マーフィーの「日々是好日」
 

2017年09月24日(日)

「トレード症候群」?! [トレードの心得]

「トレード症候群」とは俗に言う「ポジポジ病」のことです。常時、マーケットに入っていないと気が休まらない、いつもポジションを持ちたがる、いわば強迫観念に苛まれている状態のことを指します。

実は、私も雇われディーラーとして銀行でディーラーをやっていた頃は、この傾向は強かったと思います。早い話が、ディーラー予備軍など幾らでも存在しているので、そう言った競争相手に負けない為にも、常日頃から、ポジションを持ち続け、マーケットの中に入っていないと気が安まらなかったわけです。

それこそ、マーケットレートが見られない状態は気が気でなく、世の中で何が起こっているかもしれないと想像するだけでストレスを抱える状態であったとも言えます。

そして、相場で収益を上げるチャンスを失うのではないか、失わない為には、ポジションをもっていなければならないという強迫観念を持ち続けていた記憶があります。

当然のことながら、そのような精神状態では、相場を正しく客観的に観察することは難しくなります。まして、「チャート」など指標となるものを持ち合わせていないと、マーケットの雰囲気に負け、衝動にかられて、最悪のタイミングでポジションを持ってしまいかねません。

FXの世界に入ってこられる個人投資家の数も多いと聞きますが、ただ闇雲にトレードすることほど非生産的、非効率、さらには危険なものはありません。「相場はタイミングが全て」と言うように、相場観が良くても、相場に入るタイミングを間違えると、その後のポジション調整が後手に回ってしまって収益につながりにくい状況に陥ってしまいます。

それと、負けたトレードの損を取り戻そうと、力んでしまって無理をしてポジションを持ちにいく人もいますが、まさにマーケットの罠にハマってしまいかねません。「休むも相場」と言いますが、とにかく一旦は頭を冷やす必要があるということです。

もっとも、負けた時だけでなく、大きく勝った時も、一旦はマーケットから離れる余裕が欲しいところです。離れると言っても、観察はしていて良いわけです。相場は永遠になくならない、と言うくらいの心の余裕があれば、幾らでもチャンスは訪れます。

とにかく、ここぞと言うチャンスやタイミングで積極果敢にマーケットに入っていけるようにさせしておく心構えが大切です。「終着駅の次の駅」という表現があるように、相場は決して逃げずにそこで待っていてくれるわけですから・・・。

◆以下、お知らせです。

10月7日(土曜日)、大阪にて、「投資戦略フェア2017in大阪」が開催されます。

私は、「マーフィーの最強FX投資法」というテーマで講師を務めさせていただきます。

詳細はこちらをクリックしてください。

尚、以下のページから参加申し込みいただく方には、特典をご用意させていただきます。

  ↓  ↓

キャンペーン詳細ページ


■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。



Posted at 14時24分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2017/9

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.