水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2017年04月07日(金)

米国:世界の警察官健在!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
マンションの敷地内に植えてある桜が満開です。日本の良さを感じる日々ですね。この風景を見られるのは1週間くらい。さっと散ってしまう運命ですね。日本人の潔さと共通する面がありますね。ここ2週間でかなりスマホを理解できるレベルまで引き上げました。こんなツールを使っていなかったとは、スマホを知らな過ぎました。深夜でもいつでも為替レート、NY株価、そして市場で何が起こっているかが直ぐに分かります。しかしのんびりトレーディングのスタイルには変化がありません。益々どんなアプリがあるか、興味が湧き上がります。

シリアに対して巡航ミサイルを発射しました。トランプ政権が強硬姿勢を見せますよと、習近平主席の目の前でのデモンストレーションでもあるようです。これでリスク回避の金融市場が常態化する相場も考慮する必要が今後出てくるのではないか。アサド政権が化学兵器を使用し、反政府勢力の撲滅を、ロシアの後ろ盾で、行ったようです。これで国際情勢が複雑になってきている。国連安全保障会議は無力化してきている。そしてやはり米国が世界の警察官であることを認識することになります。そして中国に対しては、北朝鮮が更に暴走すると、世界の警察官として単独でも行動すると明確に意思表示したことになります。北朝鮮は不気味です。どこまで核開発、大陸間弾道弾の回復が進んでいるか不透明です。金正恩委員長が、心理的に不安定になり、その行動になんら歯止めをかける側近がいないことで、とんでもない暴走決断に踏み切ることも100%ないとは言い切れない。そんなことでリスク志向に走っていた市場が、リスク回避の市場と交互に来ることになるのかも知れません。トランプ政権はFRBには厳しい姿勢をイエレン議長が就任している限りは続くのではと思われます。来年3月の退任時期までには新しい候補が出てきそうです。

リスク回避志向の相場観と、金利の動きが連動することになります。そしてそこに経験則がその動向の指針となるようです。私は短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)のチャートをその指針にしています。下記は12月限のチャートです。このチャートは象徴的です。緑のラインは昨年12月のFRBの利上げ時の初期の水準です。(金利先物価格の上昇は、利回りの低下を示しています。)左の昨年12月14日の利上げ時から急速に利回り低下になり、そして3月15日に再利上げの2週間前くらいから利回り上昇の動きに変化、そして利上げ実施となり、利食いの買い戻しの動きになり、そしてこれからはリスク回避を考慮する金利相場になりそうです。現在価格は98.48であり、利回りベースでは1.52%です。これは今後年内2回の利上げを織り込んだ1.50%とほぼ同水準です。今後リスク回避の相場観が進むと緑の線を引いた98.5325つまり1.4675%を上回る水準にまで、利回り低下の動きになるのかもしれません。この緑線が生命線です。この線を越えることは、相場が極端に振れる可能性が強くなると言えます。損切を執行しないという投資家の恐怖感が支配するということを意味します。そして、それが6月までのその他金融商品、つまり為替、株式市場の相場観の基礎として私は重視することになります。今日のNY市場の動きからリスク回避志向の相場が進むかどうかを見守ることになります。そして金相場はリスク回避の金融商品として価格上昇の動きになるのかもしれません。円相場がリスク回避の回避場所としても円高、そして株式市場もネガティブに反応するのでしょう。6月14日のFOMCでFRBが利上げするかどうかの観測が話題になると、5月下旬から短期金利上昇の動きになるのではと思い描きます。それに連れて長期債利回り上昇、そしてドル全体を押し上げることになるのかもしれない。

画像(500x419)・拡大画像(643x539)

金融市場を見ると、ドルインデックスは100.65とややドル高進行のようです。有事のドル高は、対欧州通貨、対オセアニア通貨では有効のようです。円>ドル>欧州通貨・オセアニア通貨の序列のようです。長期金利の動きは10年米国債2.34%と利回り低下の動き、欧州債券市場でも債券に資金を動かす動きが強く、利回り低下の流れと言えます。独連邦債10年0.26%、仏10年債0.91%と1.00%を下回っている。スペイン10年債も落ち着いた動きであり、1.65%となっています。

