水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2017年01月10日(火)

トランプリスクを意識した年初相場!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!

週末九十九里海岸にある「サンライズ九十九里」というホテルから太平洋から出るご来光を見てきました。写真をご覧ください。土曜日の朝の写真です。見事な日の出が太平洋から上ってきました。太平洋上はどうしても水蒸気が多く、雲が湧き上がるので、全く水平線上から上ってくる訳ではないようだ。ホテルには新年の飾り付けがあり、「謹賀新年」の大きな垂れ幕が下がっている。今年も良い年になるように、日々一日努力したい。一期一会を今年は座右の銘としたい。

年初来の相場を見ると、トランプリスクを意識した金融・為替相場ではないかと思います。来週20日の大統領就任式を控えて、ツイッターを通して市場にトランプ次期大統領が思うことを発信している。私は、ツイッター、Facebookでトランプ氏の発言をチェックしている。トランプ次期大統領は、大統領就任後も発信するとしている。直接米国民と対話する姿勢を示している。メディア不信などでしょうか。今後は記者会見なども予定されている。従来の大統領とはちょっと違った、自分の言葉で全世界に考えを発信しそうであり、注意が必要です。今週はトヨタ自動車が標的にされてしまいました。「No Wayとんでもないことだ」という文言が、踊る。メキシコで米国向け自動車を生産すれば、高い関税を課すと明確に脅している。豊田社長は、あわてて米国市場で今後1兆1千億円の投資を確約することになりました。金融市場に関しては、今後トランプvs. FRBの構造が見え隠れすることは以前当ブログで論じました。利上げセッションに入ったFRBに、明確に待ったをかける可能性が見え隠れする。利上げは企業の資金調達コストを引き上げ、そして住宅購入者には買い控えとなり、米国経済には明確にネガティブに働く。そのためにあからさまにFRBの金融政策に「No Way」ということになることになるのかもしれない。そしてドル高傾向に明確に「No Way」と従来のドル高を否定することになるのかもしれません。思った時に情報をツイッターやFacebookに発信することになるから、今後トランプ大統領が執務を終えた米国時間夕刻から夜にかけて(日本時間には午前中)に思ったことを発信するから、兜町、そして為替が大きく揺さぶられることになるのかもしれない。もう一台ツイッター、Facebook専用のモニターが必要になるのかもしれませんね。時代の変遷を私は感じることになりした。またFRBの利上げ発表後にツイッターで「No way」と発信することも考えられ、波乱の相場展開が予想されます。

金融市場は依然としてリスク志向の環境が続いています。しかし短期的にはトランプリスクを意識した調整局面になっているのかもしれません。ダウ平均は20,000ドルが重い展開。何かの拍子にいとも簡単に上抜けするのかもしれない。トランプさんの発言が一役演ずるのかもしれません。アメリカが再び偉大な国になることを強く宣言することに尾ひれがつくのかもしれない。米国債10年2.36%とこちらも2.50%台からは利回り低下の動きとなっている。しかし予想以上に2.50%台が速かったことから、調整局面に入っても何ら不思議でない。私が見ている短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.615%と、今年0.25%毎3回の利上げを織り込む水準にある。この先、この水準がどちらの方向に向かうのか注目です。ドルインデックスは101.80水準と、チャート的には100.00を上回っており、ドル高水準と言えます。調整局面が進むものの、100.00を維持すれば、歴史的にドル高相場と言えます。これを基本に考えたい。

ドル/円:ギャンスクエアを判断材料にしたい。非常に重要な節目(116、111)に緑線を引きました。現在は116.00水準と非常に重要な節目をドリフトしています。明確に下回ると111.00方向に振れるのかもしれません。例年年初はリスク回避志向になりがちで、円高リスクを意識することになります。ドル金利と共に監視したい。そしてボリンジャーバンドのミドルバンド(117.09)がレジスタンスになっている。曲線も何となく天井を形成する動きになってきている。ドルの頭が重いのではと思わせます。下段のストキャスティックスはミドル近辺にあり、どちらの方向とも言えない。

画像(500x196)・拡大画像(950x374)

ユーロ/ドル:ドルの調整局面なのかもしれません。ユーロ買戻しの展開と言えます。5日移動平均線(1.0566)は上方曲線でサポートとなっている。ボリンジャーバンドの上限バンド(1.0606)に現在は接する動きになっている。上抜けするのか、それとも戻る動きになるか注視。やはりトランプさんの発信が気になる相場展開ではと思います。

ポンド/ドル:メイ首相が、Brexitについて、EUとの新たな関係が必要となる見解を示しました。移民流入管理と立法の権限回復が、欧州の単一市場にアクセスすることよりも重要であると解釈され、ポンド売りの展開となっている。5日移動平均線(1.2243)がレジスタンス、ボリンジャーバンドの下限バンド(1.2118)に接する動きになっている。このまま大きく下抜けするかどうかに注目したい。今年も私は門外漢通貨の範疇とします。

