水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2017年04月13日(木)

心変わりの激しいトランプさん!

画像(180x101)・拡大画像(815x458)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今日も「花の丘公苑」の写真を載せます。鮮やかな赤のチューリップはこの時期の華と言えます。そして桜とのコラボレーションが素晴らしい。今日は晴天であり、今日も見頃です。今シーズンは雨の日が多く、残念でした。雨の日に花見の良い過ごし方はないのでしょうか。やはり「花より団子」と夜の赤ちょうちんを目指すのが良いようです。何が合ってもフレキシブルと言うのが、花見同様に、金融市場、為替市場にも当てはまります。

心変わりが激しいトランプ大統領ではと思います。これまでの発言は大きく大統領選挙中の公約とは明らかに異なります。昨日は、イエレンFRB議長を大統領選中は煙たがっていましたが、「I like her, I respect he.」と「好きです、尊敬する。」とヨイショしています。このことで、来年任期を迎えるFRB議長職が更新される、つまり再任される可能性が出てきたと言えます。しかし金利については、FRBが低金利政策をとることが好ましいとして、利上げセッションの入っているFRB幹部に対して牽制球を放っています。このことで、金利が長短共に低下している。長期金利の指標10年債では、私が注目している2.25%を下回り、2.24%となっている。ちょっと警戒したい。そして短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.465%と、同じく私が注目している水準の1.50%つまり年内2回0.25%毎の利上げを織り込む水準を下回ることになりました。このことでここから0.10〜0.15%下回ると、短期金利ディーラーの損切が出て切れ、短期金利が急落することになります。このことはFRBの想定外の事象となります。そして金利ディーラーから今後1回のみの利上げと言う理由付けが出てくることになります。その場合は地政学リスク等の言い訳が市場に出回ってくることになります。またトランプ大統領は、ドルが強くなりすぎているとして、市場にこれも牽制球を投げている。中国が為替操作国として認定されない見込みと、ホワイトハウスのお騒がせ報道官が言い放ちます。これは私が察するに、北朝鮮へ強い圧力をかけるということとのバーター取引ではないかと思います。中国が北朝鮮にこれまでにない圧力をかける代わりに、為替操作国の認定を取り下げる、そして南シナ海への介入を押さえるということです。今後中国から何らかの北朝鮮向けの強烈なメッセージが発せられる可能性があるのではと思います。北朝鮮経済封鎖が本格化するのかもしれない。そして北朝鮮無力化の方向に向かうと期待される。そうでないと、北の将軍様の暴走を許すことになります。政治と経済を絡めるのもトランプ流のビジネスライクの取引のように思えます。いずれにしても、ドル安方向に為替は動いています。特に対円ではその傾向が激しいようです。円が地政学リスクと共に当面主役の座を張りそうです。トランプ大統領は、次々と公約をビジネスライクに変更して行く。対ロシア政策にしても、選挙戦中はプーチン大統領を持ち上げていたが、シリア情勢が劇的に悪化すると、たちどころにプーチン大統領を悪者と言い放ちます。習均平主席も大統領選挙中は悪者扱いにしていたが、フロリダでの会談、そして北朝鮮問題で協力を要請する必要性が出てくると、一転豹変の態度となっています。安倍さんも注意しないと、ある時悪者扱いとなります。注意しましょう、トランプさんには!ビジネスライクが基本方針のようですね。

金融市場を見ましょう。引き続きNY株式市場は小幅下落模様。大幅に下落していないことがミソのようです。トランプ大統領が、FRBが低金利政策をとるように暗に圧力をかけている。そのことは米企業にとっては好都合。従ってそうしたことを読んでいる米投資家は下値では拾うスタンスに臨むことになります。日本は蚊帳の外。リスク回避の動きから、金相場は上昇、そして原油相場も地政学リスクから上昇する動きのようです。そしてドルインデックスは100.00水準と、ドル高とドル安の節目にあります。ドル金利動向からはドル安方向の可能性の方が高いと思います。これを考えて、個別通貨を見て行きましょう。

