マーフィーの「日々是好日」
 

広告


“マーフィーの日々是好日”全記事バックナンバーはこちらから

2018年05月23日(水)

儲けようとすると、逆に儲からないもの [トレードの心得]

以前、商売をテーマとして書かれた本にこんなことが書いてありました。

「儲けようとしないことが、一番儲かる。」
「お店をやっていくということは、目的はもちろん利益を上げるということです。」
「慈善事業でやっているわけではない。」
「ところが、儲けるためにやろうと思っている人は決して儲からないのです。」

といった類の内容でした。

要するに、「儲けはひとまずおいて、まず、お客さんに楽しんでもらおう、喜んでもらおう、満足してもらおうと思っていると、結果として儲かる」という趣旨のことが書かれてありました。

そして、世界は違うけれども、相場、トレードでも同じ次元のことが言えると思います。

つまり、相場と歩調を合わせよう、相場と仲良くなろう、相場と戦うことはやめよう、相場を楽しもうと思って相場と接していると、結果として、儲かるということです。

少々話は飛躍しますが、思うに、私達は、この世に生を受けることのそもそもの目的は、各人がそれぞれの学びをする為だと思います。

どの国に生まれようが、どのような境遇に育とうが、どのような職業につこうが、どのような経験を積もうが、その根本的な目的は1つだと思います。つまりは「学び」だということです。

そして、各人がそれぞれ全く異なる経験をしつつも、根本部分において、何かしら共通するものが流れている気がします。その1つの現れが、先ほど申し上げた「儲けようとすると儲からないもの、儲けようとしないと儲かるもの」ということだと思います。相場の世界でトレードを通じて、大いなる学びをしている、そんな気がしています。

そう言えば、今回の日大アメリカンフットボール部の不祥事ですが、相手の関西学院大学の選手に怪我を負わせてしまったとして、自ら顔を出し、実名でもって、謝罪会見を開いた宮川選手は、まったく保身に走らず、その結果として、多くの人々の納得、共感を得る結果となりました。

一方、日大アメリカンフットボール部の監督やコーチの記者会見は、どう考えても、保身に走っている姿として映りました。結果として、さらなる不信感を生んでいると思われます。

一事が万事ですが、それぞれの人間の器というか、人間性が大いに現れる出来事となっているように思われます。


■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 22時32分 パーマリンク


2018年05月16日(水)

先入観を持つことの怖さ [トレードの心得]

相場に入る時に危険なことは、事前に、先入観、つまりは、凝り固まった相場観を持ってしまうことだと思います。

凝り固まった相場観を持つと、どんな相場の動きを見ても、その相場観を前提に判断してしまうことになります。一例として、もし、凝り固まった「ベア」な相場観を持っていると、実際の相場が上昇トレンドにあるにもかかわらず、常に売りのチャンスに見えてしまいます。

そして、少し下げ始めると、自分の「ベア」な相場観にさらに自信を深めてしまいます。一方、仮に、自分が売ったレベルからさらに相場が上昇したとしても、ナンピンのチャンスとばかりにさらに売り増しする危険を冒してしまいます。

つまりは、凝り固まった相場観がベアであれば、どんな相場を見ても「売り」にしか見えないわけです。

現実に目の前で動いている相場を真正面から観察することが出来ないという事態はとても危険だと思います。冷静に、そして、客観的に判断する精神状態でない以上は、どのチャートを見ても、その凝り固まった相場観をベースに判断を下してしまうわけです。

私は、昔、「ファンダメンタルズ」に拘って相場観を持っていた当時は、上記のような過ちをよく犯していました。相場材料が「ファンダメンタルズ」であるわけですから、そう簡単に相場の方向が変化するとは考えられなくなってしまうわけです。また、ある権威ある方の相場観を信じてしまうと、それはそれで同様の結果となってしまいます。

大事なことは、目の前の相場を自分の尺度で、客観的に判断出来るようになること、そうすれば、たとえ間違ったとしても、すぐに修正が自分で出来るようになります。すなわち、自助努力がとても大切だということです。

ちなみに、ここで申し上げている「自分の尺度」というのは、やはり、「チャートに聞く」ということになります。俗に言う「テクニカル分析」と言ってしまうと、あまり響きは良くないですが、私なりには、科学的根拠に基づいた分析手法ということになります。

これは、つまり、私の場合、「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」「アクティベート時間分析」という、三種の神器に従った相場分析手法ということです。

自分自身の尺度が確立しているわけですから、自分で納得出来ることになり、その結果、方向転換も簡単に出来るようになります。そうすれば、相場観が凝り固まってしまうリスクは大きく減少すると思います。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 22時05分 パーマリンク


2018年05月06日(日)

待つことの大切さと難しさ [トレードの心得]

相場では、「待つこと」そして、「我慢すること」は実に大切であり、また、難しいものです。

すなわち、相場にトレンドが生まれるまで、じっと我慢して待つこと、そして、一旦、トレンドが生まれたら、いち早くトレンドに乗ること、さらに、そのトレンドが終了するまで、じっと我慢してポジションを持ち続けることです。

トレンドが発生するまで待つことはトレードでは重要な要素です。儲けたいという欲や焦りから、どうしても無理に手を出してしまいがちですが、これは良くないことです。やはり、トレンド発生を確認するまでじっと我慢することこそが成功の秘訣となります。

確かに、トレンドに乗ることは早いに越したことはありませんが、別に、いの一番に乗れなくても大丈夫です。しかしながら、一旦トレンドだと判断して乗ると、そのトレンドが終了したと判断されるまで乗り続けることが大事です。

もちろん、このことは並大抵のことではありません。実際問題、自分自身を振り返って、このトレンドに乗り続けることが一番難しいと実感しています。

つまりは、利食い幅を最大限に伸ばすことこそが、トレードでは最も難しい部分だと思います。既に評価益として数値の上では存在している利益を確定したい気持ちを抑え、トレンド終了の確認が出来るまで、ポジションを引っ張ることは、まさに修業に近いです。

というわけで、相場観では収益を伸ばすことは出来ないということになります。そこでは、心の状態が重要な要素だということです。メンタル面の鍛錬がなければ収益を伸ばすことは出来ないことになります。「待つこと」「我慢すること」の大切さは幾ら強調してもし過ぎることはなさそうです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 23時19分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2018/5

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.