水谷文雄の「為替 ケ・セラ・セラ」
 

広告

2017年05月15日(月)

不穏な空気が!

画像(180x101)・拡大画像(815x458)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
週末から2つの同窓会的集まりに参加しました。一つはスイス銀行時代の仲間との食事会。勝手知ったスペインレストランEl Castellanoで、和気あいあいの食事会でした。ビセンテさんに全てをお任せしました。マドリードの夕べと題しました。スペインの家庭料理を並べていただきました。生ハム、トルティージャ(スペイン風オムレツ)、イワシのコロッケ、この時期の野菜の煮物、そして最後にパエジャというコースです。女性のお出迎えドリンクにはカタルーニャ地方のカバ(Cava)を出していただきました。そして最後にはアーモンドのお菓子をサービスで出していただき、デザートにしました。大満足のreunionとなりました。堅い結束力がある同窓会で、その伝統を継承したいと思いました。写真はその時のパエジャです。そして日曜日にはボストン銀行の同窓会と。こちらは茨城県まで出かけて、美味しいフランス料理をいただきました。

北の将軍様の気持ちが理解できません。周りのみんながミサイル発射、核実験を思いとどまらせようと努力している最中の、ミサイル発射です。将軍様は我が道を行く姿勢を強めている。国際情勢が落ち着くことを期待していた先週とは変貌を遂げているのではと思います。そしてサイバー攻撃。日本では大きく報道されていませんが、海外では大々的に報道されている。海外の自動車メーカーは生産を止める事態となっている。英国では病院などの公共施設の運営が支障をきたしている。これもリスク要因として考えないといけない。サイバー攻撃がより悪化していく地合いになると、リスク回避志向が益々強まります。意識したい。

シカゴ筋のポジション具合を見ると、先週火曜日時点でユーロ・ネット・ロングになっていることに気がつきました。ユーロ・ネット・ロング22,399枚と1.0890前後の水準でポジション転換となっています。先週はマクロン仏大統領選出で、そして独GDPも良い数字であり、政治面と経済面では追い風となりました。私は本格的にシカゴ・ヘッジファンド筋がユーロロングを構築するようには思いません。金利重視の私としては来年以降の金融緩和路線の出口戦略に着手するのではと思います。その意味では今年は金融緩和路線の継続ではと思います。センチメントだけで動いているのでは。ロングになっても一時的ではと。そしてポンドもショートポジションを減らす動きにあるようです。ポンド・ネット・ショート46,798枚(前週比34,566枚減)となっている。円・ネット・ショート36,307枚(5,824枚増)とこちらは小動き。中期的に見れば、米金利上昇、円金利低位安定と、外部要因に大きな変化がなければ、素直に日米金利差上昇の円安方向が見えるというのがメインシナリオです。Buy on dips の作戦で行きたい。オセアニア通貨は好対照となっている。豪ドル・ネット・ロング25,784枚、NZDネット・ショート10,786枚となっています。中国依存体質の経済、資源国通貨、農業大国と、ミクロの部分をついたポジショニングをしているようです。最近分かりにくくなっているというのが本音です。

金融市場では、先週前半のリスク志向から、急速に利食いのリスク回避志向に変化している。今週前半はこのテーマで行くのでしょう。ドル金利の動きは低下気味。私が重視している短期金利先物ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.425%と、FRBが今後年内2回の利上げを織り込む水準(1.50%)を下回っています。今後1回の利上げ方向でアナリストが吹き込む可能性が出てくるのではと思います。再び1.40%前後で止まる動きになりかに注意したい。原油WTIで見ると47.84とちょっと安定してきました。金相場は1,227.7ドルと、リスク志向の過程にあるかの水準であり、金を買うような状況にはないと言えます。そしてドルインデックス。現在99.20水準と、心理的節目100.00を下回っています。調整局面が続く相場観を持ちます。

ドル/円:急速に円高方向に向かうとは思えません。前回のチャートでのフィボナッチ分析61.8%戻しの水準112.50まで行くのか注意したい。この水準で止まれば、再びボリンジャーバンドの上限バンド方向に向かうことが期待されます。ドル金利がついてきてくれれば追い風となります。当面5日移動平均線(113.70)を回復するのか注目したい。ストキャスティックスは依然として下向き。今週前半は無理なのかもしれません。

ユーロ/ドル:独GDPが良かったことがユーロ買いの理由付けにされているようです。シカゴ筋もユーロロングポジションを構築している。本格的にユーロロングを構築しているのか、短気筋同様な行動をしているのか見極めたい。最近の高値水準1.1000を本当に上回る相場になるのか注目したい。ストキャスティックスは上方基調の初期の段階と言えます。その意味でも今週前半はユーロ高の相場に終始するのかもしれません。