ドル/円:チャートを見ると、ギャンスクエアの非常に重要な節目111を現在下回っている。参考までにその下の非常に重要な節目は106に位置する。米短期金利先物のチャートで示したように、ドル短期金利は低下傾向の動きとなっている。従ってドル安の相場となっている。111に早く復帰しないと、9月彼岸までは円高相場になってしまう可能性があります。ボリンジャーバンドの下限バンド(109.20)に位置している。何かリスク回避材料が今後出てくるか、シリア空爆が常態化する、そしてそれに反発したロシアと米国の関係悪化、ISがテロを企てるなどの事態、そして北朝鮮の暴走と米国のその対抗策などが予想される。

ユーロ/ドル:ECBは現在量的緩和の出口戦略を検討するさなかではないかと思います。シカゴ筋もポジションをほとんどスクエア気味にしており、仕切り直し状態と言えます。但し、ECB出口戦略の時期は来年からのような観測が強い。そのためにユーロ売りの相場が続く可能性もあります。仕切り直し、そして再度ユーロ売り仕込みの可能性も捨てきれない。5日移動平均線(1.0663)水準を下回り、ボリンジャーバンド(1.0569)が当面の下値目安として意識されます。仏大統領選挙のリスクはやや緩和されている。上値目安はミドルバンド(1.0719)に注意したい。

画像(500x198)・拡大画像(950x377)

ポンド/ドル:Bexitが正式に通告され、その後小康状態の相場となっています。相場の中期トレンドを示す90日移動平均線(1.2414)を下回るかに注目したい。ドル高相場そしてBrexitの負の影響が次第に出てくるポンド安の相場になるかに注目です。BOEはBrexitリスクから、利上げには躊躇するのではないかと思います。その意味でもポンド安相場になるのではと思います。

豪ドル/ドル:今週のRBA金融政策委員会では政策金利Cash Rate:1.50%の据え置きと、様子見の態度に変化はないようです。利上げには踏み切らないとの観測が現状では強く、そしてドル高相場。豪ドル安の動きになっている。5日移動平均線(0.7581)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(0.7500)が当面のサポート。その間に中期トレンドを示す90日移動平均線(0.7524)が横切っています。ストキャスティックスも下方基調。クロス円は円高、豪ドル安で、豪ドル安が進行中です。

NZD相場:ドル高の影響、RBNZ現状維持の金融政策から、NZD安の相場が続いています。5日移動平均線(0.6986)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(0.6900)方向ではと思います。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 15時22分 パーマリンク


2017年04月03日(月)

新年度入りの相場!

画像(180x101)・拡大画像(917x515)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
先週は東京に出かけ、忙しく用事を済ませました。用事の合間に日比谷公園でしばしの休息でした。用事で訪れた日比谷公園側に立つ飯野ビルディングに入る船会社の応接室から絶景です。一番良い応接室と言うことで、日比谷公園、皇居前広場、日比谷、丸の内のコンビネーションが格別でした。用事も心地よく進みました。この界隈では、新生銀行のディーリングルームに挨拶に毎年のように訪れました。スイスフラン建ての外債の円への転換のお世話、そして中長期のスイスフランの先物予約などと何かと関係が深かったことを覚えている。今はその建物はなく、今は昔の心境となりました。今週末は田舎での父親の法事を済ませ、滞在しています。こちらはまだ桜の開花とは程遠いようです。今朝散歩したら、土手に土筆を多く発見しました。春ですねと言うことを実感しています。

