水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

2017年05月25日(木)

BOJは安全パイ!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
昨日気分転換に、隣町上尾市の荒川河川敷近くにある「榎本牧場」に、アイスクリームを食べたくなり出かけました。平日でもあり、人はまばら。程なく目当てのアイスクリームをいただきます。こちらは種類が豊富、そして何よりも牧場で生産した牛乳がアイスクリームになります。産地直送の原料でできたアイスクリームは格別です。東京の有名店よりも美味しいと個人的に思っています。抹茶アイスをいただきます。本当に美味しい。ラムレーズン、ゴマが私の好みです。その後、牛さん、豚さんにご挨拶。そして周辺を日課の散歩です。ここは本当に自然が豊かであり、そして手入れがされていない。将に自然そのものです。これが良くて、度々この牧場に出かけることになります。写真は牛さんです。

日銀は、黒田総裁曰く、異次元の量的・質的緩和が続いています。そして昨年9月にはイールドカーブコントロールなる一般の人には理解が難しい金融手法の導入をしました。やることは簡単、しかし難しい言葉を使うというのが日銀の伝統でしょうか。FRB、ECB、BOE、そしてRBA, RBNZなど私がカバーしている各国中銀は難しい用語など使っていません。それよりもむしろ簡単に公に説明したいという姿勢がにじみ出ています。イールドカーブコントロールは指標の10年日本国債利回りをゼロ近辺に定着させる金融政策です。金利上昇した場合には、日々のオペレーションで無制限に10年債を購入し、そして資金供給し、金利を低下させます。強権とも言える手法です。このため、9月以来、少しでも利回り上昇の動きには市場参加者が敏感になっている。確か4月に一時0.10%以上に跳ね上がる局面では、本当に神経質となっています。現在0.04%近辺でペグさせていると言えます。この政策継続で、デフレ脱出を狙う日銀と、日本政府と言えます。安倍首相のデフレ脱出目標を側面援護しています。しかし一向にインフレ懸念は持ち上がらない。根本のところは、少子高齢化と人口減少があるのではとの印象です。人口が減少する社会では、消費者の消費性向は縮みます。やはり外国人を入れる政策転換する必要があるのではと思います。人口減対策も、残業禁止、日本人口増やす対策を真剣に取り組み必要があるのではと思います。黒田さんが孤軍奮闘しても、外部団体が真剣に取り組まないと成果が上がりません。こんなことで、日本の金利は当分引き上がらないというのが国際的コンセンサスになってしまいました。そして金利差重視の為替観は、容易に構築されることになります。これが、上下変動があるものの、ドル円の相場観の基本に私はしています。ドル円ではドルの短期金利動向を注視していれば、先の為替が見通せます。私は60代になり、短期的見通しよりも中長期的見通しによるポジショニングに重きを置いている。その方が心理的プレッシャーがなく、気楽に相場を見ることが出来ます。若いと時とは、ずいぶん違った姿勢になっています。昔の是川銀蔵さん、ジョージ・ソロス氏、そしてバフェット氏は80歳を超えて、まだ現役です。どなたも中長期的視点で相場を張っています。それも巨万の富を。それを私も見習いたい。デイトレを推奨するのは若い世代、中高年にはスロー・トレードとも言える手法を推薦したいですね。

金融市場を見渡しましょう。マンチェスターでの爆破テロの影響は限定的なようです。英国が必死で封じ込みを図っているようです。1週間、1ヶ月の単位で何もなければ、リスク志向のドル高方向、それはFRBの6月14日利上げ方向で進みそうです。短期金利から見るとユーロドル(3ヶ月物)6月限1.25%と将に0.25%利上げを織り込んでいる水準にあります。そして12月限1.405%と、こちらは12月利上げを織り込み水準とは言えません。なにかが起こるのではと想起させます。原油価格がWTIで51ドル台となっている。主要原油産出国の減産計画が9ヶ月延長される観測が強いので、その影響でしょう。夏のドライブ、休暇シーズン突入を前に、ガソリン需要が増えることが期待されます。原油相場は上昇の過程にあるようです。ドルインデックスは97.05とドル安の状態にあります。対欧州通貨で鮮明です。私は対スイスフランも見ているのですが、この傾向が本当に鮮明に表現されている。

ドル/円:上記日銀の低金利政策は長く続くと読むと、米FRBのみに注視する為替相場です。下記は長めの日足チャートです。フィボナッチ分析12月5日高値117.38と11月4日安値102.83の間の分析線を引いています。61.8%戻しが112.50、50%戻しが110.60に位置します。現在は61.8%と50%の間の範囲をドリフトしています。私は、ドル金利は上昇方向と読んでいますから、いずれ61.8%戻しを上抜けしていくのではと読んでいます。Stay long作戦で中期的には良い。損切は50%戻しです。この水準を下回ると、大きくドル安方向に向かう可能性があると言えます。下段のストキャスティックスは上方基調継続となっている。

画像(500x202)・拡大画像(950x384)

ユーロ/ドル:2日間の調整を消化し、再びユーロ高の相場の様相です。ボリンジャーバンドの上限バンド(1.1255)に沿ったバンドウォークの相場になっている。サポートは5日移動平均線(1.1188)です。大きな調整局面になると、ミドルバンド(1.1000)に注意したい。ストキャスティックスは高値圏に位置しているために、注意した。

ポンド/ドル:ドル安相場がポンドを押し上げていると言えます。こちらは1.3000と1.2900のレンジ相場と言えます。BOEは潜在的Brexitリスクがあり、BOEは緩和政策を継続している。そしていずれドル金利上昇の局面を迎えます。その意味では中期的にはポンド安相場に転換するのではないかと思います。

オセアニア通貨は変化がなく、ドル安相場の恩恵を受けていると言えます。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ



Posted at 13時15分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

最近の記事

スポンサードリンク

2017/5

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.