ポンド/ドル:先週木曜日BOEでは政策金利据え置き、資産購入プログラム現状維持で何も変化ない。そして来年の後半以降に利上げに踏み切る可能性があるとして、出口はまだ先であるとの市場思惑です。チャート的にも丘形成のようです。ポンド安の方向が中期的には見渡せます。5日移動平均線(1.2913)を明確に上回るかに注目したい。そしてボリンジャーバンドのミドルバンド(1.2849)を下回って行く方向ではないかと思います。

オセアニア通貨:共に下落基調がトレンドのようです。鉄鉱石価格を追いかけていると、依然として下落基調が強いように見える。対ドルで共に売られており、ドル高の影響が欧州、円以上に強いのではと思ってしまいます。RBAのRBNZも共に利上げには時間を要するようであり、現状維持の金融緩和政策ではと思います。

それでは。
Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 15時14分 パーマリンク


2017年05月11日(木)

視界良好の相場!

画像(180x101)・拡大画像(917x515)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!
やっとGWボケから立ち直りそうな私です。そして今日は良い天気。セミ・スローライフの私にとっては、余裕を持って金融市場に臨めます。保有投信の値洗いを眺めていたら、随分含み益が増えていることにニンマリです。長く保有している外貨投信ですが、25%以上価格上昇している。配当もあり、そして6月プライスダウンと言うことになるが、安心感があります。やはり長期投資は心理的負担が少なく、リスクの状態だけを把握していれば良い。高齢者の仲間入りをしたら、更にポジションを増やしたいと思います。さて、今回の写真は世界盆栽大会の写真です。この時期ならではの作品です。藤の花が見事に咲いている作品です。鮮やかな紫色の作品に、外国人盆栽家も一目を置いているようです。

フランス大統領選挙で、中道保守のマクロン大統領誕生、お隣韓国では文大統領誕生で、北朝鮮との融和が進むのではとの期待感から、ミサイル、核実験等の威圧が収まるのではと、昨今のリスク要因が次第に取り除かれつつある金融市場です。10年仏国債0.84%と落ち着いています。6月の国民議会選挙でどれだけマクロン大統領率いる政党が票を伸ばせるかが焦点のようです。ルペンおばさまの勢いが次第に衰退することを期待したい。EUは一帯でないといけないというのが私の見解です。英国はスイスの立場を大いに参考にすると良いのではと思います。北朝鮮情勢では、北の将軍様は、心理的異常をきたしてミサイル、核実験の指令を出すことには注意したい。その場合には一時的にリスク要因として意識される。現在の金融市場では利食い売りの格好の材料となります。そしてコミーFRB長官の突然と解任劇も格好な利食い売り材料にされているようです。

金利の動きで判断している私としては、最近では10年米国債の動きよりも、短期金利先物の動きを参考にしています。ユーロドル(3ヶ月物)12月限1.485%と、年内2回0.25%毎の利上げを織り込む水準にあるようです。1,40%まで下げた利回りが次第に上昇してきており、安心している。昨日はローゼングレン・ボストン連銀総裁が、今年後3回の利上げは妥当と語り、かなりタカ派と立場をとります。そしてバランスシートの縮小については、次回利上げ後に検討すべきとしている。6月14日に利上げとなると、この時期からバランスシート縮小を検討するということです。リスク要因がなければ、益々金利上昇の期待感が強まると言えます。ある金融メディア報道を眺めていたら、来年は対円でドルは130円方向を見据えてファンド筋が動いていると論説しています。眉唾ものですが、金利重視の私としては、ある程度納得します。シカゴ筋のポジションを見て、判断をしたい。日本は黒田さんが金融緩和路線堅持の姿勢ですから、日米金利差からは必然的に円安方向と言えます。それにどれだけ赤鬼のトランプ大統領が反撃に出てくるかと言った所ではないか。こちらも前段で述べた外貨投信でのんびりポジションを持ちたいと思っています。

金融市場を見ましょう。その他金融商品では、金価格が予想通り、リスク解消と共に下落してきている。原油価格はまだWTIでは50ドルを下回っている。そして鉄鉱石価格は下落と、豪ドル安の相場を後押ししている。ドルインデックスは99.65水準と心理的節目の100.00の一歩手前です。100.00を超えてくると大きな相場を期待したい。特に対ユーロでは。

ドル/円:下記は日足チャートです。3本並んだフィボナッチ分析が今回参考になりました。昨年11月3日安値と12月5日高値のドル高局面を基軸に取りました。見事に38.2%戻しがサポートになり、そして今回のリスク要因が取り除かれて、61.8%を上回って行きました。このまま12月8日高値の117.07水準を目指すドル高がメインシナリオとなります。現在はボリンジャーバンドの上限バンド(114.56)に沿ったバンドウォーク状態、サポートとして5日移動平均線(113.27)を下回る事態に注意したい。ストキャスティックスが高値圏に位置していることには注意。

