マーフィーの「日々是好日」
 

2017年01月10日(火)

相場は分からなくてもOK!? [雑感]

あの一目均衡表の創始者である一目山人翁は、「相場というものは分からないものだという人は恐らく相場の真髄の分かった人でありましょう。」「もし、それを裏返せば、いつも相場は分かるという人は、あるいは、その時々の相場はわかるとしましても、相場そのものを分かっていない人ではないでしょうか。」(一目均衡表、完結編、P39)と仰っています。

相場を究め尽くした一目山人翁が仰る言葉だけに、意味は大変深いものと言えます。確かに、相場がいつも分かると言っている人がいるとすれば、それは相当に怪しい、疑われて当然と思っておいた方が無難かもしれません。

翁は、さらにこんな風に仰っています。「素人は儲けたことばかりを語り、玄人は損ばかりを語る。ことに玄人は儲けそこなったものまでも損したとして語る。そこが素人と玄人の根本的な違いである。」と。

ここで玄人や素人という区別は、プロの雇われトレーダーか個人投資家の違いという意味ではなく、投資経験がどの程度あって、収益をどの程度上げているかに依るものだと考えて良いと思います。事実、プロの雇われトレーダーにも多くの「素人」が存在し、個人投資家にも多くの「玄人」が存在しているからです。

確かに、相場で「常勝」というのは本来はなかなかあり得ない話であって、「常勝」を全面に出して誇大広告しているものは、「怪しい」と見なして良いと思います。「お金儲け」というのは、ほぼ万人に受ける、魅力的な言葉であるだけに、決して、だまされないように気を付けておく必要があります。

そもそも、「相場が分からない」ということは、すなわち、本当に相場が分かっているから言えることではないかと思います。分からないという点が何であるのかが分かることに意味があり、だからこそ、相場が分かるということです。実際の相場では、分からない時には、手を出すべきではないとも言えます。分からなかった相場に一筋の光が見えた時、相場に立ち向かっていけば良いということです。

より具体的に言うと、相場が往ったり来たり、保ち合い相場、膠着相場にある時は、分からないのが当然のことです。しかし、ある時、相場が放れるタイミングがあり、そのタイミング以降に、相場にトレンド性が生まれるとすれば、初めて、その相場の流れに乗っていけば良いということです。これが、つまり、相場は分からない時があって当然であり、逆に、その方が良いのだということの意味だと思います。

ところで、私は、自分の相場判断、トレード手法である「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」を用いることで、トレンド性に欠ける時とトレンド性の高まる時の区別、判断をすることに特に焦点を置いています。トレンドが発生するタイミングをどのように判断するかがトレード成功の秘訣だからです。

また、トレンド性のある相場からトレンド性に欠ける相場に変化するタイミングについても判断基準を設けています。そのことで、利が乗っている状況から変化するタイミングを把握することで、「めりはり」のついたトレードをするように心がけている次第です。

分かりやすい相場とそうでない相場の区別をすることは、イコール、トレンド性の強い相場とそうでない相場の区別と言い換えることも出来るわけで、この区別をどのようにして判断するかは最大の関心事となる、というわけです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。



Posted at 23時34分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2017/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.