豪ドル/ドル:ドル高調整局面の豪ドル高なのかもしれない。中国の景気は巡航速度であり、現在はそんなにリスクを感じる程ではない。RBAの利下げ観測は静まり、様子見を当面決め込む段階ではないかと思います。鉄鉱石価格は安定しており、資源産業の景気低迷を懸念する状態ではないと思います。チャート的には、5日移動平均線(0.7321)がサポートであり、上方曲線を示しています。ボリンジャーバンドの上限バンド(0.7402)を上抜けするのかに注目したい。ストキャスティックスは高値圏に位置し、そろそろ天井のなのかもしれない。こちらもトランプさんのリスクを意識する相場展開ではと思います。豪経済には現在注視する必要はないのではと思います。

NZD相場:こちらもドル高の調整局面ではと思います。RBNZは当面中立の立場を維持している。GDTは直近では−3.9%ですが、1000の水準を維持している。依然上昇傾向と言える。不動産価格は落ち着いているようであり、RBNZは安心モードでは思います。チャート的には、NZD高であり、5日移動平均線(0.6988)は上方曲線のサポートとなっている。ボリンジャーバンドの上限バンド(0.7069)に達するかに注目したい。ドル高相場になれば、自然反転のNZD安相場になるのではと思いたい。

それでは今年も慎重にスタートを切りましょう。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 18時56分 パーマリンク


2017年01月05日(木)

今年はスローモードの私!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Feliz Año Nuevo!

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。今日が今年初めの最初のブログです。岐阜の田舎で新年を迎え、新東名、東名を乗り継ぎ、そして富士川サービルエリアの施設楽座に立ち寄りました。ここから眺める富士山は東名、新東名の中では私は随一であると思います。3年連続の快晴の雪を抱いた富士山を見ることが出来ました。写真は今年の眺めです。お楽しみください。富士山のご挨拶が毎年恒例となってしまいました。新東名は早く、快適なドライブが出来るのですが、眺めはいまいちであり、ついつい新東名から東名に新清水JCTで乗り換えます。

ロケットスタートとは行かないようです。まだ今年の金融、為替相場を考えたいと思います。私が出遅れているのかもしれない。まずはシカゴ筋の分析から始めましょう。12月27日現在のポジションを見ましょう。円ネット・ショート87,009枚と前週比11,560枚増となっている。急いで円ショートポジションを構築している。利食いも早いのかもしれないと一抹の予感。ユーロ・ネット・ショート69,408枚(8,637枚減)とこちらはショート構築を自嘲しているようです。ポンド・ネット・ショート57,099枚(2,251枚減)とほとんど変化なし。Soft-BrexitかHard-Brexitとの見分けがつかないのではとまだ方向性が見極められない。豪ドル・ネット・ショート1,510枚とロング3,941枚から反転している。やはりドル高相場が相場を支配しているようです。中国景気は目だって悪材料は出ていない。RBAは中立な金融スタンス。RBAの明確な方向性が見えてくるまで待ちましょう。NZDネット・ショート11,001枚(4,048枚増)と、こちらもドル高相場、そしてRBNZは中立からひょっとして利下げも今年も有り得るか見極めたい。

ことしはトランプvs.FRBが最大のリスク要因と、昨年末に確信した次第です。FRBがトランプさんの圧力に屈して、利下げセッションのスピードを緩める、もしくは停止する行動に出れば、ドル安相場へと変化して行く。しかしFRBの独立性の保ち、イエレン議長が孤軍奮闘すれば、利上げ基調が継続し、ドル高相場継続も動きとなる。トランプ、トランプ、そしてトランプの金融・経済市場ではと想い描きます。ドル安政策が米国の輸出を増大し、米経済に勢いをもたらすとトランプ大統領自身が確信すると、ドル安基調へと。金融・経済そして関連で政治が連動する相場展開を思い描きます。

まだまだローギアのままの私です。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 15時45分 パーマリンク


2016年12月29日(木)

ゆく年くる年!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今年もあと3日となりました。私は昔から欧米スタイルでのクリスマス休暇、そして年末年始の過ごし方を踏襲しています。そんな訳でここ2週間は休暇モードです。正月3ヶ日が明けると即戦闘モードです。この歳になると戦闘モードと言うのは語弊があり、スロースタートと言えます。年末年始は故郷に向う。そしてその途中に市場が騒がしくなります。築地のマグロのセリのように活発に行きたい。今日の写真としては、12月上旬に訪れました皇居の写真です。桜田門を久しぶりにじっくり見ました。ここで井伊直助が水戸藩藩士に襲われた桜田門の変があった所です。井伊直助が存命していたら、江戸幕府の動きが開国に向っていたのではと思い巡らします。本当に歴史は面白いですね。

