りではと思わせる相場となっている。経験則は自然の摂理と共に波動論など科学的分析と一致するのではと思います。株式相場でも達成感があるのか、FOMC後はそれ程の勢いが出てこない。何かリスクを恐れているのでしょうか。市場は新たなリスクが現れることを恐れているのでしょうか。米国政府の予算が確定していないこと、インフラ投資がどのようになるのか、FRBの利上げ観測が6月になるか9月になるのかが米国要因。欧州ではルペンリスクが判断できないでいる。オランダが落ち着き、そろそろ仏大統領選挙が本格化する。そしてBrexitが正式に今月中にEUに告げられるという。英国の本格的経済縮小が起こるのかに注目したい。ロンドン金融街も、相当に大陸にスタッフ移動が予想される。これではBOEは利上げには踏み切れないと推測します。そしてそろそろECBが量的緩和縮小と利上げを検討する段階に入ることが予想される。日本は日銀がイールドカーブコントロールを続けており、金利は上昇しない。その意味では基本は円安と言えます。季節的要因が9月の彼岸まで続くのではとドル円では言える。その意味ではFRBは9月まで利上げを思いとどめてほしいと経験則からは言えます。トランプリスクがその阻害要因となるのではと思う所です。

ちょっと小休止の今週では。と言うことで、今日はこの辺りで。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ



Posted at 13時53分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

最近の記事

スポンサードリンク

2017/3

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.