今日からは本格的な新年度入りですね。新入社員を多く見かける日々が続きます。この子たちが立派に社会人となり、日本の国を背負って行くことになり、期待しています。金融業界特に邦銀、証券会社が今日からが今年のバジェット達成に向けて奮闘することになります。しかし外資系金融機関は既に1月からバジェットが始まっています。昔3月までにバジェット達成してしまった債券顧客ディーラーがいました。4月からはノロノロ運転で、会社からは年末に地球一周旅行のご褒美で、主要支店訪問をしていたと言う。昔の良い習慣でした。このような風習は現在はあるのかなと思っています。しかしそのディーラーは現在音信不通であり、今はどうしているのかさっぱりわからない。来月同窓会的集まりをするのですが、そのような場でまたあの人はどうしているのか確認することになります。

ちょっと世界金融情勢から離れておりますので、現在想う所を書きたい。金利から金融情勢を判断する私としては、金曜日からまた利回り低下の動きであるのだなと思っています。ダドリーNY連銀総裁が、ハト派的発言をしているようです。しかし先週の米経済指標を見る限り、引き続き良い健康な米経済と言えます。FRBは最低年内2回0.25%毎の利上げをする方向で読んでいます。短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.55%と今後年内2回の利上げを織り込む水準にはあります。トランプ大統領がちゃちゃを入れて、利上げ阻止の動きになるかに注目です。やはり経済運営が上手くゆかなくなると、その責任をFRBに押し付けて、利上げはするなと言いかねない。これからはFRB対トランプ政権が焦点になるのかもしれません。

為替市場は、先週末から変化の兆しがあるようです。ドルインデックスは100.60水準と心理的節目100を上回る水準に位置します。今週は金曜日に米雇用統計があり、一つの目安としてリトマス紙となります。再び今後年内3回かそれとも2回に留まるのか、見極めの週となりそうです。

今週後半には、エンジン全開の相場観になるようにします。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 20時39分 パーマリンク


2017年03月28日(火)

胸突き八丁相場通過中!

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
ハイテクには疎い私が先週からスマホにはまっています。LINE, Intagram、Twitter, Skypeを今週から入れました。スマホでの入力がまだ不慣れです。若い人は容易に行っていることが羨ましい。その内に私も出来るとの意気込みです。やはりPCへのキーボードでの入力の方がやりやすい。Facebookのmessengerへは現在はPCで入力、簡単な入力はスマホで頑張っています。LINEは入力していますが、これは入力して記憶させれば、使いやすいのでしょう。それにしても高校生辺りは両手で打っており、凄いなと思います。その能力を別の面で見せてくれたら良いですね。先週はやはり稀勢の里の執念に脱帽ですね。あの精神力、そして横綱の権威を守ろうとする姿勢には感服ですね。地位が人を育てるとはその通りですね。大関の頃は精神力が弱いと散々言われていました。それが横綱に昇進すると、がらっと変身ですね。けがを治して、5月場所に元気に土俵に上ってほしい。日本人の精神を持ち合わせている。モンゴル人横綱とは一味違うようです。ただし、鶴竜の14日目の気遣いの所作には拍手を送りたい。

調整局面が続く金融市場です。私は金利、特に短期金利先物の動きから、為替動向の参考にしている。ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.535%と丁度FRBが今後年内2回の利上げを織り込む水準に来ている。このまま1.50%割れの局面で、1.40%〜1.45%辺りで、先物売り(金利上昇)と見込むディーラーが多いかどうかを判断材料としたい。1.40%を下回ると、今後年内1回しか行われない水準に近づく。昨年12月の利上げ後の局面を見ると、凡そ0.20%の戻しがあります。これを今回3月の利上げ実施後にあてはめると、98.55つまり1.45%です。この水準で利上げシナリオに変化がないと、売られるのではと推測します。あと0.08%下げた段階ですね。注意したい。その意味ではまだドル安へ方向転換したとは金利動向からは判断は時期尚早と言えます。ダウ平均はまだ2万ドルを維持している。不安要因は原油価格ですね。WTIで47ドルをさまよっている。50ドルを越えれば一安心。気になるのは鉄鉱石価格が下落トレンドに変化してきている。それにしても激しいチャートです。為替などちょろいですね。鉄鉱石価格が下落であれば、中国からは何もニュースが出てきていないから需給と思惑、そして利食い売りが出ていると言える。その意味では豪ドルは調整局面を続けることになります。鉄鉱石価格と豪ドルは連動していると言えます。金価格も1250ドルとリスク回避と対象商品を如実に反映した価格とトレンドになっている。トランプ政権の経済政策に、公約通りの政策が反映されることになると、金価格も先が見えることになると思います。そしてドルインデックス。99.25水準と100.00に戻る動きには程遠い。チャートを見ると昨年11月上旬の97台前半まで当面調整するのではと思ってしまいます。

