水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2014年04月10日(木)

日銀への過剰な金融緩和期待から日経平均下落!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Que tal?
Bien, gracias!
本当に良い季節ですね。空気もひんやりとしていて、湿度が低い。過ごしやすいですね。もうあと1ヶ月半すると梅雨の季節で、いやになります。この季節を体に浸みこませておきたい。写真は先週末に行った公園の風景です。枝垂れ桜が良い形で印象的でした。お楽しみください。

日経平均が変調なようです。今日もNY株価が上昇して、兜町もとの期待感があったのですが、どうも尻すぼみです。やはり火曜日の日銀金融政策決定会合の結果に市場が失望したようです。黒田総裁は、「追加金融緩和策は現時点では考えていない。必要あれば躊躇することなく調整を行う。出口の議論は全くない。」との発言が物語っている。私は黒田総裁の発言には賛成です。今月から消費税が上がり、その悪影響が出てくる段階にあり、この時点で追加金融緩和策を打ち出すのには抵抗感があると思います。慎重な中央銀行としてはもう少し時間が欲しい所です。2年で2%のインフレ率を目標に、量的・質的に異次元金融緩和の道半ばです。黒田総裁は出し惜しみをすることなく、打つ手は全て打つとの信条を昨年の記者会見で表明されました。日銀当座預金残高は130兆円に膨らんでいる。市場は過度に追加金融緩和の期待感が詰まっていたのではと思います。マネタリーベース重視であれば、これを増やしてどうにでもなるわけではない。タイヤの強化も進めました。黒田総裁はやるべきことはやっていると私は評価しています。もし企業の資金需要を増やすのであれば、むしろ政府の成長戦略を強化する方が先決ではないかと私は考えます。いつものことながら資金担当者は慎重姿勢です。株価の下落が鮮明です。下記のグラフは日経平均です。去年の上昇率が世界の主要株価指数の中では一番の日経平均であったということです。今年はその反動と片付けて良いものでしょうか。日銀が追加金融緩和に踏み切らなかったことで、緑の線で示したサポートライン(14,000)を下回るかに注目が集まります。昨年9月以来このサポートラインが常にサポートとなっていましたが、今回はどうなるか注目です。日経平均とドル円の相関性が注目されていますが、ドル円に影響を及ぼさないこと希望します。そうでないと私の相場観に狂いを生じさせてしまいます。私は株価の専門家ではない。90日移動平均線が下落曲線に変化しそうです。14,000を割り込むと13,000までの下落はあるのではとどうしてもイメージしてしまいます。エリオット波動で見ると3つの上昇波動と2つの下落波動で一つのスパンが完了すると言われている。現在は2つの下落波動が完結すると見える。(緑の曲線を参照ください。)その意味では下落がもう少し続くのかもしれない。

画像(500x243)・拡大画像(859x418)

ドル売りの相場が続いている。リトマス紙の10年米国債は2.69%とまだ心理的節目の2.60%には遠い。FRB内には慎重な金融政策を主張するメンバーが多い。IMFが利上げ時期について来年春から夏頃ではとの見解を発表しました。私もこの線の利上げを予想します。その意味では利上げ時期が後ずれするためにNY株価を押し上げる。日経とダウ平均の違いが際立ちます。もしかして日経が下落基調継続となり、日銀が追加金融緩和に踏み切らざるを得ない状況になるのかもしれません。この意味では日経と円の連動性は無視され、金利差拡大から円安方向に振れるのではとも読みます。ウクライナ情勢が再び緊迫化していることもドル売り要因のようです。東部ウクライナはロシア系住民が大多数であり、どうしても旧ユーゴスラビアのような分裂国家を予想してします。ドル売りの恩恵を一番受けているのが、地球の反対側に位置するオセアニア通貨です。豪ドル、NZD上昇が著しい。私は特にNZDに期待しています。

ユーロとポンドもドル売りの御恩恵を目一杯受けている。そして南欧国債市場では、ギリシャが危機以来後初めて国債発行に踏み切るようです。5年債25億ユーロ規模とのことです。10年ギリシャ債5.91%です。35%を超えていた利回りは今は昔のようです。アイルランド、イタリアもそれぞれ国債発行の動きです。ユーロ買いの理由付けとなります。ロシアなど東欧債券市場から、リスクを嫌ったマネーが南欧債券市場に流入しているように思います。ラホイ・スペイン首相は、ユーロ高は輸出産業を阻害するとして反対姿勢。その他各国もこれ以上上昇するとユーロ高懸念発言をします。当面は利食い材料にされます。ポンドはBOEがいずれ利上げに踏み切るのではとの観測が強まる市場を反映して高水準を維持するのではと思うのですが。