画像(500x204)・拡大画像(950x388)

ユーロ/ドル:やっと本来の動きになってきました。ドル金利がFRBの6月利上げ観測の強まりと共に、ドル高がユーロ安相場を演出しそうです。シカゴ・ヘッジファンド筋はやっと枕を高くして眠れることとなります。5日移動平均線(1.0927)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドのミドルバンド(1.0820)方向に向かうのではと思います。そして90日移動平均線(1.0700)が中期的目標となります。

ポンド/ドル:メイ首相の頑張りの限界を迎えそうです。それを表現したポンド相場ではないかと思います。今日のBOEではBrexitで身動きできないから、政策金利0.25%据え置き、資産購入プログラム4,350億ポンド維持となり、大きな動きはないと思います。同時に発表される四半期インフレレポートの内容では、現状の英経済を熟読したい。チャート的にはローソク足を見ると、何となく丘形成です。ドル高方向を思えば、素直に対応したい。いずれにしろ、門外漢通貨です。

豪ドル/ドル:ドル高、資源価格下落の影響が強く、豪ドル安のトレンド継続となっています。5日移動平均線(0.7382)をレジスタンスに、ボリンジャーバンドの下限バンド(0.7342)に沿ったバンドウォークの様相になっている。素直に従いたい。

NZD相場:RBNZは政策金利1.75%に据え置きしました。予想通りです。市場は来年春には利上げに踏み切るのではとの観測があります。それに対して声明文では、金融政策はかなりの期間緩和的であり続けるであろうと述べてあります。やや利上げ観測が先延びされると解釈して、NZD安に振れている。また貿易加重為替レートが2月から5%程度下落し、この動きは勇気づけられるとしている。この表現もありNZD安示現となっている。チャート的に見ると、対ドルでは5日移動平均線(0.6900)からボリンジャーバンドの下限バンド(0.6831)まで窓を空けてNZD安となっている。今後ドル高の進行と共にもうしばらくNZD安方向が予想されます。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 12時16分 パーマリンク


2017年05月08日(月)

再び盛り上がるFRB利上げ素地!

画像(180x134)・拡大画像(950x712)

Hola!
Qué tal!
Muy bien, gracias!

ゴールデンウィーク期間中は皆さん十分休めましたでしょうか?私はサラリーマンではなく、自由に予定を決めることが出来るハーフスローライフの状態ですから、世の中のトレンドに合わせる必要はありません。しかし世の中GW状態ですから、休みに合わせる以外にないようです。静かな金融市場、私もGWを楽しみました。いろいろな所に顔を出しました。そしてこの時期、私の心の故郷、茨城県久慈郡にある大子町に行ってきました。今話題の茨城弁が飛び交う土地です。ゲルトクナッパー邸に1年ぶりに出かけました。新緑がまぶしい時期で、ご家族の方々とも再会し、のんびりとした時間を過ごすことが出来ました。将にリフレッシュですね。写真はクナッパー邸の写真です。

今朝は仏大統領選挙で、保守中道派のマクロン候補が、一番恐れていたルペンおばさんを破り、仏大統領に当選しました。かのナポレオン以来の若さでの当選です。はつらつとした爽やかイケメンのマクロン氏は、EUとのつながり重視の公約のようであり、金融市場には安心感が広がります。まさかのことは起こらず、予想通りの結果でもあります。3月のオランダ総選挙で、自己中の極右政党は正当化されなく、米大統領選挙から続く負の連鎖はほぼ断ち切ったようです。そしてこちらアジアでは、朝鮮半島情勢が際立ちますが、韓国の大統領選挙、そして米国と北朝鮮が水面下で交渉する事態になりそうであり、韓国の大統領選挙は不透明ながら、落ち着きを取り戻しつつあるようです。6月の英総選挙があるものの、次第に市場は6月14日のFOMCで利上げがあるのではとの観測が次第に盛り上がってくるのではと期待したい。金利重視の私は、ドル短期金利先物(3ヶ月物)12月限が丁度1.50%に位置します。3月の利上げ以来、利食いとリスク回避志向で、1.40%近辺まで利回り低下の動きになりましたが、やっと帰ってきたようです。下記はそのチャートです。昨年12月と3月の利上げ時とその後の動きが今後の参考になると思います。2回の利上げの反応は利食いの買い戻しが進むというのが12月以来の癖と言えます。そして今回の利上げ観測で、何回の波があり、そして緑の線水準にまで利回り上昇の動きとなります。98.345の水準です。利回りの引き直すと1.655%です。この水準までいろいろと波がありますが、結果的に到達するシナリオを描きます。そしてそれは、ドル高の動きになるのではと思います。それがメインシナリオとして堅持したい。

