水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2017年04月20日(木)

往きはよいよい、帰りは恐いメイ首相!

画像(180x101)・拡大画像(815x458)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今日は本当に気持ちの良い日ですね。晴天、そして湿度が低いと好条件となっています。私は今日は数稿書かないといけないので、散歩は午後遅くとなります。残念です。窓からは富士山を久しぶりに拝むことが出来ました。今日も「花の丘公苑」で見た桜です。枝垂れ桜のようです。お楽しみください。

メイ首相が総選挙に打って出ました。総選挙は予定では3年後でしたが、前倒しして6月8日となったようです。Hard Brexitを目論み、保守党の体制固めをしたい所です。野党の労働党とは21ポイントの世論調査の結果が後押ししているようです。保守党ではどうしてもキャメロン前首相のイメージが強く、Brexitに反対とのイメージが強い。そうしたイメージを払拭し、強い英国、そしてEUとの交渉で前面に英国ファーストの自国の利益を優先した交渉事を進めたいという思惑のようです。運よく過半数の議席を獲得できると英国代表としてメイ首相が前面に最前線に進むことが出来ます。しかし英独立党、スコットランド民族党など抵抗勢力も強気で攻めてくる。ポンド相場を見ると、選挙戦まではポンド高、そしてその後ポンド安の相場展開を思い描きます。シカゴ筋も私の意見に同調するかの動きとなっており、先週火曜日時点でポンド・ネット・ショート105,901枚とパンパンに積み上げてきたショートポジションの損切に踏み切ったようです。このため、300ポイント以上のポンド高となってしまいました。ひとまず退散、そして選挙後、再度ポンドショートを積み上げてくるのではと推測します。センチメントで選挙戦は動く。保守党優先、メイ首相のEUとの交渉を強気で進めるとの演説内容で、ポンド高。しかし、選挙の結果、保守党が勝っても、EUとの交渉は難航しそうです。トゥスクEU大統領、メルケル首相、そして誰になるか分からない新仏大統領などが待ち構えている。そう上手く英国の思惑通りに進まない。EUとしてもユーロ圏優先の政策を貫き通すのではと思います。単一パスポートを許すはずがありません。ロンドンの金融機関はルクセンブルグなどにスタッフを移動させる動きをし始めている。金利の動きに注目する私としては、BOEの動きを監視します。BOEは経済が好転に向かってもBrexitリスクを無視することは出来ません。利上げとか、資産購入プログラムの縮小は現状では脳裏にないのではと思います。その意味でも、6月8日の選挙戦後に急速にポンド安に振れて行くのではないかと思い描きます。その意味で「往きはよいよい、帰りは恐いメイ首相」と命名しました。そして最悪の事態は、保守党敗退です。Brexitを解消したい労働党としては、これは国際的に許されない。スコットランド民族党はそれ見たことかとロンドン政府に圧力を加えてきます。EUに戻りたくとも戻れない状況となってしまいます。もうこうなれば米国に頼み込むしかないように思います。それともロシアとタッグを組むか。面白いポンド相場が予想される。大けがをしない程度にポンドで遊びましょう。いずれにしてもポンド相場は門外漢の私です。余計なことは話すなとポンドの専門家から苦言を呈される私かもしれません。

金融市場を見ると、ムニューシン米財務長官が、「トランプ大統領はドルの押し下げを狙うことは絶対にない。」とFTで発言している。オオボスのドル安発言を打ち消すことを狙っている。このため、ドル金利が若干上昇。10年米債2.21%まで戻ってきているが、私の注目する水準2.25%には戻っていません。短期金利先物12月限1.415%と、年内2回の利上げ水準1.50%からは下回ってきている。今後外部要因から利上げは年内1回に留まるとの観測記事が出てくると下げ幅を拡大しそうです。しかしベージュブックでは米経済は健全に成長しており、利上げが正当化されるという内容となっている。そして原油相場が下げているようです。原油在庫が積み上がり、そしてサウジアラビアがOPECで公約していた減産維持姿勢を撤回するのではとの観測があるようだ。どこまで真偽の程は分からない。言い訳でしょう。最後にドルインデックスは99.80水準と、100の心理的節目には到達していない。ポンド高、ユーロ高がドルを押し下げている面もあるようです。100を金利上昇と共に上回ってゆくと、ドル高のシナリオを描くことが出来るのですが???