ドル/円:下記は日足チャートです。今回は相場の分岐点であるのかもしれない。そのヒントは昨年11月から12月中旬の上昇相場のポジション調整であるのかもしれません。左の丸と右の丸を比べてください。フィボナッチ分析を使いました。丁度38.2%戻しに来ている。現在108.80近辺に位置する。この水準は左の上昇局面で長期のポジションを仕込んだ参加者が最後の損切(利食い売り?)に踏み切るかの分かれ目です。損切に踏み切ると上昇相場の起点102.55まで下落する可能性があります。相場は心理戦です。それに需給が加わる。そこまでは現在は考えられないが、ギャンスクエアの非常に重要な節目106.00までの可能性があると言えます。ボリンジャーバンドの下限バンド(109.18)に沿ったバンドウォークが続くのではと推測します。それに異を唱えるためには、中国と米国とのバーター取引から、何らか朝鮮情勢に緩和報道が出てくる必要があります。戦争はないことに越したことはない。期待したい。東京が焦土化するのは想像もつきません。それと安倍さんの森友問題は影に隠れているようですが、これがまた浮上してくると、更に円高が進むということも心に留めておきたい。

画像(500x202)・拡大画像(950x384)

ユーロ/ドル:米金利低下からドル安、そしてユーロ高の論理で相場が進行していると言えます。5日移動平均線(1.0621)を上回り、中期トレンドの指標90日移動平均線(1.0625)も上回っています。ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0714)が当面の高値目安と言えます。ストキャスティックスも上方基調。

ポンド/ドル:こちらもドル安相場の影響を受けています。5日移動平均線(1.2457)をサポートに、ボリンジャーバンドの上限バンド(1.2584)が当面の高値目安。ストキャスティックスも上昇基調の過程にあるようです。

豪ドル/ドル:今日発表の豪雇用統計で、3月新規雇用者数6.09万人増と予想外に良い数字に反応している。ドル安相場も追い風。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7615)が当面の高値目安。鉄鉱石価格は下落基調。連動は現在見られない。

NZD相場:こちらもドル安相場の影響が色濃く出ているようです。中期トレンド指標の90日移動平均線(0.7081)或いはボリンジャーバンドの上限バンド(0.7074)に近づく相場があるのか見極めたい。
イースター休暇ですが、地政学リスクは常に存在します。監視したい。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 14時20分 パーマリンク


2017年04月11日(火)

地政学的リスクを意識した相場!

画像(180x101)・拡大画像(815x458)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
1週間ぶりに「大宮花の丘公苑」を散歩しました。丁度桜とチューリップが同じ土俵で競演していました。「大宮花の丘公苑」の花の一番良い時期のようです。しかし今日は雨。桜が散ってしまうのではと思っています。今年は週末も天候不順であり、春の花を楽しむ期間が限られているようです。

地政学的リスクが増しているようです。シリア情勢が米軍のシリア攻撃で緊迫化し、そして北の将軍様がご乱心のようであり、米軍は世界の警察官としての立場から、空母を西太平洋に移動させている。米空母は、横須賀にドナルド・レーガン、そして移動中のカール・ビンソンの2隻の米空母が西大西洋に存在することは異常なこととTVは解説していました。米国も真剣に北朝鮮に向き合っているのでしょう。オバマ政権下を比べて、明らかに北朝鮮を封じ込める強い意志が米国に感じられます。このことに金融市場は敏感に反応しているようです。今後トランプ政権では常に地政学リスクをオバマ政権下以上に意識することになるのでしょう。有事のドル買い、そしてリスク回避行動の通貨としては円に資金が向かっている。しかし、万が一北朝鮮がICBMを発射したら、一番被害を出しそうなのは日本と言える。関東地方は米軍基地があるから、北の将軍様はターゲットに命じられるのかもしれません。その意味では円売りの方向になるのでは推測します。私は北の将軍様が精神的に正常な指令が出来ない心理状態に状況に追い込まれていることが一番心配です。抑える側近を次々と抹殺している。酒浸りという情報もあるようです。何をしでかすか、とても不安です。明確に金融市場は反応し始めるのではないか。現在はイエレンFRB議長をはじめ、利上げセッションに前向き出る。そんな行け行けムードに水を差す、地政学的リスクです。株式市場はNYダウ平均にしても、最近は場が始まるとプラス圏であり、このままプラスで終わるのかなと思って寝るのですが、起きるとマイナス圏か昨日のようにほとんどプラスを消す状態です。このことは心理的に地政学的リスクが投資家の頭の中に過っているのではと推測します。しばらくリスク志向が高まるものの、地政学的リスクと言う重石から利食い売り先行の市場環境が続くのではと思います。10年米国債で見ても、次第に利回り低下の動きとなっています。2.25%を下回ってくると、相場が本当にリスク回避行動を正当化してしまう可能性が出てくるのではと思ってしまいます。原油価格は、中東、北アフリカでのパイプラインへの切断リスクがあるようで、価格上昇模様。そして有事の際は、金価格上昇の動きになる。一オンス当たり1,300ドル方向も、シリア、北朝鮮情勢がエスカレートすると、あるのではと思い巡らします。

