水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2017年02月16日(木)

イエレンさん視界良好!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
やっと春らしい日々が続いています。散歩してもそんなに寒さを感じなくなりました。そろそろ手袋が必要なくなるのではと思います。反対に花粉が気になります。何となく口の中が粉っぽくなります。私は花粉症は酷くないと思っていますが、いつ何時悪化するかは分かりません。今日も白鳥飛来地の写真を載せます。後一ヶ月は当地に留まってほしいものです。

イエレンFRB議長の上下両院銀行委員会での議会証言の内容を読んでいると、益々近々利上げに踏み切るとの意欲を感じさせます。事前に用意されたテキストですから、イエレン議長は鉛筆を舐め舐めの心境で書き上げたのでしょう。その中には必ずイエレン議長の意図が組み込まれている。金融緩和の解除まで時間をかけ過ぎるのは賢明ではない。それはFOMCが最終的に急速なペースで利上げを迫られる可能性があり、金融市場を混乱させるリスクが増し、経済をリセッションへと向かわせる恐れがある。「As I noted on previous occasions, waiting too long to remove accommodation would be unwise, potentially requiring the FOMC to eventually raise rates rapidly, which could risk disrupting financial markets and pushing the economy into recession.」としている部分が象徴しています。昨日の部分では、テキストでは確認できないものの、日本語情報筋では、もっと早い利上げが可能になるような経済を期待している、ドル高は市場の利上げ期待を反映している、バランスシートはゆっくりと縮小させる決意などと出ている。QE発動からFRBのバランスシートは膨れ上がっている。利上げと共に、バランスシートの縮小つまり金融緩和の解除へと進む。幸いスキャンダルで混乱しているトランプ政権はFRBに口出しする余裕はないようです。そして昨日も良い経済指標の数字が後押ししている。1月消費者物価指数2.4%前年比、コアでも2.3%前年比と、FRBのインフレ目標2.0%を上回っている。完全雇用状態の失業率、非農業部門雇用者数も後押ししている。イエレン議長は、利上げ時期は3月か6月かは言えないとしている。しかし外部要因が取り除かれている。そして唯一欧州オランダ総選挙は3月15日投票(平日に総選挙をするのですね!)となっており、同日のFOMC後に結果が判明する。自由党が第一党になっても、政権を担当できるわけではなく、利上げを実施しても影響は軽微であると言えます。条件がそろっているので、利上げをするかどうかは短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)のチャートを見て判断することにします。下記は12月限のチャートです。現在98.42です。利回りベースで1.58%と年3回0.25%毎の利上げを織り込む水準に位置します。昨年12月の利上げ時には緑の線で引いた水準98.375つまり1.625%まで上昇しました。その後はチャートの通り急速に調整局面に陥りました。反対に11月中旬から利上げ時の部分では期待感が強まる価格下落(利回り上昇)の動きが、日々では変動があるものの、下落を結果的に続けるチャートになっています。緑の丸で囲った部分です。この間は98.625(1.375%)から98.5625%(1.4375%)へ利回りが上昇している。そして利上げは予想通りであったものの当日は利回り急上昇、そして翌々日からは調整局面の利食いとなったようです。今回も一連のFRB高官の発言、外部環境からして同様の動きをするのではと戦略を立てたい。そしてイエレン議長も言っているようにドル高は利上げ期待を反映しているから、素直にドル高相場を来月のFOMCまでは演出するのではと思います。日々の変動には惑わされないようにしたい。

画像(500x418)・拡大画像(642x537)

