水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2014年04月04日(金)

追加金融緩和姿勢のECB!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Que tal?
Muy bien, gracias!

桜満開で一年で一番良い季節ですね。昨日は雨でしたが、公園は花盛りです。満開のソメイヨシノお楽しみください。これから八重桜が美しい。平日の公園は、主婦と子供がお花見で賑やかです。働き盛りの男性はオフィスで粛々と仕事ですか。夜桜を楽しむことになります。その場合は花より団子ではと思います。昔は花見もそこそこに夜の街に消えて行ったことが思い出です。

ドラギECB総裁のユーロ圏景気を見る目は慎重のようです。依然として景気の下向きリスクがあると語り、ECBは低インフレが過度に長期化するリスクに効果的に対処するため、必要に応じて非伝統的措置を活用することについて全会一致であると明言している。理事会では利下げ、マイナス金利の預金金利について協議したとして、伝統的手法も引き出しており、どうかわかりません。LTROや不胎化措置の打ち切りを少し協議したとしている。前回定例理事会後の講演で、ドラギ総裁は非伝統的金融政策の発動を示唆していました。理事会では量的緩和の仕組みを真剣に考えたとしています。量的緩和策の中でどの選択肢になるかが焦点のようです。私は流動化供給策の不胎化措置の打ち切りが依然として有力であると思います。債券買取りで市場に供給した流動性をそのまま引き上げるのが通常の手続きですが、これを停止することでそのまま流動性を市場に流通させる手法です。この手続きは簡素であると思うのですが。市場は次の定例理事会睨みのようであり、ユーロ売りが継続することになります。シカゴ筋はユーロ・ネット・ロングの状態であり、焦りを感じているはずである。これがユーロ売りの損切相場へと導きます。私は南欧債券市場に資金回帰の動きがあり、またファンダメンタルズの改善傾向であり、大きくユーロが下げることは想定外です。中長期的にはユーロ高の相場観を持ちます。あくまでもチャートで判断したい。

今日は月一度のイベント米雇用統計の発表があります。面白いグラフを見つけました。過去一年の非農業部門雇用者数(NFP)が折線、市場予想が緑棒線、改定値が青棒線で示しています。これを見ると、年に一度は大きく落ち込む月があるようです。今年は1月発表の12月の数字です。これは消化したようです。そして予想より高い実際のNFPが続く傾向が去年はありました。今年は寒波の影響はあるものの、景気回復が続いており、その傾向が続いているのではと思ってしまう。そして改定値も上方修正される傾向にあると言えます。3月NFPは20万人増予想ですが、それよりも高い数字になる確率が高いのではと、このグラフを見ると、そのように思ってしまいます。ロイター調査では、98名の市場参加者とエコノミストで構成されており、最大27.5万人、最少15.0万人とのこと、大きく落ち込むことはないとのセンチメントです。15万人を大きく下回るかどうかが、ネガティブに反応した場合の心配事です。こちらもチャートで判断したい。失業率予想6.6%ですから、これよりも良い数字になりと、FRBフォワードガイダンスで6.5%の数字を撤回したものの、今後具体的にどのように表現するかFRBの課題となります。首を洗って待ちたいが、私は今晩ある経済界サロンに参加と雇用統計時間帯はお酒を飲んで歓談中のようです。損切相場だけ置いておいて、ドルロング放置しておきます。どうなるか。

画像(500x284)・拡大画像(809x461)

NZDが調整局面のようです。NZ主要紙を丹念に読んでいたら、乳製品の国債入札で価格が下落しているとの記事を目にしました。乳製品大手フォンテラ社の2013/14年の乳製品を1キロ当たり35セント引き上げ8.65NZDとしましたが、価格下落で10〜20セント引き下げられるとの観測もあるようです。観測記事としてRBNZが利上げのペースを弱めるのではとのことです。NZDは対ドルで3日間下落の陰線です。絶好の利食い材料にされたと思います。世界的に景気回復、乳製品の需要が大きく落ち込むとは思えません。中国は慢性的にミルク不足です。そして品質も。NZD高が中期的に続くのではと読みます。こちらも対ドル、対円ともにテクニカル的に判断したい。