ドルインデックスは101.05水準と、ややドル高水準。円>ドル>欧州通貨・オセアニア通貨の序列であるようです。これを基本に個別通貨を見ましょう。

ドル/円:円安方向に振れかけたら、リスク回避の安全通貨の円買い方向に向かっている。しかし万が一、北朝鮮が暴走し、核実験、ICBM発射の動きになり、日本にかなりの影響が出てくると、円安方向に振れる可能性も否定できません。下記は日足チャートです。円安に振れる可能性があったのに、それが地政学的リスクで押さえられています。現在はこう着相場のようです。下値は110.00の心理的節目と言えます。現在110.00はドル買いにむかっても良さそうです。しかし110.00を明確に下回るとボリンジャーバンドの下限バンド(109.72)が下値の目安となります。50ポイントの損切を設定するのが良いと言えます。上値はボリンジャーバンドのミドルバンド(111.89)まで戻ると、その上には112.00が控えている。

画像(500x198)・拡大画像(950x378)

ユーロ/ドル:2週間後の仏大統領選挙を意識した相場になるか、そして有事のドル買いの影響が強く出てくるかに注目したい。ルペン候補は一頃ほどの勢いがないのではと思いますが、米大統領選挙を見ているだけに、何が起こるか分からない。チャートだけを見ると、ユーロ安相場継続の動きとなっている。ボリンジャーバンドの下限バンド(1.0559)に沿ったバンドウォークの動きになるかに注目したい。1.06のギャンスクエアの非常に重要な節目を明確に下回ると、1.01の非常に重要な節目への視界が広がるのではと思います。ユーロショートキープです。シカゴ筋も一旦閉じたショートを構築する動きにあると推測します。

ポンド/ドル:BOEはBrexit正式通告からこれからは利上げに動けない状態が続きます。そしてリスク回避のドル買いの動きと、ポンド安の要素が強いと言えます。ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.2424)を下回り、下限バンド(1.2216)を目指す動きになるのではと予想します。あくまでも門外漢通貨です。

今回はオセアニア通貨の分析は省略します。ポイントはドル高相場が強く、オセアニア通貨安の方向が基本であると言えます。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 17時11分 パーマリンク


2017年04月07日(金)

米国:世界の警察官健在!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
マンションの敷地内に植えてある桜が満開です。日本の良さを感じる日々ですね。この風景を見られるのは1週間くらい。さっと散ってしまう運命ですね。日本人の潔さと共通する面がありますね。ここ2週間でかなりスマホを理解できるレベルまで引き上げました。こんなツールを使っていなかったとは、スマホを知らな過ぎました。深夜でもいつでも為替レート、NY株価、そして市場で何が起こっているかが直ぐに分かります。しかしのんびりトレーディングのスタイルには変化がありません。益々どんなアプリがあるか、興味が湧き上がります。

シリアに対して巡航ミサイルを発射しました。トランプ政権が強硬姿勢を見せますよと、習近平主席の目の前でのデモンストレーションでもあるようです。これでリスク回避の金融市場が常態化する相場も考慮する必要が今後出てくるのではないか。アサド政権が化学兵器を使用し、反政府勢力の撲滅を、ロシアの後ろ盾で、行ったようです。これで国際情勢が複雑になってきている。国連安全保障会議は無力化してきている。そしてやはり米国が世界の警察官であることを認識することになります。そして中国に対しては、北朝鮮が更に暴走すると、世界の警察官として単独でも行動すると明確に意思表示したことになります。北朝鮮は不気味です。どこまで核開発、大陸間弾道弾の回復が進んでいるか不透明です。金正恩委員長が、心理的に不安定になり、その行動になんら歯止めをかける側近がいないことで、とんでもない暴走決断に踏み切ることも100%ないとは言い切れない。そんなことでリスク志向に走っていた市場が、リスク回避の市場と交互に来ることになるのかも知れません。トランプ政権はFRBには厳しい姿勢をイエレン議長が就任している限りは続くのではと思われます。来年3月の退任時期までには新しい候補が出てきそうです。