金融市場を見ましょう。欧州は無風地帯。選挙リスク、ギリシャ債務問題に注意したい。フランス10年国債1.06%と1.00%台乗せにもそこから大きく利回り上昇の動きとなっていません。まだ時限爆弾を抱えた状態が続きます。ドル金利は昨日上昇。順当な動き。そしてダウ平均は2万ドル台の半ば。トランプさんの減税期待でしょう。リパトリが進むとドル高も中期的には進みそうです。市場関係者はドル高には懐疑的ですが、私は金利に忠実で行きたい。そしてドル円に関しては少なくとも春の彼岸(3月下旬)まではドル高相場、その後、ドル安相場と言う経験則があります。金利先物のチャートも12月の利上げ時には調整局面となったことを思うと一致します。良いように解釈しましょう。信ずるものは救われるという格言があります。これが私の描くシナリオです。そしてリスク回避のための腹案も考えないといけない。それは追々。資源価格鉄鉱石のチャートを見ていると価格上昇が続いている。中国の貿易収支の輸出と輸入の変動幅の推移のチャートを見ていたら、共に最新のデータでは伸びている。これを見ると中国は巡航速度からちょっとスピードを速めた経済成長を続けているのでしょう。従って豪ドル高、NZD高が正当化されます。

為替市場を見ましょう。ドルインデックスは100.90水準と100はサポートされている。金利の動きには左右されていませんが、その内に引き込まれることになるのでしょう。引き続き欧州通貨、円主体にドル高の相場ではと思います。オセアニア通貨は中国経済連動の相場ではと思いたくなる。

ドル/円:調整局面か引き続き円安の流れになるのか、ボリンジャーバンドのミドルバンド(113.40)に注視したい。10年日本国債は0.08%と落ち着いており、先週の混乱が嘘のように安定している。金利に素直な私は円安のトレンドが維持されていると思います。ミドルバンドがサポートになり、いずれ上限バンド(115.24)トライの局面があるのではと思います。ストキャスティックスが下方転換しており、これを尊重するとミドルバンド近辺まで下落し、その後トライとなるのではとシナリオを描きます。時間足で見ると、20本EMAは下方曲線を描いており、日足のストキャスティックスと一致している。

ユーロ/ドル:2月初めからのユーロ安相場の調整局面になるかの胸突き八丁です。5日移動平均線(1.0613)を上回り、調整が進むとボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0700)近辺までの反発があるのかもしれない。ポジションクローズの利食いです。昨日のローソク足も下ヒゲを長く伸ばし、しかも陽線。セオリー通り。ストキャスティックスも上方転換の動きと正当化している。

ポンド/ドル:こちらはトレンドレスのチャートです。2月2日のBOE金融政策委員会とインフレレポートの内容を引きずっているようです。インフレ率見通しの下方修正、そして3月にも予想されるBrexit正式通告が響いたポンド安相場のようにも思えます。門外漢通貨、多くを語る資格はない。ボリンジャーバンドの下限バンド(1.2393)まで下落することになるように思えます。

豪ドル/ドル:上記で述べた通り、中国経済は表面上成長している。そして鉄鉱石価格等上昇過程にあり、豪ドル高を支えています。下記は日足チャートです。緑の線のレジスタンス、つまり昨年11月上旬(緑丸参照)0.7765水準に到達できるかどうかに注視します。ドル金利の動きからは到達できないのですが、それ以上に中国、資源価格の勢いがあり、豪ドル高を正当化している。豪ドル高の一人勝ちの為替市場の様相です。当面は5日移動平均線(0.7677)をサポートに、ボリンジャーバンドの上限バンド(0.7726)に沿った動きのように思えます。ネガティブな材料が出ると、下げも早いと思います。

画像(500x198)・拡大画像(950x377)

NZD相場:こちらは豪ドル高程素晴らしいチャートではないものの、NZD高相場の一旦調整局面を終える動きにあるようです。これから攻めても良いものか思案所です。チャート的には良い仕込み所。ドル高相場が心配です。5日移動平均線(0.7200)も下方曲線を終え、上方曲線に変化しそうです。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7254)を上抜けすると0.7300のレジスタンス目標が見えてくる。ストキャスティックスも上方基調を続けている。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 15時47分 パーマリンク