米10年債利回り2.79%と上昇過程であります。今日の雇用統計次第では早期に3.00%示現というのがメインシナリオです。株価もダウ平均で史上最高値という方向を期待したいものです。悪い数字にも利上げ時期が延びるとの観測で好意的です。ドル円も悪くても大きくは落ち込まないという理由となります。

それでは為替相場を見ましょう。

ドル/円:今日の米雇用統計次第です。下記は日足チャートです。ギャンチャートでは、1月2日高値起点の3x1、4x1、8x1に注目です。8x1は104.58は25万人以上のNFPでは示現する可能性があると言えます。悪い数字には3x1がサポートされるか注目です。現在は103.06に位置する。悪い数字でも、良いように解釈すると底値拾いの水準であると言えます。下段のMACDは上昇基調、しかしストキャスティックは高値圏から下落気配と注意したい。時間足は米雇用統計前で当然20本EMAは水平方向と方向感がありません。

画像(500x246)・拡大画像(853x420)

ユーロ/ドル:来月のECB定例理事会まではユーロ安相場になってしまうのではとの恐怖感のある相場です。ギャンチャートでは7月8日安値起点からの1x1からは大きくかい離してきています。やはりギャンチャートは頼りになります。トレンドラインを引くと、富士山の稜線が引けます。その意味では1.3600までの下落の可能性があると言えます。ボリンジャーバンドのミドルバンドがレジスタンスとなり、下限バンドに沿った動きになるのかもしれません。私はファンダメンタルズの改善、南欧債券市場に流入が続く現状から、ユーロ売りのポジションは持ちません。あくまでも底値拾いのユーロ高の相場観を持ちます。

ポンド/ドル:こちらの調整局面のようです。しかしBOEは利上げ時期を検討する段階にあるようで、フォワードガイダンスの見直しが早急の課題、利上げ論が持ち上がると必然的にポンド高になります。こちらもユーロ同様に、底値拾いの相場観です。

豪ドル/ドル:急激な上昇相場での調整局面のようです。利食い売りが相当に出ているように感じます。しかしギャンラインで見ると、1月24日安値起点の1x1がサポートになっており、この水準にまで下落したら底値拾いと思います。上値は10月23日高値起点の4x1がレジスタンスです。この範囲内で当面動くのではと予想します。RBAの利上げ論が盛り上がってくると4x1を容易に上回ってくるのではとのイメージです。MACDが高値圏で下方転換の兆しがあり、注意したい。

NZD相場:乳製品価格下落が利食い売り材料にされ、調整局面です。3日連続の陰線が今日も続くのか、あるいは陽線に転換するか注目です。RBNZの利上げセッションが始まったばかりであり、絶好の下落局面と言えます。底値拾い作戦です。MACDがデッドクロスであり、もう少し待ちたい。対円では、対ドルで円安基調が持続しており、大きくは下落局面とはなっていません。ギャンチャート分析では2月4日安値起点の1x1が88.37であり、この辺りが仕込み場ではと思います。私は一部美味しく利食い売りをしてしまいました。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 12時43分 パーマリンク


2014年03月31日(月)

RBA、ECB そして米雇用統計の週!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Que tal?
Muy bien, gracias!

昨日は雨の一日、土曜日に公園の散歩で写真を撮ってきました。桜が満開近くになっています。今日あたりから満開のようです。午後から散歩に出かけたい。満開の桜の下、宴会が開かれているのでしょう。

今日は3月最終日ですが、今週には重要中央銀行金融政策委員会と米雇用統計が待っています。市場センチメントは、ややリスク志向に傾いているようです。現状では、リトマス紙の10年米国債2.72%、ダウ平均+58.83とリスク志向です。ドル円が日米金利差拡大を理由にドル堅調の動きになっています。

金曜日に李中国首相が、経済の急激な変化に対応するために必要な政策手段を持っており、支援策を段階的に講じると表明し、中国景気後退、金融危機に対して迅速な対策が期待される。巡航速度の経済成長求められる中国経済です。この報道により、オセアニア通貨は上昇基調を強めたようです。今週はRBAの金融政策員会が開催される。中立的金融政策、豪ドル高懸念のトーンを弱めるRBA高官など、豪ドル高には追い風です。テクニカル的に判断したい。RBNZも来月24日に金融政策委員会を開催するのですが、2ヶ月連続の利上げにはならないのではと思います。2ヶ月に1回のペースで0.25%利上げが行われると推測するのが素直です。利食い売りの局面であるかもしれませんが、底値拾い、利食いを繰り返したいと思います。Go Aussie, Kiwiです。

