マーフィーの「日々是好日」
 

広告


“マーフィーの日々是好日”全記事バックナンバーはこちらから

2017年04月30日(日)

まずはチャート、それから・・・・ [雑感]

チャートは万能ではありません。チャートだけで、相場を完璧に予測出来るとは限りません。しかしながら、それを踏まえた上で断言出来ることがあります。それは、チャートなしではトレードは出来ないということです。

チャート(Chart)には様々な意味があります。(1)図、表、図表、グラフ、(2)海図、海岸線や水深などが記されている地図、(3)航空図、地形・航空路・空港などが表示されている地図、(4)天気図、気象図、(5)占星術の占星図、(6)音楽の楽譜などです。

(1)や(2)の意味はすぐに察しがつきますが、(6)は興味深いです。音楽の楽譜はまさにリズムであるからして、相場が一種のリズムであると理解するのは難くありません。音楽に秀でた才能の持ち主が、相場が上手であるのは充分に想像出来ることで、実際にそのような話が実在しています。

ところで、私は、普段から「ファンダメンタルズ」のことを「不安だメンタルズ」と表現することが多いです。トレードしていく上で、「ファンダメンタルズ」を最重視すると、メリットよりもデメリットが多く、結果が思わしくなくなるからです。

実は、私自身、相場の世界に入って最初の半年間で、トレーディング部門にて仕事を続けることが出来るかどうかの瀬戸際にあった時に、私を救ってくれたのは「チャート」でした。従って、現在の自分があるのは、ひとえにチャートとの出会いがあったからだと断言出来ます。

さらに、その後のトレーダー人生においても、チャートを継続的に研究し続けたからこそ、トレーダーとして生き残ることが出来たと思っています。確かに、大きく損失を出した時を思い出すと、全て、「ファンダメンタルズ要因、材料」に拘り、執着したことが原因だったからです。

そもそも、「ファンダメンタルズ」の拘ることの最大のデメリットは、「理屈」を先行させてしまうことです。この「理屈」は、相場に対して、ほとんど「後講釈」に近いものなのですが、「ファンダメンタルズ」要因に拘ると、相場が動いている最中にさえも、「理屈」を押し通そうとしてしまうという最悪の間違いを犯してしまうリスクが高まります。

相場は一旦動き出すと止まりません。相場は相場の都合で動いているからです。その相場に対して、あれこれ「理屈」を付けようとすると、どうしても無理が生じるケースが多く出てくるのです。動いてしまった相場に対しては、いかにもなるほどと言える「理屈」を付けることが出来ます。「屁理屈」であっても、相場を解説する上では好都合なわけです。

しかし、動いている最中の相場に対して「理屈」を押し通そうとすると、とんでもない結果になってしまいます。大事な資金を守るためにも、ぜひ、「ファンダメンタルズ」ではなく、チャートを勉強することをお勧めします。

尚、ファンダメンタルズ面からの「理屈」に対する拘りや執着心について、メンタル面のことを原因として挙げても良いのですが、一義的にはやはり「ファンダメンタルズ」そのものを重視することの結果だと考えています。

従って、まさに私自身の実体験に基づいて言えることだけに、私としては、特に、個人投資家の皆様に対して、大事な自己資金を投入されてトレードされるに際しては、第1に重点を置いて頂きたいのが「チャート」だとお伝えしたいのです。

あくまで「チャート」を踏まえた上で、はじめて、世の中で話題となっている「相場材料」を知っていることに越したことはないということです。何故上昇したのか、もしくは下降したのかの背景要因を、「相場材料」面から把握しておくと相場の動きを理解しやすいからです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 10時34分 パーマリンク


2017年04月27日(木)

「休むも相場」 [トレードの心得]

「休むも相場」は、別の表現では「迷わば休め」とも言います。

「休む」とは、文字通り休むと言う意味ではなく、一旦ポジションを手仕舞ってしまって、スクウェアにするけれども、その間、相場の動きを注意深く観察し、次なるチャンスを待つという意味合いです。

同様の表現に「待つは仁」という格言もあります。仁とは、博愛であり、いつくしみ、調和を意味しますが、焦らずじっとチャンスを待つことが出来る人徳です。

この「休む」ことの重要性は、相場が見えない時、分からない時に「休む」だけでなく、相場予測が的中して、大きな利益を得た時も「休む」ことが大切だということです。相場に入っていると、周りからは一見何もしていないように見えて、本人はあまりにも多くのことを考えているものです。決断しなければならないことが、刻一刻と無限大に押し寄せてくるわけです。

今現在の相場の位置がよく分からない時は、全てのポジションを手仕舞わないまでも、せめてサイズを減らして「休む」べきです。特に、利が乗ってこない時は、焦りが生じてしまいがちです。そんな時は、あまり無理をしても良い結果を生みません。それならば、虎視眈眈と情勢を見守りながら、次なるチャンスを待つべきです。

ここ最近は、北朝鮮絡みの地政学的リスクの高まりもあり、なかなかリスクの度合いが読めないタイミングでもあります。そのため、やはり、情勢を見守る姿勢が大事だと考えます。

また、相場で上手くいって大きな利益を確定した時なども「休む」ことは大事です。順調な時には、「いけいけどんどん」でさらに攻めたくなるものですが、私自身の経験では、上手くいったためしはあまりありません。むしろ、大儲けの後に、大やられした記憶があります。

とにかく、上手くいっている時も、上手くいっていない時も、「休む」ことの意味は大きいです。「もっともっと」と「はやる」気持ちを抑え、焦りを静めること、そして、チャンスは無限大に存在しているのだと自分に言い聞かせることが大事だと思います。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 13時59分 パーマリンク


2017年04月25日(火)

ドル円日足スーパーボリンジャー [マーケット]

画像(500x270)・拡大画像(950x514)

添付チャートは、ドル円相場の日足スーパーボリンジャーです。

遅行スパン(赤紫色ライン)は、ローソク足の下方を推移しており、引き続き、基調として、ドル売り優勢を示しています。

一方、日足終値は、−1σライン(下の緑色ライン)の上方を推移しており、調整の戻り上昇局面にあることを示しています。

すなわち、大局観として、基調としてのドル下落トレンドに変化ない中で、目先は、上昇バイアスを伴った、調整局面としてのドル上昇の流れの中にあると判断できます。

もちろん、目先、北朝鮮絡みの波乱要因を抱えている点は、常に念頭に置いておきたいところではあります。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 10時22分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2017/5

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.