水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

2017年03月28日(火)

胸突き八丁相場通過中!

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
ハイテクには疎い私が先週からスマホにはまっています。LINE, Intagram、Twitter, Skypeを今週から入れました。スマホでの入力がまだ不慣れです。若い人は容易に行っていることが羨ましい。その内に私も出来るとの意気込みです。やはりPCへのキーボードでの入力の方がやりやすい。Facebookのmessengerへは現在はPCで入力、簡単な入力はスマホで頑張っています。LINEは入力していますが、これは入力して記憶させれば、使いやすいのでしょう。それにしても高校生辺りは両手で打っており、凄いなと思います。その能力を別の面で見せてくれたら良いですね。先週はやはり稀勢の里の執念に脱帽ですね。あの精神力、そして横綱の権威を守ろうとする姿勢には感服ですね。地位が人を育てるとはその通りですね。大関の頃は精神力が弱いと散々言われていました。それが横綱に昇進すると、がらっと変身ですね。けがを治して、5月場所に元気に土俵に上ってほしい。日本人の精神を持ち合わせている。モンゴル人横綱とは一味違うようです。ただし、鶴竜の14日目の気遣いの所作には拍手を送りたい。

調整局面が続く金融市場です。私は金利、特に短期金利先物の動きから、為替動向の参考にしている。ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.535%と丁度FRBが今後年内2回の利上げを織り込む水準に来ている。このまま1.50%割れの局面で、1.40%〜1.45%辺りで、先物売り(金利上昇)と見込むディーラーが多いかどうかを判断材料としたい。1.40%を下回ると、今後年内1回しか行われない水準に近づく。昨年12月の利上げ後の局面を見ると、凡そ0.20%の戻しがあります。これを今回3月の利上げ実施後にあてはめると、98.55つまり1.45%です。この水準で利上げシナリオに変化がないと、売られるのではと推測します。あと0.08%下げた段階ですね。注意したい。その意味ではまだドル安へ方向転換したとは金利動向からは判断は時期尚早と言えます。ダウ平均はまだ2万ドルを維持している。不安要因は原油価格ですね。WTIで47ドルをさまよっている。50ドルを越えれば一安心。気になるのは鉄鉱石価格が下落トレンドに変化してきている。それにしても激しいチャートです。為替などちょろいですね。鉄鉱石価格が下落であれば、中国からは何もニュースが出てきていないから需給と思惑、そして利食い売りが出ていると言える。その意味では豪ドルは調整局面を続けることになります。鉄鉱石価格と豪ドルは連動していると言えます。金価格も1250ドルとリスク回避と対象商品を如実に反映した価格とトレンドになっている。トランプ政権の経済政策に、公約通りの政策が反映されることになると、金価格も先が見えることになると思います。そしてドルインデックス。99.25水準と100.00に戻る動きには程遠い。チャートを見ると昨年11月上旬の97台前半まで当面調整するのではと思ってしまいます。

ドル/円:短期ドル金利が調整局面と言うことでドル安進行シナリオが描けます。日本サイドでは森友学園問題で、籠池理事長が国会を混乱させている。予算案は可決したようです。しかし政治の停滞は日米共に否めない。このことを勘案してチャートを見ましょう。下記は日足チャートです。緑の線でギャンスクエアの非常に重要な節目の116と111を示しました。現在は111の非常に重要な節目を下回る動きになっています。FRBが年内1回の利上げにとどまるとの観測が出てくると111は強固なレジスタンスになってしまいます。参考までにギャンスクエアでは106が下の非常に重要な節目となっている。米経済は雇用、インフレ率共に良好であり、FRBの利上げセッションのシナリオには変化がこれまでの所出てきていません。トランプ大統領が強権を発動して、FRB利上げセッションにストップをかければ話は別になります。しかしその気配は現在出ていない。年内今後2回は利上げが実施されるというシナリオには変化がない。その意味では111に戻るというシナリオは十分にあります。どれだけ111以下の滞空時間になるかに注目です。春の彼岸を越えれば円高に、そして秋の彼岸から円安と言う経験則から、仮に9月FRB利上げと言う観測が強まると、その一か月前位、恐らく7月頃から円安に向かうトレンドが始まるのかなと言うシナリオは立てやすい。それとも小さな山は6月利上げ説です。その意味では5月頃からその思惑で小山出現の円安示現があるのかあれこれ考えてしまいます。現在は黒線の5日移動平均線(111.18)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(110.46)に沿ったバンドウォークの動きと解釈しましょう。下段のストキャスティックスは既に下値圏に沈んでおり、浮上するかどうかに注目したい。

画像(500x196)・拡大画像(950x374)

ユーロ/ドル:選挙リスクが一旦沈み、ECBの出口戦略の観測が出ており、ユーロ高に振れやすい。ドル安傾向もユーロ高を後押しします。1月末示現の1.08の心理的な重要な節目を越え、シカゴ筋もほぼスクエアからユーロ・ネット・ロング構築に動き出しているのではと推測する相場となっている。5日移動平均線(1.0810)をサポートに、ボリンジャーバンドの上限バンド(1.0879)に沿ったバンドウォークのトレンドとなっている。ストキャスティックスは例により高値圏にへばりつく。1.10まであるのかなと思ってしまうユーロ高です。

ポンド/ドル:ドル安相場を色濃くするポンド高です。ボリンジャーバンドの上下バンドが並行に進むチャートになっている。これは上値を攻めても限界があるのではと推測します。やはりBrexitの交渉が正式通知そして、交渉入りとリスクが付きまとう。そのことをチャートは如実に示していると言えます。

豪ドル/ドル:鉄鉱石価格連動相場と言えます。鉄鉱石価格が何らかの中国経済の良い数字で反発すれば、豪ドル高に相場に戻る可能性はあると思います。ドル安相場も追い風。現状では中期相場のトレンドを示す90日移動平均線(0.7507)とボリンジャーバンドの下限バンド(0.7497)までの調整局面にはならないと思われます。ストキャスティックスは下方基調にあり、もう少し調整局面の豪ドル安のトレンドが続く可能性があると言えます。

NZD相場:こちらは踊り場のチャートになっている。中国次第の経済。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7022)がサポートとなれば、NZD高の相場も期待できるのではと思います。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ



Posted at 13時33分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

最近の記事

スポンサードリンク

2017/3

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.