欧州通貨の見方が分かれています。ECBは今週木曜日に定例理事会を開催します。今日のユーロ圏消費者物価指数には注意する必要があります。ドラギECB総裁は先週必要なら追加手段を講じる用意があると語りました。非伝統的手段が有力であり、不胎化措置の停止が行われるのかもしれない。ECB預金金利のマイナス金利については、先週バイトマン独連銀総裁、リーカネン・フィンランド中銀総裁が前向きな発言をしていました。伝統的政策である金利調整に踏み込むか注目したい。いずれにしろユーロ金利下落の動きであり、ユーロ売りを正当化する。シカゴ筋はユーロ・ネット・ロングであり、損切りが出やすくユーロ売りを後押しします。反対にポンドは上昇の地合いを継続しています。ユーロ/ポンドの下落が続く。BOE高官は利上げ時期、方法論を発言する傾向にあります。今日のカーニーBOE総裁など高官の発言には注意したい。利上げ論が盛り上がっており、ポンド高の傾向は続く。地政学的にロシアの影響を受けにくい欧州通貨であることも後押し材料と言えます。

そして米雇用統計。3月非農業部門雇用者数19万人増の予想が現時点です。寒波の影響はどうでしょうか。東海岸ではまだまだ桜満開とは行かなく、3月は寒波の影響が出てくるもかもしれない。しかし1月2月の程ではない。何となく楽観的になってきている米金融市場のセンチメントです。ISMの数字、ADPの数字など思惑が働き、注意したい。金相場が引き続き弱含みであり、ウクライナ情勢の緊張緩和、米景気の楽観的見通しなど、金相場には向かい風のようです。

明日から消費税引き上げで、駆け込み需要から反動が予想されます。デパートなど今年は前期比で40%近い売り上げ増のようです。日銀は5月頃追加金融緩和策を打ち出すのかもしれません。株価が今後どのようになるのでしょうか。年初が最高値となっており、印象的です。新年度入りでは、新規投資が出て来る。日本株、外国株など支えることになるかもしれない。問題は外国人投資家がどのように出てくるか注目です。良くも悪くも外国人投資家に左右される兜町と言えます。日銀が動けば、外国人投資家は強気になるのではと読みます。

為替市場を見ましょう。ドルインデックスは80.18と心理的節目の80を下回ってはいない。それぞれの通貨でいろいろな事情が働いているようです。

ドル/円:日米金利差拡大でドル円上昇の動きとなっているように解釈したい。下記は日足チャートです。1月2日高値起点からの2x1を上抜けし、3x1に迫っている相場です。この水準を今週上抜けするかに注目したい。ボリンジャーバンドでは上限バンド近辺が当面の高値目安と言えます。米雇用統計待ちの相場展開では。

画像(500x243)・拡大画像(856x417)

ユーロ/ドル:7月9日安値起点のギャンライン1x1が結果レジスタンスになりました。ギャンラインの正確性を示したと言えます。相場の心理面を覿面に示すのがギャンライン分析の強みです。ECB高官が追加金融緩和の可能性を示唆、そしてウクライナ情勢の緊迫化が要因と言えます。木曜日のECB定例理事会に注目。ボリンジャーバンドの下限バンドが下値目安です。シカゴ筋の損切相場になってきています。ポジションをひっくり返すまでにはなっていないようです。私も南欧債券市場の活況はユーロ買いの材料で注目しています。様子見。中期的にはユーロ買い相場と思っています。旬な話題に飛びつく為替相場とも言えます。

ポンド/ドル:BOEの利上げ論議が話題になりやすく、ポンド相場を支えます。5日移動平均線がサポートとなり、ボリンジャーバンドの上限バンドが上値目安と言えます。

豪ドル/ドル:明日のRBAの声明文に注目。金融政策中立、豪ドル高懸念トーンダウンが継続するかに注目。ギャンチャートでは、10月23日高値起点の3x1をサポートに4x1を目指す動きです。下がっても1月24日安値起点の1x1が確固としたサポートになっているように見えます。現在は調整局面、明日また再噴射となるか注目したい。

NZD相場:対ドル、対円相場ともに5日移動平均線がサポートに、ボリンジャーバンドに沿ったバンドウォークになるか注目したい。ビッグピクチャーに忠実に従いたい。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 13時07分 パーマリンク


2014年03月27日(木)

元気なオセアニア通貨!