ドル/円:先週載せましたフィボナッチ分析を参考にしたい。11月3日安値と12月15日高値の38.2%戻し108.80水準に現在は位置して、そこから抜け出し切れていません。北の将軍様へのリスク、週末の仏大統領選挙リスク、ルペンおばさんが躍進するとリスク回避の円高も想定される。38.2%水準を下に明確に抜けると、ギャンスクエアの非常に重要な節目106が意識される。逆に北の将軍様への中国の説得努力が功を奏すると、50%戻しの110.60水準に戻る動きも見られるでしょう。その場合にはドル金利上昇の動きを伴うことが必要です。その前にボリンジャーバンドのミドルバンド(110.69)を回復する必要があります。ストキャスティックスは依然と低位水準。

ユーロ/ドル:ポンド高連動相場の影響でしょうか。大きなユーロ高の要因は見られない。金利の動きにも変化がない。むしろドル金利低下のドル安の影響の方が大きい。ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0695)を上回っていますが、短期間で終了する可能性が大きいのではと思います。5日移動平均線(1.0660)が当面監視水準となります。ストキャスティックスは高値圏から下方転換模様となっています。

ポンド/ドル:メイショックからポンド高相場になっています。総選挙まではポンドは大きくは下がらないのではと(上値トライか?)、その後、急落するシナリオを描きます。下記は昨年6月のBrexit決定時を含めた1年間のチャートです。一昨日の総選挙前倒し発言から、昨年11月からのレジスタンス水準(1.2780緑線)に位置している。シカゴ筋の損切り実施がまだ足りないと更に上昇する可能性があると言えます。その場合には、Brexit後にサポートとして認識され、現在ではレジスタンスとなる1.3360(緑線)と言えます。ここまでの上昇があるかを監視することになります。尚、左丸部分は昨年6月のBrexit決定時のポンド急落時です。

画像(500x202)・拡大画像(950x385)

豪ドル/ドル:中国の経済統計が良かったことで一時的に上昇の動きも、原油安、そして鉄鉱石価格下落など資源価格下落で豪ドル安の展開となっています。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7581)をレジスタンスに、下限バンド(0.7468)が下値目安と言えます。中立姿勢のRBAが今後どのような姿勢に転ずるかが、金利重視の私としては注目したい。ストキャスティックスも可能基調。当面下値トライする動きか。ドル高相場になると、更にその動きが加速します。

NZD相場:今朝発表のNZ第1四半期消費者物価指数1.0%前期比、2.2%前年比と共に良い数字となっています。一昨日発表のGDTも+3.0%と良い数字。チャート的には乳製品価格は回復基調にあると言えます。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7000)がサポートになり、上限バンド(0.7067)を上抜けするかに注目。そうなると中期的トレンドの指標90日移動平均線(0.7072)を上回るかに注目することになります。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 11時38分 パーマリンク


2017年04月17日(月)

緊張高まる朝鮮半島情勢!

画像(180x100)・拡大画像(713x400)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
この時期、芝桜が各所で美しい。「花の丘公苑」でも鮮やかに咲いています。芝桜とは良い命名ですね。将に桜のじゅうたんですね。この時期は花が豊富であり、心が和みます。欧米ではイースター休暇。スペインではセマナ・サンタ(Semana Santa)と言い、各地で、キリスト像やマリア様を載せた神輿が街に繰り出します。私は日本の御神輿がひょっとしてこのセマナサンタの神輿から伝来したのではと思っています。西洋と日本の融合であったなら、本当に素晴らしいことですね。