2017年02月13日(月)

角を隠してしまってトランプ大統領!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
隣町の川島町まで白鳥を見てきました。白鳥飛来地があるとのことで、荒川の支流である越辺川の河原に行きました。数えたら約60羽いました川島町のHPを見たら2月3日現在128羽が飛来していると出ていました。全く餌付けもしていなく、自然に白鳥が毎年飛来するらしい。関東地方のこんなに近い所に白鳥が多く飛来する所があるとは驚きです。河原を見ると中洲があり、天敵が襲わないようになっている。そして川の流れが緩やかで小魚を獲るには絶好、そして周りには広大な田園地帯が広がっており、獲物は探しやすい。GPSもなく、毎年定点に飛来するとは、白鳥の経験と勘なのでしょう。感心します。当地には11月から3月までとどまり、その後シベリアに回帰するそうです。写真をお楽しみください。

安倍首相が大量のお土産を持参したのか、トランプ大統領は日本に対する貿易赤字、円安批判を封印したようです。ドル高批判は中国に対する人民元安政策を批判したものであるとメディアは解釈したようです。そして麻生財務相とペンス副大統領の専管事項としたようです。ペンス副大統領とは、どういうことなのでしょうか。ミニューチン財務長官がまだ議会の承認を受けていないことによる暫定措置なのでしょう。そして自動車輸入問題を端に発した貿易赤字問題。こちらも封印しています。まだトランプ大統領は事の本質を十分理解されていないのでしょう。まだ理解度不足から選挙公約を実行するには至っていない。角を隠しているのかもしれない。まだいつかトランプ節が飛び出すかもしれなく、警戒を怠らないようにしたい。それにしても凄い接待を安倍さんは受けたようだ。手土産の内容がいまいち詳細が発表されていないから、憶測が飛び交います。初日の日米首脳会談は短時間に終わり、詳細については討議されていないのでは。あらかじめ用意された原稿に従って、表向きの話をしたのではと勘ぐります。シナリオ通りの。フロリダに場所を移した二日目の最後の9ホールのプライベートのゴルフの場で話しにくいイシューについて話されたのかもしれない。安倍ちゃんはかなり本音の部分で話されたと思います。尖閣の安全保障の問題を担保に、経済の分野、例えばインフラ投資の話、自動車交渉でトヨタなどに米国ラスト地帯に工場建設をさせるということを約束した等の密約をしてきた可能性は十分にあると推測します。今後トランプ大統領の口から為替、貿易赤字を批判するツイッター攻撃が出ないと安倍ちゃんの功績は大であると思います。今後4年間は!

私のワシントン郊外のアメリカ人の友人は毎年冬の時期にフロリダのウェスト・パームビーチに行きます。トランプさんの別荘の近くのようです。彼の意見とは主義主張が異なるようであるが、トランプさんの居場所が近く、そしてワシントンでも近いとこぼしていました。トランプさんはどんなところに滞在しているのか、一度見て見たいものです。友人にお願いしようかな!

リスク志向が舞い戻った感のある金融市場です。トランプさんの口から大幅減税の話が出て、そして日米蜜月の確認などです。ウォール街、兜町共に活況、金利は上昇気味。短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.51%と丁度0.25%毎利上げ年3回実施の水準となっている。金相場は1235ドル水準とこれ以上の上昇には息切れではと思わせます。ドルインデックスは100.90水準とまだ100はサポートされているドル高相場演出となっている。