画像(134x180)・拡大画像(712x950)

Hola!
Que tal?
Muy bien, gracias!
春本番であるかの気候になってきました。公園の白モクレンが本当の満開になりました。昨日の写真です。豪華に咲き誇っています。桜の満開よりも優雅ではと思います。お楽しみください。それにしてもマレーシア航空機の失踪事件に関して、中国人の振る舞いは三流国民であると改めて認識してしまいました。マレーシア大使館に怒鳴り込むなど常軌を逸しています。そして失踪した家族の表情が怒っているのか、悲しんでいるのか全く意味不明です。人前を憚るということをしない人達のようです。本当に民度が低い人達だと思ってしまいます。世界に発信した中国人の悪いマナーを逸した行動でした。

再びウクライナ情勢に振り回される金融市場と為替市場となっているようです。我関せずとの勢いにオセアニア通貨は別の動きになっています。現在は日経平均が落ち着きを取り戻し、ドル円上昇の流れに戻って来てはいますが。各通貨の個別の要因をじっくりと観察していくのが最も簡単な相場観構築と言えます。

日本は異次元金融緩和途中です。日銀当座預金残高は昨日127.6兆円で順調に増え続けています。マネタリーベースで2年で2倍の目標達成途上のようです。問題は4月からの消費税引き上げが景気の腰折れ状態を作るのかどうかです。5月6月にも景気状況により追加金融緩和策を打ち出すのかもしれない。あくまでのタイヤの強化策に出るのか黒田日銀丸に注目します。反対にFRBは、量的緩和終了は秋頃、利上げは来年春頃のシナリオが次第に金融市場には浸透しつつあるようです。米株式市場が上昇するトレンドを続ければ、利上げも問題ないと解釈します。そしてリトマス紙の10年債は3.00%方向そしてその先には4.00%方向が見えてきます。この意味ではドル円は上昇過程の段階にあると言えます。まだまだ序の口ではとイメージしています。チャートで判断したい。

ユーロ圏の動きとしては、多くのECBメンバーの発言、特に追加金融緩和を主張する発言が多いように思います。定例理事会の一週間前から金融政策についての発言はご法度になります。今日がデッドライン。一人勝ちのバイトマン独連銀総裁、ITバブルが弾けたリーカネン・フィンランド中銀総裁がマイナス金利について言及したことが大きいのではと思います。ドラギECB総裁は非伝統的金融政策の発動を前回理事会後は言及していましたが、最近では必要なら追加手段を講じる用意があるとして前向きです。マイナス金利の金融調整があるか、また不胎化の解除に着手するか注目したい。その意味では来週木曜日まではユーロ安の展開になるのかもしれない。私は南欧債券市場の好調さから、中期的にユーロ買いの動きは続くのではと思っていますが。ポルトガル中銀は今年の経済成長率を1.2%とこれまでの0.8%から上昇修正、来年が1.4%、再来年が1.7%と経済成長が良くなると予想しています。10年ポルトガル債4.11%まで利回り低下の動きです。10年スペイン債3.28%と直近では最低利回りです。南欧債券市場には投資マネーが流入を続けている。ファンダメンタルズも改善傾向が続いている。為替市場はこのことを過小評価しているのではと思います。東西冷戦構造の復活の可能性からか、ユーロ圏は天然ガスをロシアに1/3依存しているアキレス腱経済構造から、どうしても何か発言があるとユーロ売りになってしまう傾向では。 

その意味では英国は伸び伸びしています。昨日はウィールBOE委員が政策金利は景気の回復につれて上昇すべき、政策金利の上昇は段階的とも発言されている。政策金利引き上げが視界に入っているような印象です。ポンドが買われ、ユーロが売られる状況に入っているのでは。少なくとも来週の木曜日までは。ユーロ/ポンド下落の動きが鮮明となっている。