金融市場も静かなことで、今年をざっくり振り返り、そして来年の糧としましょう。今年は日本株価、為替特にドル円相場ともに、年初が高く、その後鍋底、そしてトランプ期待から11月から急速回復相場となりました。

年初から振り返ると、昨年末FRBが利上げを実施し、今年はいつ利上げに踏み切るかの期待相場でした。それが中国景気不安、原油相場下落、Brexitリスクと、足を引っ張り続けられました。FRBが利上げには踏み切らず、期待感が次第に萎み、リスクを意識した金融市場でした。恐怖心の心理状態が相場を左右することを改めて実感しました。それがマックスに達したのがBrexitであったと言えます。ポンド下落で、リスク回避志向の円高相場に引きずられたと言えます。その結果兜町も同調反応であったと言えます。慌てたのは日銀であったと言えます。景気の足踏み、インフレ率2%には程遠く、黒田丸は大胆な手を打ったかに見えました。イールドカーブコントロールとオーバーシュート型コミットメントと一般の方にはほとんど理解不明な政策を打ち出しました。要するに量的緩和から10年の国債金利利回りをゼロ近辺に安定させることと、2%のインフレ率達成のために、量的緩和も続けることでした。しかしこれも現時点では空振り模様です。しかしこれに手を差し向けたのがトランプ次期大統領でした。日本では金融面つまり麻生さん、黒田さんはトランプさんに頭が上がらない。安倍さんが代表して急遽トランプタワーでご挨拶、感謝を表明することになったのではと私は好意的に解釈します。そして米国では、インフラ投資、そして財政出動をすると勝利宣言演説で公約し、米株上昇そしてドル高になり、現在に至っている。そしてFRBもやっと利上げ環境が整ったとして、今月利上げに踏み切りました。そして来年は3回利上げ実施になるのではとの観測が強まっています。金利重視の私としては、10年債利回り1.50%近辺から一気に2.50%に上昇と、短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.565%と、年間3回0.25%毎の利上げを織り込んだ水準に来ていることに注目しています。この期待感が剥げ落ちるか、それとも期待感通りにこの先利回り上昇となり、もしかすると4回以上の利上げもあるのかどうか、どちらにサイコロが振らされるのか、期待感と、一抹の不安感が交錯します。

下記のグラフをご覧ください。2004年から現在の利上げ時点までのFRBの歴史を示しています。2006年から2007年当時にはFRBは5.25%まで引き上げました。そしてリーマンショックを迎えることになります。FF 金利が5.25%であった時には、ドル円は120円前後でした。そしてFRBが1%から利上げを開始した2004年年央時点では105円前後でした。この間の時期に凡そドル円は15円上昇したことになる。今年の9月からの流れと一致している。その意味ではこの先期待が持てません。今回の一連の流れからせいぜい10〜15円の上昇が今後2〜3年の期間で期待される言うことではないか。その意味で130〜135円が2〜3年の間の高値ではないかと描きます。むしろトランプ政権とFRBの対立が激しくなり、トランプ政権が公に景気刺激をするために低金利をFRBに求める、そしてドル安政策で輸出振興と言う手段に打ってくるのかもしれない。これが最大の来年のリスク要因として意識したい。その意味ではハネムーン期間が明ける春の彼岸頃がドル円の高値ではと描きます。焦ったトランプ大統領が再び動くのが秋の彼岸ではと思い巡らします。その頃になると一旦萎んだ利上げセッションの開始が期待されるのではと思います。つまりそれまでは1回のみの利上げになるのではと思い巡らします。シナリオ1の3回以上の利上げセッションと、シナリオ2の利上げの期待感を裏切ることを描くことになります。第二のシナリオは今年と瓜二つと言えます。

画像(500x242)・拡大画像(714x346)

クリスマス後の金融市場を見ると、依然として調整局面のようです。原油上昇の動きにあるようです。ベネズエラ、イラクが来年から減産に踏み切るようで、ロシアを含めた非OPEC国、OPEC国が足並みを揃えている。ガソリン高が来年は続きそうです。日本は野菜など生鮮食料品が上昇、そしてガソリン高と、インフレは加速しそうです。コア・コアの数字に注意したい。そして金価格は依然として1100ドル台ミドルとリスク回避の動きにはなっていない。そんな訳でドルインデックス103ドル台キープと、まだまだドル高相場にあるようです。

今日も大きな動きが出ていなく、チャート分析は省略します。

Mucha suerte y Feliz Año Nuevo!

ケ・セラ・セラ

Posted at 11時48分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2017/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.