ドル/円:一つのとげが日米首脳会談で取り除かれた感があります。そして今週は利上げに前向きなイエレンFRB議長の議会証言があり、ドル高相場をアシストするのではと思いたい。下記は日足チャートです。先週とは真逆のチャートに変化するのではと思います。緑の線111.75は強固なサポートになるのではと思います。年3回の利上げに前向きな発言がされると、ドルブルトレンドが強まるのではと思いたい。願望を相場に込めてはいけませんが。逆に111.75を何かの拍子に明確に下抜けしたら相場観を変えることになります。(欧州ネガティブ要因であるオランダ総選挙・仏大統領選挙)には注意しないといけない。)現在はボリンジャーバンドのミドルバンド(113.38)を上抜けして、上限バンド(115.31)に向う流れにあるのではと思います。下段のストキャスティックスの上方基調の過程にあるようです。上昇余地があると言えます。時間足で見ると、20本EMAは113.62水準にあり、この水準にまで戻ればドル買い作戦で良いのではと思います。線自体も上方曲線を強めているのではと思います。

画像(500x198)・拡大画像(950x377)

ユーロ/ドル:ルペン仏国民戦線党首が世論調査では一番に躍り出ていると週末報道されている。そしてギリシャの債務不履行問題も取りざたされている。ユーロ売り材料が山積してきている。そしてドル高相場の流れになってきている。その意味ではタイミングとしては中期的ユーロ安の最初の段階ではと思います。まだ若い相場ではと思います。チャート的に見ると、ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0707)は下抜けし、5日移動平均線(1.0661)は下方曲線のレジスタンスとして機能している。ボリンジャーバンドの下限バンド(1.0609)を下抜きすることが期待されています。ストキャスティックスも下方基調を続けている。いずれ1.05を下回る相場期待です。

ポンド/ドル:小康状態のポンド相場と言えます。BOEの利上げが明確になっていないことが影響しているのでしょう。Brexit通告がハッキリした時点で考えたい。チャート的にはボリンジャーバンドのミドルバンド(1.2488)近辺に現在位置しています。ドル高相場と決め打ちするとポンド安相場が展望できる。Brexitはそもそも英国経済的損失を示しており、中期的ポンド安の相場を演出することになる。その意味ではBOEは利上げには踏み切れない。

豪ドル/ドル:鉄鉱石など資源価格堅調、そして原油の底堅い動きになっている。少なくともRBAは利下げする状況ではないと言えます。むしろ利上げが近い将来実施する環境になりつつあるのではと思います。ドル高相場でも、それに抗して豪ドル高/ドル安の動きになってきている。ちょっと分からない。ドル高を考えるとこれ以上豪ドル高を想定しづらい。0.7700が大きなレジスタンスになるのではと思います。一度タッチしてそれからの動きになるのではと思います。シカゴ筋は選手火曜日時点で豪ドル・ネット・ロング16,748枚とロングの姿勢を強めている。しかし大きなポジションにはなっていません。身動きしやすいポジションは意味深です。下落相場も想定してかかりましょう。

NZD相場:ドル高相場にNZD下落の動きになっているのではと思います。RBNZは中立的な金融政策方針であり、明確ではない。NZ経済も底打ちの可能性もあり、グローバルな流れからは、目先利下げはない。むしろ利上げ局面が近づいているのではと思わせます。インフレ率が1.3%ですから、RBNZのインフレ目標1〜3%の下限を上回ってきている。その意味では居心地の良い水準。利上げは相当に遠い時期と言えます。ドル相場に左右されるNZD相場と言えるのかもしれません。シカゴ筋も先週火曜日時点でNZDネット・ロング1,693枚と前週のネット・ショート1,022枚からポジションを反転させている。良く分からない相場と踏んでいるのでしょう。チャート的には5日移動平均線(0.7233)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(0.7141)をつけることになるのかもしれません。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 14時30分 パーマリンク


2017年02月09日(木)

今年も欧州はリスク山積の金融市場!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今日も先週散歩した「大宮花の丘公苑」の一コマを紹介します。紅白黄の梅が競演していると紹介しました。今夏は紅梅です。鮮やかな真紅の梅が綺麗に咲いていました。近くの公園で咲いている紅梅とは種類が違うようです。春になると小さな実をつけます。今日は久しぶりに雪の朝を迎えました。2月は例年数回の雪を経験します。私は雪が降ると車を運転しないようにしている。外はもう溶けているから今日は大丈夫のようです。いずれにしても今日は引きこもりの私です。散歩も無理かな。