セマナサンタと言うことで、欧米の金融市場は小休止状態です。しかし日本、中国の参加者は色々と為替市場ではこちょこちょといじっているようです。依然として北朝鮮がテーマのようです。米国と中国が取引をして、北朝鮮への説得工作に出ているようです。その代わりに、米国は為替操作国の認定は持ち出さない、南シナ海の問題は持ち出さないとバーター取引をしたのではとの推測を前回ブログで説明しました。土日辺りからその論法を持ち出す為替アナリストが出ているようです。私の論法をちゃっかり借用しているようです。それ程、為替操作国の認定を取り消したことは大きいのではないかと思います。貿易赤字解消に100日ルールを設けたのが大きいようです。それにしても、北の将軍様に世界が振り回されている。日本もその準備のために、韓国への渡航を控えるようなお達しを出している。将軍様は日本の米軍基地もターゲットとしている。その被害シュミレーションなるものも出ているようです。霞が関もミサイル攻撃のターゲットにされているようです。その場合は、何十万人の被害者が出ると出されている。中国に米国は説得を任せたようですが、依然としてミサイル実験を昨日も繰り返している。暴走する北の将軍様と言える。北の将軍様、相当お太りのようであり、相当ストレスが溜まっているようです。お酒と過食症ではと推察します。何をしでかすか理解不能ではと思います。米国は早まって鉄槌を打つと、その代償は甚大なのかもしれません。トランプさんの自制心に期待したい。リスク回避志向が強く、円>ドル>欧州通貨・オセアニア通貨という序列には変化がないようです。

シカゴ筋も動きを見ると、円とユーロのポジションは少な目。そしてポンドポジションが先週火曜日時点でポンド・ネット・ショート105,901枚となり、ショートを積み上げているようです。中期的に見ると、Brexit進行で、金融界はロンドンから大陸へスタッフを動かす動きが加速、それぞれにバリアーが復活、そしてこのような状態ではBOEは利上げなどできないと読むシカゴ筋ではないかと思います。オセアニア通貨では、豪ドル・ネット・ロング45,151枚に対して、NZDネット・ショート15,153枚と好対照となっている。中国の景気状態により多く依存している豪経済ではと推測します。私から見れば、同じではと思いたいが、現地の見方は違います。やはり現地視察が必要ですね。

明日から本格的に動きが出てくる金融市場。休む時は休みましょう。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 14時57分 パーマリンク


2017年04月13日(木)

心変わりの激しいトランプさん!

画像(180x101)・拡大画像(815x458)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
今日も「花の丘公苑」の写真を載せます。鮮やかな赤のチューリップはこの時期の華と言えます。そして桜とのコラボレーションが素晴らしい。今日は晴天であり、今日も見頃です。今シーズンは雨の日が多く、残念でした。雨の日に花見の良い過ごし方はないのでしょうか。やはり「花より団子」と夜の赤ちょうちんを目指すのが良いようです。何が合ってもフレキシブルと言うのが、花見同様に、金融市場、為替市場にも当てはまります。

心変わりが激しいトランプ大統領ではと思います。これまでの発言は大きく大統領選挙中の公約とは明らかに異なります。昨日は、イエレンFRB議長を大統領選中は煙たがっていましたが、「I like her, I respect he.」と「好きです、尊敬する。」とヨイショしています。このことで、来年任期を迎えるFRB議長職が更新される、つまり再任される可能性が出てきたと言えます。しかし金利については、FRBが低金利政策をとることが好ましいとして、利上げセッションの入っているFRB幹部に対して牽制球を放っています。このことで、金利が長短共に低下している。長期金利の指標10年債では、私が注目している2.25%を下回り、2.24%となっている。ちょっと警戒したい。そして短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.465%と、同じく私が注目している水準の1.50%つまり年内2回0.25%毎の利上げを織り込む水準を下回ることになりました。このことでここから0.10〜0.15%下回ると、短期金利ディーラーの損切が出て切れ、短期金利が急落することになります。このことはFRBの想定外の事象となります。そして金利ディーラーから今後1回のみの利上げと言う理由付けが出てくることになります。その場合は地政学リスク等の言い訳が市場に出回ってくることになります。またトランプ大統領は、ドルが強くなりすぎているとして、市場にこれも牽制球を投げている。中国が為替操作国として認定されない見込みと、ホワイトハウスのお騒がせ報道官が言い放ちます。これは私が察するに、北朝鮮へ強い圧力をかけるということとのバーター取引ではないかと思います。中国が北朝鮮にこれまでにない圧力をかける代わりに、為替操作国の認定を取り下げる、そして南シナ海への介入を押さえるということです。今後中国から何らかの北朝鮮向けの強烈なメッセージが発せられる可能性があるのではと思います。北朝鮮経済封鎖が本格化するのかもしれない。そして北朝鮮無力化の方向に向かうと期待される。そうでないと、北の将軍様の暴走を許すことになります。政治と経済を絡めるのもトランプ流のビジネスライクの取引のように思えます。いずれにしても、ドル安方向に為替は動いています。特に対円ではその傾向が激しいようです。円が地政学リスクと共に当面主役の座を張りそうです。トランプ大統領は、次々と公約をビジネスライクに変更して行く。対ロシア政策にしても、選挙戦中はプーチン大統領を持ち上げていたが、シリア情勢が劇的に悪化すると、たちどころにプーチン大統領を悪者と言い放ちます。習均平主席も大統領選挙中は悪者扱いにしていたが、フロリダでの会談、そして北朝鮮問題で協力を要請する必要性が出てくると、一転豹変の態度となっています。安倍さんも注意しないと、ある時悪者扱いとなります。注意しましょう、トランプさんには!ビジネスライクが基本方針のようですね。