こんなところが現在の金融市場センチメントです。ちょっと不安心理が先行、そして一部には期待感がある相場ではと思っています。

為替市場を見ましょう。ドルインデックスは79.48とドル売りセンチメントが強い相場。これを基本としたい。

ドル/円:ギャンラインで見ると、1月2日高値起点の2x1がサポートされるかどうか見所です。この水準を明確に下回ると、10月25日安値起点の1x3にまで円高が進む可能性があります。現在1x3は100.72です。この場合にはギャンスクエアの101の非常に重要な節目を突破してしまいます。頭のどこかに記憶しておこう。下値ではLNG、原油の輸入のための手当てのドル買いが支える。いろいろ頭を駆け巡ります。一方方向に決め込むのは危険のような雰囲気です。メインシナリオは依然として円安継続です。106円方向。エリオット波動で見ると、現在は3つ目の上昇波動の終了場面のようです。その意味ではこれ以上の円高はないと言えます。そして4つ目の下落波動の上昇が始まることとなります。その場合は2つ目の上昇波動の山頂が目安となります。103.70と言った所が目標となります。

ユーロ/ドル:ドル売りの強い相場となり、南欧債券市場の活況がユーロ買いの理由付けです。3割のLNGをロシアに依存し、ウクライナのパイプラインを経由するユーロ圏経済は、依然としてウクライナ情勢はネガティブ要因です。その意味ではポンドの方が勢いがあります。ECBの金融政策は依然として緩和的であるとドラギ総裁は強調されています。むしろユーロ/ポンドでのポジション取りの方が有効ではないかと思います。ギャンチャートで見ると、7月9日安値起点の1x1はまだ距離があります。ボリンジャーバンドのミドルバンドを上抜けし、上限バンド近辺が当面の目標ではと思います。

ポンド/ドル:ボリンジャーバンドの上限バンドに沿ったポンド高相場となっています。5日移動平均線がサポート。時間足で見ると、20本EMAは上昇曲線ながら、現在はEMAを下回る動きになっています。上昇局面での現レートがタッチして上昇相場が再現なるかに注目したい。

豪ドル/ドル:素晴らしいチャートが続いている。中国の3月貿易収支は黒字幅は増えているものの、輸出6.6%減前年比、輸入11.3%減となり、中国の景気減速を裏付ける結果となっています。ドル円下落、日経下落の要因とも解釈されているようです。豪ドル相場は影響を受けていないようにも見えます。下記は日足チャートです。10月23日高値起点の4x1を上抜けし、8x1を目指す動きとなっています。緑の丸で囲ったところが予想範囲です。下げても4x1でブロックされる。対円も円高局面にも関わらず、それを埋める上昇相場になっています。短期的に見ても20本EMAは上昇曲線となっています。

画像(500x241)・拡大画像(856x413)

NZD相場:豪ドル相場以上にNZD相場に期待しています。乳製品価格下落の悪影響を埋め、上昇相場に戻っている。対ドル相場では、5日移動平均線をサポートにボリンジャーバンドの上限バンドに沿ったバンドウォークを期待したい。対円では、ギャンチャートは有効です。2月4日安値起点の1x1に沿ったNZD高になっている。依然として今年最も期待している通貨です。Go Kiwi!

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 17時16分 パーマリンク


2014年04月07日(月)

過剰な期待があった米雇用統計!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Que tal?
Muy bien, gracias!
週末さいたま市に花の丘公苑という公園があり、美しく花が競っていました。今日の写真は花壇の花と桜のコントラストが美しい写真です。多くの人々が周りで花見を楽しんでいました。駐車場も込んでおり、私はラッキーなことに空きスペースを見つけました。お楽しみください。