今年の欧州は選挙の季節のリスクを意識しないといけないと思います。3月オランダ総選挙、4、5月フランス大統領選挙、今年前半イタリア総選挙、そして9月にはドイツ総選挙のスケジュールです。付録でスペインでは9月頃ひょっとしてカタルーニャ地方の独立の是非を問う国民投票があるかもしれません。スペイン政府は憲法違反として認めていません。現在裁判所ではカタルーニャ地方前首相マス氏が昨年の国民投票が違憲であるとして被告人席に座っている。どうなるのか心配です。今日は某証券会社向けのレポートを書き、その中で色々と登場人物を確認しました。オランダではウィルダース党首率いる極右政党「自由党」が現在リードしている。欧州の極右政党の集会で、ルペン仏国民戦線党首、ファラージ英独立党の面々と映っている金髪の紳士です。いかにも極右政党の党首と言う印象です。第一党に躍り出ても、第二党の自由民主党が連立を画策するから、首相にはなりそうもない。しかし心理的に移民排斥、反イスラム、EU離脱を標榜しているから、フランス、ドイツ等への影響は大です。そして4月5月の仏大統領選挙へ突入。ルペン氏がリードしているようです。大統領になれば、脱EUを公言している。本命のフィヨン氏、マクロン氏がスキャンダルで支持を落としており、こちらでもポピュリズムが台頭しており、どうなることやら。仏国債10年は2.15%まで上昇してしまいました。昨年の夏ごろは0.15%近い低利。それがトランプ大統領誕生、そしてルペン氏躍進で、投資家心理が冷え込み、仏国債売りの反応をしている。2012年には3%超を示現していたから、ルペン党首躍進となれば、2%超の利回り上昇があるのではと思ってしまいます。そしてイタリア総選挙。現在は政治空白模様ではと思います。こちらもイタリア第一主義の元コメディアンのグリッロ氏率いる5つ星運動が優位に立っていると言えます。日本で言えばビートたけしと言った所でしょう。こちらもポピュリズムの匂いがプンプンします。そして真打ちがドイツ総選挙。昨日の日経新聞を読むと、世論調査では、次期首相候補シュルツ欧州議会前議長がメルケル首相を上回っていると書いてある。難民の流入に寛容な政策が、庶民には理解しがたいのでしょう。昨年の選挙以来、何でもあり、そしてメディア報道では分からない庶民の声を重視した方向に行ってしまう危険性があり、どうなるか不安です。為替については、当然政治的リスクはユーロ売りにつながります。そして結果的に逃避通貨として円買いにつながります。欧州の政治リスクが思わぬ形で円高に誘導してしまう結果になるのかもしれません。またオセアニアの豪ドル、NZDにも買いにつながる動きになるのかもしれません。RBA、RBNZ共に金融緩和打ち止めの様子見態度を決め込んでいるからなおさらです。そしてドルに資金が向かうかも。これはトランプ大統領が強権を使い阻止する構えでいるのかもしれない。金利の理論が通用しない可能性も否定できません。
金融市場を眺めてみましょう。10年米債利回り2.34%と低下してきている。2.25%を下回ってきたら考えましょう。また短期金利先物ユーロドル12月限1.455%と1.50%を下回ってきている。1.25%方向に向かうと注意したい。1.25%ですと、0.25%毎年2回の利上げになり、FRBが利上げに慎重になることを示している。トランプ大統領の圧力、欧州の選挙の影響が及んでくることになります。反対に元気いっぱいの金相場。1,240ドル前後にまで上昇してきている。株価はダウ平均で20,000ドルを今日の所維持している。ドルインデックスは、100.35近辺と今週100を下回っているが、現在は回復模様。選挙モードに入っている大陸の欧州からユーロ売りの反応が強く、ドルが強いと言えます。現在の強弱感は円>ドル>ユーロの関係にあるのではと思います。ポンド、豪ドル、NZDはその間に割り込むことになります。