ドル/円:短期ドル金利が調整局面と言うことでドル安進行シナリオが描けます。日本サイドでは森友学園問題で、籠池理事長が国会を混乱させている。予算案は可決したようです。しかし政治の停滞は日米共に否めない。このことを勘案してチャートを見ましょう。下記は日足チャートです。緑の線でギャンスクエアの非常に重要な節目の116と111を示しました。現在は111の非常に重要な節目を下回る動きになっています。FRBが年内1回の利上げにとどまるとの観測が出てくると111は強固なレジスタンスになってしまいます。参考までにギャンスクエアでは106が下の非常に重要な節目となっている。米経済は雇用、インフレ率共に良好であり、FRBの利上げセッションのシナリオには変化がこれまでの所出てきていません。トランプ大統領が強権を発動して、FRB利上げセッションにストップをかければ話は別になります。しかしその気配は現在出ていない。年内今後2回は利上げが実施されるというシナリオには変化がない。その意味では111に戻るというシナリオは十分にあります。どれだけ111以下の滞空時間になるかに注目です。春の彼岸を越えれば円高に、そして秋の彼岸から円安と言う経験則から、仮に9月FRB利上げと言う観測が強まると、その一か月前位、恐らく7月頃から円安に向かうトレンドが始まるのかなと言うシナリオは立てやすい。それとも小さな山は6月利上げ説です。その意味では5月頃からその思惑で小山出現の円安示現があるのかあれこれ考えてしまいます。現在は黒線の5日移動平均線(111.18)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(110.46)に沿ったバンドウォークの動きと解釈しましょう。下段のストキャスティックスは既に下値圏に沈んでおり、浮上するかどうかに注目したい。

画像(500x196)・拡大画像(950x374)

ユーロ/ドル:選挙リスクが一旦沈み、ECBの出口戦略の観測が出ており、ユーロ高に振れやすい。ドル安傾向もユーロ高を後押しします。1月末示現の1.08の心理的な重要な節目を越え、シカゴ筋もほぼスクエアからユーロ・ネット・ロング構築に動き出しているのではと推測する相場となっている。5日移動平均線(1.0810)をサポートに、ボリンジャーバンドの上限バンド(1.0879)に沿ったバンドウォークのトレンドとなっている。ストキャスティックスは例により高値圏にへばりつく。1.10まであるのかなと思ってしまうユーロ高です。

ポンド/ドル:ドル安相場を色濃くするポンド高です。ボリンジャーバンドの上下バンドが並行に進むチャートになっている。これは上値を攻めても限界があるのではと推測します。やはりBrexitの交渉が正式通知そして、交渉入りとリスクが付きまとう。そのことをチャートは如実に示していると言えます。

豪ドル/ドル:鉄鉱石価格連動相場と言えます。鉄鉱石価格が何らかの中国経済の良い数字で反発すれば、豪ドル高に相場に戻る可能性はあると思います。ドル安相場も追い風。現状では中期相場のトレンドを示す90日移動平均線(0.7507)とボリンジャーバンドの下限バンド(0.7497)までの調整局面にはならないと思われます。ストキャスティックスは下方基調にあり、もう少し調整局面の豪ドル安のトレンドが続く可能性があると言えます。

NZD相場:こちらは踊り場のチャートになっている。中国次第の経済。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7022)がサポートとなれば、NZD高の相場も期待できるのではと思います。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 13時33分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2017/4

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.