マーフィーの「日々是好日」
 

2017年01月16日(月)

メンタルコントロールについて [トレードの心得]

トレードしていて大事な点は、心を平静にして、マーケットを冷静に判断し、柔軟、かつ、臨機応変に対応出来ることです。

そんなこと言われなくても分かっていると仰る方もいらっしゃるかもしれませんし、また、自分ではその大切さは分かってはいても、実際にどのようにメンタルをコントロールしたら良いのか、簡単には分からないものです。

と言うのも、トレードしている時は、自分が自覚しているよりも遥かに熱くなっているものです。相場を見ているようで見ていないものなのです。収益を上げたいという情熱があるのは良いことですが、相場に向かって熱くなるようなことは避けたいところです。

日頃トレードしていて、パソコン上などで、価格ボード上でチカチカと価格が変化していくのにどうしても気を取られてしまいがちです。1ティック、2ティックの変化にあまりに神経質になってしまうと、肝心な相場の動きを把握することが出来なくなってしまいます。

特に、ポジションを持って、じっと価格ボードばかりを見ていると、自分のポジションの評価損益がやたらと気になり、トレンドがどうなっているのか等の重大ポイントの確認がおろそかになるという危険があります。

私などは、自分では比較的冷静、沈着な人間だと思っていますし、長年に亘ってトレードしてきて、少々のことでは驚かないぞ、と言える自信めいたものはあるのですが、それでも、実際問題、平日、マーケットがオープンしている時に気が付かなかった重要なポイントに週末になって初めて気付くこともあるのです。

私の場合で言うと、平日、マーケットが動いている時には、トレードしたり、レポートを書いたりして、それこそ、心が忙しい状態になっているわけです。忙しいの「忙」という字は、心を亡くすと書きますから、まさに当てはまっていると思っています。

もっと冷静になって相場を観測することが出来れば、あのような失敗はしなくて良かったのに、と思うこともあります。結局は、自分が意識しているよりも、無意識に自分を追い込んでしまっていることが意外と多いということです。マーケットの中では、自分を失ってしまわないように、出来るだけ冷静に自分を見つめ、感情をコントロールしていきたいものです。

ところで、1つ、心を平静に保つ方法として、終値で判断するという習慣を付けておくことは大事です。私の相場判断、トレード手法は、ほとんどが終値時点で判断することを基本としています。日足なら、NY終値時点、60分足なら毎時ちょうどの時点、5分足なら5分毎の時点となるわけです。

私の「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」による判断も、そのほとんどが終値時点で行うことになります。その分、リスク許容度を上げておく必要はありますが、最大のメリットは、相場の正しい判断を行えることはもちろんですが、心を動揺させないことです。

その点、「終値」を待つことさえ覚えておくだでも、かなり効果があります。早い話が、「終値」が確定するまでは、少しの間でもマーケットのことを忘れても良いくらいだからです。もっとも、1分足や5分足であれば、それほどの余裕がありますが、それでも、意外に時間はあるものです。

単に「心を平静に保ちましょう」「心の管理をしましょう」と口で言うだけでなく、具体的にどのように対処すれば、「心を平静に保ち正しく判断すること」が出来るかが重要だと思うのです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。



Posted at 21時56分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2017/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.