ドル/円:日米首脳会談とゴルフ接待を受ける安倍首相が、どんな手土産を持参するか、トランプ大統領の逆鱗に触れる地雷を踏むかに注目が集まります。上手く円安方向への説明をおこない、納得してもらえるかが注目されます。私から見ても、多くの誤解がトランプ大統領にはあります。もっと研究、勉強をトランプさんにはしてもらいたい。もし地雷を踏むことになると、どうしても円高と言うことになる。そしてどうしても欧州選挙リスクでも円高に反応する。下記は日足チャートです。トレンドは下向きのようです。ギャンラインの非常に重要な節目111を当面の下値の水準として意識したい。日米首脳会談で、円安の根拠を丁寧に説明し、トランプさんを納得させることが出来れば、今回の訪問に「優」をつけることが出来る。GPIFの米インフレ投資、トヨタの米投資、孫さんの5兆円投資など手土産が功を奏するかに注目です。地雷を踏んでしまうことになれば、急速な円高も想定される。111を分かれ目として意識したい。下段のストキャスティックスは楽観的であり、やや上方転換模様。政治相場ではテクニカル指標は役に立たないのかもしれない。ブルドーザー相場に陥るからです。

画像(500x199)・拡大画像(950x379)

ユーロ/ドル:フランスの総選挙の世論調査、そしてドラギECB総裁の量的緩和継続発言と、出口戦略は思いもつかないと言っているかの内容から、ユーロ売りの相場になっている。ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0705)がレジスタンス、そして90日移動平均線(1.0735)もレジスタンスになっている。下限バンド(1.0608)が下値目安。ストキャスティックスも下方基調と、中期ユーロ安相場を支援しているようです。私も同じバンドワゴンに乗っている。

ポンド/ドル:こう着状態のポンドと言えます。BOE委員の発言に一貫性がないことが気になります。まだ利上げに踏み切る余地は少ないと私は考えたい。Brexitに踏み切った場合のリスクは現段階では判断できない。少なくともインフレ率は上昇することはないのではと思います。その意味では中期的にはポンド安の相場観を持ちます。ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.2462)方向が正論であるように思います。

豪ドル/ドル:RBAは中立の金融スタンスを貫きます。しかし今年のインフレ率はゆっくりと2%へと、RBAのインフレターゲットの2.00〜3.00%のレンジの下限には向かうとしています。現在は1.50%です。経済が順調に成長過程にあれば、金融政策を調整しなくても目標に近づくでしょう。鉄鉱石価格は堅調、そして中国からは極端に悪材料が出てこない。(中国共産党がコントロールしている。)チャート的には年初からの豪ドル高の調整局面にあるようです。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7579)位までの調整は予想の範囲内の動きと解釈。ストキャスティックスも調整模様の下方基調と言えます。

NZD相場:ウィーラーRBNZ総裁は今年9月に退任、スペンサー副総裁は来年までは代行するという。この方も退任したいとの意向のようです。今日のRBNZ金融政策委員会では金融政策はかなりの期間緩和的であり続けるだろうとして、今後の利下げはないような内容となっている。今週のDGTも+1.3%と上昇傾向を続けている。危機回避のNZ経済と言えるのではないかと思います。そして経済成長にはNZDの下落が必要と謳っている。この文言に反応して年初からのNZD高相場の調整局面に入っている。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7241)を現在は下回っており、90日移動平均線(0.7130)と下限バンド(0.7107)方向にあります。ストキャスティックスは下方基調の半ば。山が高いと下るのも早いという相場の経験則の中にあるようです。どこで止まるか注視。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 16時34分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2017/3

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.