金曜日の米雇用統計は過剰な期待感があったようです。米3月非農業部門雇用者数(NFP)19.2万人と予想の20.0万人より悪いが、それ程悲観的になるような数字ではありません。そして2月NFPは17.5万人から19.7万人に上方修正されています。失業率は6.7%と1ポイント悪い。私も非常に高い数字ではと期待していました。市場参加者の多くが過剰に良い数字を期待していたわけで、誰かが利食い売りに走ると皆がそれに追随する相場になりがちです。リトマス紙の10年米国債2.72%と前日の2.79%からは利回り下落、NY株式市場も下落となりました。利食い消化後、再び利回り上昇、株高を演出するのではと予想します。ドル円は50ポイント以上の下落となりました。日銀が消費税引き上げの悪影響をどの様に査定するか注目です。今日からの日銀金融決定会合ではまだまだ追加金融緩和策を打ち出す段階にはないと思います。早くて来月の会合でしょう。市場の期待感は株式市場を中心に高いと言えます。このことを考えると、ドル円も底堅い動きになるのではと思います。そして何と言っても原油、LNGなどエネルギー輸入に対する支払が膨大にあり、底値では輸入業者が着実にドル買い注文を入れるものと思います。今日は仲値103.20であり、直物とのスワップポイントを計算に入れても底値です。着実に輸入予約を入れてくると推測します。

ユーロ相場は、ECBによる追加金融緩和観測が市場を支配しており、独紙がECBは量的緩和の一環として、1兆ユーロの証券買入れ案を策定していると報じたことで、ユーロ安に振れたようです。ドル売り相場と相殺されてしまったようです。コンスタンシオECB副総裁は報道を否定しているが、煙の立つ状況ではと推測したい。南欧債券市場では引き続き資本流入が続いている。スペイン10年債3.15%と直近では利回り最低水準です。ポルトガル10年債3.85%とこちらも最低利回り水準です。ウクライナ情勢の変化を嫌ってロシア、東欧債券市場からも資本移動をする動きになっているように推測します。

調整局面ではシカゴ金融先物市場のポジションをチェックすると良いでしょう。先週火曜日時点のポジションです。その後の相場の推移を計算して、ヘッジファンドの心理状態を分析するのに役に立ちます。下記は過去1年の円の建玉とレートの推移を表しています。円ネット・ショート88,638枚と前週比19,751枚増加しています。急速に増えた分、悪い米雇用統計でなくても損切に走ったのではと推測します。104円台が重くなるとのコンセンサスが強まる。チャートを見るとこの1年では96円から104円と8円の動きです。動きが少ないようです。ポジションが10万枚以上に非常に円安に対して強気になれば104円台から106円台になるのではと期待したい。ユーロ・ネット・ロング33,238枚とロングを減らしにかかっているようです。チャートを見れば明らかです。ギャンチャートが非常に役に立ちました。反対にポンド・ネット・ロング33,572枚とロングが増えている。BOEの利上げ議論が盛り上がるとポンド高の相場観が強まります。ECBとBOEの金融政策の違いが色濃く相場に表れている。為替相場は金利観が主要な要因となります。そして今回の動きがその典型です。豪ドル・ネット・ショート4,880枚と先週比15,647枚減と、RBAの中立的金融政策からショートを縮める動きがヘッジファンド筋には強い。そしてNZDはネット・ロング18,480枚と267枚増となっている。こちらもRBNZの利上げセッションの初期の段階であり、中長期的NZD高の動きを今後強めると予想します。

画像(500x332)・拡大画像(573x381)

為替市場を見ましょう。ドルインデックスは80.43とドル買いが強いのでは言う水準です。通貨ごとに異なった動きを見せているためと解釈したい。

ドル/円:並みの米雇用統計に失望してドル円下落の動きとなったようです。下記は日足チャートです。ギャンチャートで見ると、1月2日高値起点の3x1の水準に位置します。私の雇用統計後の予想の下限に来ています。短期筋の損切が支配する。下値では輸入のドル買い注文が待ち受ける。仮に3x1を下回ったら、安値10月25日起点の1x2がサポートとなるようです。(緑線参照) ボリンジャーバンドで見ると、ミドルバンドがサポート。青線の90日移動平均線にも注意したい。MACDは中立、ストキャスティックは下方基調です。時間足で見ると、20本EMAは雇用統計後下落曲線になっている。東京時間には103.25がサポートになっていたが、日経下落で103.00まで切り下がっている。EMAは103.33であり、この水準にまで戻ってこないと円安基調が鮮明にはなってこない。日経平均に左右されるドル円です。

画像(500x243)・拡大画像(852x415)

