マーフィーの「日々是好日」
 

2017年07月04日(火)

「感情」と「勘定」 [トレードの心得]

「感情」と「勘定」は相場をやっていて、いつも直面する問題です。

相場をやっていると、自己資金を元手に出来るポジションが相場の動きにさらされて評価益になったり評価損になったりする過程で、喜怒哀楽が生じます。まさに、心情の変化を伴うわけです。

そして、当然のことながら、金銭の動きが生じるだけに、常に「勘定」が付いてまわります。取引画面の一部には、ポジションの損益が時価評価で刻々と表示される為に、「勘定」が目に焼きつけられるわけです。

資金管理やポジション管理の重要性を執拗に目や耳にしているだけに余計に評価損益の数値を気にしてしまうのも当然かもしれません。そして、その度に、人間が本来持っている煩悩がもたげてきます。

問題となるのは、この煩悩というものは、相場を上手にさせてくれる方向ではなく、相場を下手にさせる方向に働く傾向があることです。つまり、利を伸ばして、損を限定させるという「利大損小」という目標とは逆向きに作用するわけです。

すなわち、利が乗ってくると早く利食いたくなり、損が生じると耐えてしまうのです。利が乗ると、その評価益を失いたくないという恐れの煩悩が働き、損が生じるとその評価損を実現させたくないという、やはり恐れの煩悩が働きます。

それらの恐れの感情を引き起こす要因として、「勘定」するという行為があるとも考えられます。「とらたぬ」などは、その典型的な例と言えましょう。「取らぬたぬきの皮算用」ですね。

つまりは、「勘定」が様々な「感情」を引き起こし、煩悩を生じさせ、その結果、「利大損小」といった理想のトレードスタイルを実現する上での妨げの要因となるわけです。本来はポジションのコストを忘れることが出来れば究極のトレードが出来ると思うのですが、なかなか現実的には難しいものです。頭で分かっていても実行するには難しいということですね。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。



Posted at 23時55分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2017/7

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.