マーフィーの「日々是好日」
 

2020年06月11日(木)

ドル円4時間足:スパンオートシグナルによるトレンド判断 [マーケット]

画像(500x391)・拡大画像(552x432)

添付チャートは、ドル円の4時間足をスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンオートシグナルです。

以下、直近の動きについての解説です。

<スーパーボリンジャー>

まず、スーパーボリンジャー部分ですが、本格下落トレンドと判断します。

判断根拠は、
1)遅行スパンが陰転継続中であること、
2)終値が−1σラインの下方で推移していること、
3)バンド幅が拡大傾向であること、
4)初動にて、終値が−2σラインの上方で引けたこと、
等々です。

尚、チャートをご覧の通り、現在、終値が−1σラインと−2σラインの間を推移しており、「巡航速度の本格下落トレンド」となっています。

今後の注目点は、反落した場合、終値が−1σラインを下回り続けるかどうかです。

すなわち、終値が−1σラインを下回り続けるかぎり、本格下落トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面に入る可能性が高まります。

<スパンモデル>

続いて、スパンモデル部分ですが、まず、背景色が、薄赤色に変化していることから、赤色スパンが陰転していることが見てとれます。

そして、終値が−1σラインと−2σラインの間にあることから、逆行パターンの買いサインとなっています。

また、赤色四角枠が出現しており、スパンモデルの売りシグナルが点灯していますが、終値が−1σラインと−2σラインの間に位置していることから、逆行パターンの買いサインが点灯しています。

猶予期間中の安値水準である106.95〜107.00円近辺が下値ポイント(サポート)となっており、終値が同ラインを下回ると、順行パターンの売りサインに変化しますが、同ラインの上方を推移するかぎりは、逆行パターンの買いサイン点灯継続となります。

以上から、価格を重視するスーパーボリンジャーはドル本格下落トレンドを示している一方で、時間を重視するスパンモデルは一旦は安値を付けやすい時間帯にあることを示唆しています。

このように、ブルとベア、両方のサインが出ている時は、終値と−1σラインとの位置関係を重視したいところです。

すなわち、終値が同ラインの下方を推移するかぎりは売り目線である一方で、終値が同ラインの上方で引けると、買い目線に変更することが推奨されます。

★★より詳しい解説等は、
「マーフィーの実践トレードコーチング」
を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/




Posted at 07時37分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2020/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.