ユーロ/ドル:ECB追加金融緩和観測が相場を支配しているユーロ安相場継続です。ギャンチャートでは、7月9日安値起点の1x1からはかなりかい離しており、ギャンライン重視は正しいと言えます。5日移動平均線をレジスタンスにボリンジャーバンドの下限バンドに沿った動きになるか注目したい。私は様子見を決め込みます。短期的動きを時間足で見ると、20本EMAは下落曲線から鍋底の動き。ユーロ売りももうそろそろかなとのイメージを持ちます。

ポンド/ドル:BOEの金融政策に依拠する相場ではないかと思います。下がってもボリンジャーバンドの下限バンドではないか、ミドルバンドがサポートの動きになれば、上限バンドトライの局面もあるのではと思います。

豪ドル/ドル:ドル売りの流れからオセアニア通貨が元気です。5日移動平均線をサポートにボリンジャーバンドの上限バンドを視界に入れている相場ではと思います。ギャンチャートでは、10月23日高値起点の4x1を上回るかに注目です。豪ドル下落の動きになったとしても、1月24日安値起点の1x1がサポートになります。MACDは高値圏からデッドクロス示現になるか警戒したい。

NZD相場:乳製品の下落ショックから立ち直りつつある相場ではと解釈したい。対ドルではボリンジャーバンドのミドルバンドがサポートとなっています。対円では、2月4日安値起点の1x1がサポートとなっています。RBNZの利上げセッションは最初の段階であり、中長期的NZDを対ドル、対円共に予想します。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 14時36分 パーマリンク


2014年04月04日(金)

追加金融緩和姿勢のECB!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Que tal?
Muy bien, gracias!

桜満開で一年で一番良い季節ですね。昨日は雨でしたが、公園は花盛りです。満開のソメイヨシノお楽しみください。これから八重桜が美しい。平日の公園は、主婦と子供がお花見で賑やかです。働き盛りの男性はオフィスで粛々と仕事ですか。夜桜を楽しむことになります。その場合は花より団子ではと思います。昔は花見もそこそこに夜の街に消えて行ったことが思い出です。

ドラギECB総裁のユーロ圏景気を見る目は慎重のようです。依然として景気の下向きリスクがあると語り、ECBは低インフレが過度に長期化するリスクに効果的に対処するため、必要に応じて非伝統的措置を活用することについて全会一致であると明言している。理事会では利下げ、マイナス金利の預金金利について協議したとして、伝統的手法も引き出しており、どうかわかりません。LTROや不胎化措置の打ち切りを少し協議したとしている。前回定例理事会後の講演で、ドラギ総裁は非伝統的金融政策の発動を示唆していました。理事会では量的緩和の仕組みを真剣に考えたとしています。量的緩和策の中でどの選択肢になるかが焦点のようです。私は流動化供給策の不胎化措置の打ち切りが依然として有力であると思います。債券買取りで市場に供給した流動性をそのまま引き上げるのが通常の手続きですが、これを停止することでそのまま流動性を市場に流通させる手法です。この手続きは簡素であると思うのですが。市場は次の定例理事会睨みのようであり、ユーロ売りが継続することになります。シカゴ筋はユーロ・ネット・ロングの状態であり、焦りを感じているはずである。これがユーロ売りの損切相場へと導きます。私は南欧債券市場に資金回帰の動きがあり、またファンダメンタルズの改善傾向であり、大きくユーロが下げることは想定外です。中長期的にはユーロ高の相場観を持ちます。あくまでもチャートで判断したい。

今日は月一度のイベント米雇用統計の発表があります。面白いグラフを見つけました。過去一年の非農業部門雇用者数(NFP)が折線、市場予想が緑棒線、改定値が青棒線で示しています。これを見ると、年に一度は大きく落ち込む月があるようです。今年は1月発表の12月の数字です。これは消化したようです。そして予想より高い実際のNFPが続く傾向が去年はありました。今年は寒波の影響はあるものの、景気回復が続いており、その傾向が続いているのではと思ってしまう。そして改定値も上方修正される傾向にあると言えます。3月NFPは20万人増予想ですが、それよりも高い数字になる確率が高いのではと、このグラフを見ると、そのように思ってしまいます。ロイター調査では、98名の市場参加者とエコノミストで構成されており、最大27.5万人、最少15.0万人とのこと、大きく落ち込むことはないとのセンチメントです。15万人を大きく下回るかどうかが、ネガティブに反応した場合の心配事です。こちらもチャートで判断したい。失業率予想6.6%ですから、これよりも良い数字になりと、FRBフォワードガイダンスで6.5%の数字を撤回したものの、今後具体的にどのように表現するかFRBの課題となります。首を洗って待ちたいが、私は今晩ある経済界サロンに参加と雇用統計時間帯はお酒を飲んで歓談中のようです。損切相場だけ置いておいて、ドルロング放置しておきます。どうなるか。