リスク回避志向の相場観と、金利の動きが連動することになります。そしてそこに経験則がその動向の指針となるようです。私は短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)のチャートをその指針にしています。下記は12月限のチャートです。このチャートは象徴的です。緑のラインは昨年12月のFRBの利上げ時の初期の水準です。(金利先物価格の上昇は、利回りの低下を示しています。)左の昨年12月14日の利上げ時から急速に利回り低下になり、そして3月15日に再利上げの2週間前くらいから利回り上昇の動きに変化、そして利上げ実施となり、利食いの買い戻しの動きになり、そしてこれからはリスク回避を考慮する金利相場になりそうです。現在価格は98.48であり、利回りベースでは1.52%です。これは今後年内2回の利上げを織り込んだ1.50%とほぼ同水準です。今後リスク回避の相場観が進むと緑の線を引いた98.5325つまり1.4675%を上回る水準にまで、利回り低下の動きになるのかもしれません。この緑線が生命線です。この線を越えることは、相場が極端に振れる可能性が強くなると言えます。損切を執行しないという投資家の恐怖感が支配するということを意味します。そして、それが6月までのその他金融商品、つまり為替、株式市場の相場観の基礎として私は重視することになります。今日のNY市場の動きからリスク回避志向の相場が進むかどうかを見守ることになります。そして金相場はリスク回避の金融商品として価格上昇の動きになるのかもしれません。円相場がリスク回避の回避場所としても円高、そして株式市場もネガティブに反応するのでしょう。6月14日のFOMCでFRBが利上げするかどうかの観測が話題になると、5月下旬から短期金利上昇の動きになるのではと思い描きます。それに連れて長期債利回り上昇、そしてドル全体を押し上げることになるのかもしれない。

画像(500x419)・拡大画像(643x539)

金融市場を見ると、ドルインデックスは100.65とややドル高進行のようです。有事のドル高は、対欧州通貨、対オセアニア通貨では有効のようです。円>ドル>欧州通貨・オセアニア通貨の序列のようです。長期金利の動きは10年米国債2.34%と利回り低下の動き、欧州債券市場でも債券に資金を動かす動きが強く、利回り低下の流れと言えます。独連邦債10年0.26%、仏10年債0.91%と1.00%を下回っている。スペイン10年債も落ち着いた動きであり、1.65%となっています。

ドル/円:チャートを見ると、ギャンスクエアの非常に重要な節目111を現在下回っている。参考までにその下の非常に重要な節目は106に位置する。米短期金利先物のチャートで示したように、ドル短期金利は低下傾向の動きとなっている。従ってドル安の相場となっている。111に早く復帰しないと、9月彼岸までは円高相場になってしまう可能性があります。ボリンジャーバンドの下限バンド(109.20)に位置している。何かリスク回避材料が今後出てくるか、シリア空爆が常態化する、そしてそれに反発したロシアと米国の関係悪化、ISがテロを企てるなどの事態、そして北朝鮮の暴走と米国のその対抗策などが予想される。

ユーロ/ドル:ECBは現在量的緩和の出口戦略を検討するさなかではないかと思います。シカゴ筋もポジションをほとんどスクエア気味にしており、仕切り直し状態と言えます。但し、ECB出口戦略の時期は来年からのような観測が強い。そのためにユーロ売りの相場が続く可能性もあります。仕切り直し、そして再度ユーロ売り仕込みの可能性も捨てきれない。5日移動平均線(1.0663)水準を下回り、ボリンジャーバンド(1.0569)が当面の下値目安として意識されます。仏大統領選挙のリスクはやや緩和されている。上値目安はミドルバンド(1.0719)に注意したい。

画像(500x198)・拡大画像(950x377)

ポンド/ドル:Bexitが正式に通告され、その後小康状態の相場となっています。相場の中期トレンドを示す90日移動平均線(1.2414)を下回るかに注目したい。ドル高相場そしてBrexitの負の影響が次第に出てくるポンド安の相場になるかに注目です。BOEはBrexitリスクから、利上げには躊躇するのではないかと思います。その意味でもポンド安相場になるのではと思います。

豪ドル/ドル:今週のRBA金融政策委員会では政策金利Cash Rate:1.50%の据え置きと、様子見の態度に変化はないようです。利上げには踏み切らないとの観測が現状では強く、そしてドル高相場。豪ドル安の動きになっている。5日移動平均線(0.7581)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(0.7500)が当面のサポート。その間に中期トレンドを示す90日移動平均線(0.7524)が横切っています。ストキャスティックスも下方基調。クロス円は円高、豪ドル安で、豪ドル安が進行中です。

NZD相場:ドル高の影響、RBNZ現状維持の金融政策から、NZD安の相場が続いています。5日移動平均線(0.6986)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(0.6900)方向ではと思います。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 15時22分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2017/4

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.