画像(500x418)・拡大画像(642x537)

金融市場を見渡しましょう。リスク回避の動きが収まりつつある過程と言えます。そして原油価格が低水準に位置する。WTIで46.22です。需給がダブつき、サウジが増産する姿勢を強めているのではとの観測があることによるものだ。景気回復が原油ひっ迫とはならないようです。テスラモーターなど電気自動車が増産体制にあるようであり、意外とガソリンが余り出す時代が近いのかもしれない。もう少し追いかけましょう。景気後退によるものでないことから、FRBの利上げ姿勢には関係なさそうです。ドルインデックスは98.65水準と依然としてドル安の方向に位置します。欧州通貨が対ドルでドル安方向に位置している要因が大きいようです。

ドル/円:ルペンリスクが解除され、北朝鮮情勢も落ち着き始め、リスク志向に向う過程にあるようです。素直にドル高の相場となっている。日銀の金融緩和姿勢堅持も後押ししているようです。ボリンジャーバンドの上限バンド(113.27)を追いかけるバンドウォークの相場になっている。ギャンスクエアでは111の非常に重要な節目を明確に上抜けしていることから、次の非常に重要な節目116の目指す動きに、FRB利上げ観測もあり、その方向であるのではと思います。サポートは5日移動平均線(112.35)と言えます。中期トレンドの指標90日移動平均線(112.73)を上回ってきていることには注目に値する。

ユーロ/ドル:ルペンリスクが取り除から、ユーロ高のセンチメントが高いと言えます。シカゴ筋は先週火曜日時点でユーロ・ネット・ショート1,653枚までポジションを縮小させている。今日時点ではむしろネット・ロングになっているのかもしれません。金利重視のシカゴ筋は大きくロングポジションを構築するとは思えないのですが。下記は日足チャートです。ルペンリスクの緑線を1.0860に引きました。ボリンジャーバンドの上限バンド(1.1080)水準とは相当にかい離している。今日は陰線であり、マクロン候補当選で利食い売りに出ていると言えます。FRBの姿勢を考えると大きくロングには傾けにくい事情があります。1.1000は心理的にかなり固いレジスタンスになると思います。サポートは5日移動平均線(1.0937)に注目したい。下段のストキャスティックスは高い位置にあります。こちらもやはり高値圏であり、反落する可能性が強いのではと思います。

画像(500x204)・拡大画像(950x388)

ポンド/ドル:メイショックが続いているようです。英地方選ではメイ首相率いる保守党が圧勝したようです。これで6月総選挙は益々メイ首相には追い風が吹いているようです。心理的にポンドが買われる素地があるようです。「往きはよいよい、帰りは恐い」状況が続いているのではと思います。ボリンジャーバンドの上限バンド(1.3121)とは相当にかい離があるようです。こちらもFRBの利上げ観測を全く織り込んでいないというチャートとなっています。シカゴ筋も先週火曜日時点でポンド・ネット・ショート81,364枚と少々焦りを見せてくるのではと推測します。

豪ドル/ドル:先週火曜日のRBAでは、政策金利据え置きの、現状の金融政策を変えないことがベストな政策と謳っている。中国景気も波乱がなく、経済拡大が期待されている。しかし鉄鉱石価格は低水準に位置する。原油価格も低く、資源国通貨の性格が強い豪ドル相場です。今後、FRBの利上げ姿勢が次第に明確になると、豪ドル安は今後も進むのではと思います。ボリンジャーバンドの下限バンド(0.7409)に沿った動きをするのではと思います。

NZD相場:GDTは昨年底固め、そして上昇のトレンドにあるようす。今日のNZ新聞を読むと、RBNZは来年3月頃利上げに踏み切るのではとの観測記事を目にしました。やはり中国経済依存の体質、今後利上げ観測が強まるのではと思います。しかし、豪ドル同様に、NZD安のチャートになっている。FRBの利上げ姿勢の方が、RBNZの利上げ姿勢よりも遥かに強く、中期的にはNZD安の方向ではと思います。

早くGWボケ解消したいと思っています。

Mucha suerte!

ケ・セラ・セラ

Posted at 16時01分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

国際金融アナリスト

水谷文雄

スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替及び金利・債券市場部門で活躍。1980年代の為替相場大変動期の為替市場を体験する数少ない為替ディーラー。ファンダメンタルズ分析、特に欧州諸国で強みを発揮し、テクニカル分析においても定評を得る。ほぼ全部門に精通する国際金融のプロフェッショナル。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、スペイン情報発信センターをインターネット上で主催。スペインと日本の文化・経済交流を夢見るロマンティストでもある。

活動状況・著書

スペイン情報発信センター
スペイン情報発信センター
スペインに関する様々な情報をコラムなどを交えながら紹介。

2017/5

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.