画像(500x284)・拡大画像(809x461)

NZDが調整局面のようです。NZ主要紙を丹念に読んでいたら、乳製品の国債入札で価格が下落しているとの記事を目にしました。乳製品大手フォンテラ社の2013/14年の乳製品を1キロ当たり35セント引き上げ8.65NZDとしましたが、価格下落で10〜20セント引き下げられるとの観測もあるようです。観測記事としてRBNZが利上げのペースを弱めるのではとのことです。NZDは対ドルで3日間下落の陰線です。絶好の利食い材料にされたと思います。世界的に景気回復、乳製品の需要が大きく落ち込むとは思えません。中国は慢性的にミルク不足です。そして品質も。NZD高が中期的に続くのではと読みます。こちらも対ドル、対円ともにテクニカル的に判断したい。

米10年債利回り2.79%と上昇過程であります。今日の雇用統計次第では早期に3.00%示現というのがメインシナリオです。株価もダウ平均で史上最高値という方向を期待したいものです。悪い数字にも利上げ時期が延びるとの観測で好意的です。ドル円も悪くても大きくは落ち込まないという理由となります。

それでは為替相場を見ましょう。

ドル/円:今日の米雇用統計次第です。下記は日足チャートです。ギャンチャートでは、1月2日高値起点の3x1、4x1、8x1に注目です。8x1は104.58は25万人以上のNFPでは示現する可能性があると言えます。悪い数字には3x1がサポートされるか注目です。現在は103.06に位置する。悪い数字でも、良いように解釈すると底値拾いの水準であると言えます。下段のMACDは上昇基調、しかしストキャスティックは高値圏から下落気配と注意したい。時間足は米雇用統計前で当然20本EMAは水平方向と方向感がありません。

画像(500x246)・拡大画像(853x420)

ユーロ/ドル:来月のECB定例理事会まではユーロ安相場になってしまうのではとの恐怖感のある相場です。ギャンチャートでは7月8日安値起点からの1x1からは大きくかい離してきています。やはりギャンチャートは頼りになります。トレンドラインを引くと、富士山の稜線が引けます。その意味では1.3600までの下落の可能性があると言えます。ボリンジャーバンドのミドルバンドがレジスタンスとなり、下限バンドに沿った動きになるのかもしれません。私はファンダメンタルズの改善、南欧債券市場に流入が続く現状から、ユーロ売りのポジションは持ちません。あくまでも底値拾いのユーロ高の相場観を持ちます。

ポンド/ドル:こちらの調整局面のようです。しかしBOEは利上げ時期を検討する段階にあるようで、フォワードガイダンスの見直しが早急の課題、利上げ論が持ち上がると必然的にポンド高になります。こちらもユーロ同様に、底値拾いの相場観です。

豪ドル/ドル:急激な上昇相場での調整局面のようです。利食い売りが相当に出ているように感じます。しかしギャンラインで見ると、1月24日安値起点の1x1がサポートになっており、この水準にまで下落したら底値拾いと思います。上値は10月23日高値起点の4x1がレジスタンスです。この範囲内で当面動くのではと予想します。RBAの利上げ論が盛り上がってくると4x1を容易に上回ってくるのではとのイメージです。MACDが高値圏で下方転換の兆しがあり、注意したい。

NZD相場:乳製品価格下落が利食い売り材料にされ、調整局面です。3日連続の陰線が今日も続くのか、あるいは陽線に転換するか注目です。RBNZの利上げセッションが始まったばかりであり、絶好の下落局面と言えます。底値拾い作戦です。MACDがデッドクロスであり、もう少し待ちたい。対円では、対ドルで円安基調が持続しており、大きくは下落局面とはなっていません。ギャンチャート分析では2月4日安値起点の1x1が88.37であり、この辺りが仕込み場ではと思います。私は一部美味しく利食い売りをしてしまいました。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 12時43分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2014/4

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.