金融市場を見ましょう。引き続きNY株式市場は小幅下落模様。大幅に下落していないことがミソのようです。トランプ大統領が、FRBが低金利政策をとるように暗に圧力をかけている。そのことは米企業にとっては好都合。従ってそうしたことを読んでいる米投資家は下値では拾うスタンスに臨むことになります。日本は蚊帳の外。リスク回避の動きから、金相場は上昇、そして原油相場も地政学リスクから上昇する動きのようです。そしてドルインデックスは100.00水準と、ドル高とドル安の節目にあります。ドル金利動向からはドル安方向の可能性の方が高いと思います。これを考えて、個別通貨を見て行きましょう。

ドル/円:下記は日足チャートです。今回は相場の分岐点であるのかもしれない。そのヒントは昨年11月から12月中旬の上昇相場のポジション調整であるのかもしれません。左の丸と右の丸を比べてください。フィボナッチ分析を使いました。丁度38.2%戻しに来ている。現在108.80近辺に位置する。この水準は左の上昇局面で長期のポジションを仕込んだ参加者が最後の損切(利食い売り?)に踏み切るかの分かれ目です。損切に踏み切ると上昇相場の起点102.55まで下落する可能性があります。相場は心理戦です。それに需給が加わる。そこまでは現在は考えられないが、ギャンスクエアの非常に重要な節目106.00までの可能性があると言えます。ボリンジャーバンドの下限バンド(109.18)に沿ったバンドウォークが続くのではと推測します。それに異を唱えるためには、中国と米国とのバーター取引から、何らか朝鮮情勢に緩和報道が出てくる必要があります。戦争はないことに越したことはない。期待したい。東京が焦土化するのは想像もつきません。それと安倍さんの森友問題は影に隠れているようですが、これがまた浮上してくると、更に円高が進むということも心に留めておきたい。

画像(500x202)・拡大画像(950x384)

ユーロ/ドル:米金利低下からドル安、そしてユーロ高の論理で相場が進行していると言えます。5日移動平均線(1.0621)を上回り、中期トレンドの指標90日移動平均線(1.0625)も上回っています。ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0714)が当面の高値目安と言えます。ストキャスティックスも上方基調。

ポンド/ドル:こちらもドル安相場の影響を受けています。5日移動平均線(1.2457)をサポートに、ボリンジャーバンドの上限バンド(1.2584)が当面の高値目安。ストキャスティックスも上昇基調の過程にあるようです。

豪ドル/ドル:今日発表の豪雇用統計で、3月新規雇用者数6.09万人増と予想外に良い数字に反応している。ドル安相場も追い風。ボリンジャーバンドのミドルバンド(0.7615)が当面の高値目安。鉄鉱石価格は下落基調。連動は現在見られない。

NZD相場:こちらもドル安相場の影響が色濃く出ているようです。中期トレンド指標の90日移動平均線(0.7081)或いはボリンジャーバンドの上限バンド(0.7074)に近づく相場があるのか見極めたい。
イースター休暇ですが、地政学リスクは常に存在します。監視したい。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 14時20分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2017/4

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.