スティーブンスRBA総裁が、これまでの不快なほど豪ドルは高い、0.85方向を希望されていましたが、昨日の講演では豪ドル高懸念表現はトーンダウンしているようです。これからの豪ドル相場はファンダメンタルズの見方次第、そしてインフレは中期的な目標と合致しているとしています。2.7%の消費者物価は2〜3%のインフレ目標の上限に近い。これでは利下げなどできなく、中立に戻す以外にない。金利の安定期間との声明文の表現が象徴的です。オセアニア通貨は、ウクライナ情勢も地理的に地球の反対側の出来事で影響を受けにくい。私が最も注目しているNZDは豪ドル以上に期待できるのではと読みます。昨日はイングリッシュ財務相がNZDはやや高すぎると牽制球を投げている。急激な通貨高はどの国でも不快感を示すものです。今日もスペンサーRBNZ副総裁は、金利上昇は住宅価格のインフレを抑制すると、金利上昇を正当化している。一年で1.25%の政策金利(OCR)引き上げが予想されるNZDは当然上昇して行くコースにあると読みます。利上げセッションのほんの入口に差し掛かっている状況ではと思います。オセアニア通貨がんばれと言いたい。

それでは為替市場をテクニカル的に分析しましょう。

ドル/円:今日早朝のオバマ大統領のロシアへの追加制裁警告発言から、リスク回避の円高の動きになりました。しかし現在は兜町もプラス圏と昨日水準にまで戻しており、ドル円下落もその下落分と取り戻しています。日足チャートで見ると、ギャンチャートでは10月25日安値起点の1x2は一時的に割り込んだものの、結果的に戻る動きになっています。高値掴みの短期筋が損切執行に動き、そして本邦輸入筋が底値を拾う動きが出ているのではと思います。個人投資家も底値拾いのスタンスで良いと思います。本邦金融機関ディーラーは年度末で動けず。高値1月2日起点からの2x1を大きく上抜けすれば、ドル円上昇トレンドは明確になるのではと思います。米国債利回り上昇を期待したい。1x2に沿って上昇してくれれば良いと思います。ボリンジャーバンドで見ると上下バンド幅が水平方向であり、トレンドが出にくい。最低ミドルバンド近辺で推移してくれれば良いのでしょう。時間足で見ると、20本EMAは下落曲線そして再び東京時間で上昇曲線になっています。現レートが上抜けしており、短期的にも上昇トレンドに戻っていると言えます。MACDも上昇転換です。

ユーロ/ドル:日足で見ると7月9日安値起点のギャンライン1x1からは相当にかい離してしまっています。ちょっとユーロ高になるには時間がかかる。私は様子見を決め込みます。ボリンジャーバンドでもミドルバンドがレジスタンスになる動き、下限バンドもワントライあるのかもしれないなと思っています。来週のECB定例理事会に注目。時間足で見ても20本EMAは下落曲線と短期的にもユーロ売り相場となっている。

ポンド/ドル:こちらは反転局面にあるようだ。ろうそく線の陽線が3日続き、ボリンジャーバンドの下限バンドからはかい離してきている。ミドルバンド辺りが当面の目標です。それ以上はBOEの利上げ観測の時期次第ではと思います。相場が盛り上がれば上限バンド近辺も視界に入ってきます。ストキャスティックは上昇基調、MACDはそろそろゴールデンクロス示現模様です。ウクライナ情勢にはユーロほど影響を受けないアドバンテージがあるような印象です。

豪ドル/ドル:下記は日足チャートです。ギャンチャートでは10月23日高値起点からの3x1を上抜けし、その上の4x1を目指す動きになるのではと思います。RBAは中立的金融政策に戻し、RBA高官の豪ドル高懸念表現もトーンダウンしている。今一番元気な通貨です。5日移動平均線をサポートに、ボリンジャーバンドの上限バンドをバンドウォークする動きになっている。下段のMACDは上方基調、ストキャスティックはやや高値圏です。根っ子は維持し、一部利食い売りではと思います。時間足で見ると、20本EMAは上昇曲線継続です。短期的にはEMA近辺で仕込み、35〜40ポイントの損切設定、そして 50ポイントの利食いで良いのではと思います。

画像(500x243)・拡大画像(855x417)

NZD相場:やっと上抜けました。利上げセッションの入口と見れば大相場をどうしても描いてしまいます。根っ子のポジションはしっかりと保持したい。5日移動平均線をサポートにボリンジャーバンドの上限バンドに沿ったバンドウォークを期待したい。クロス円も円安基調持続と見ると、良いポジションです。私はこの通貨ペアで現在保持です。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 16時45分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2014/4

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.