マーフィーの「日々是好日」
 

2017年10月01日(日)

相場と格闘、喧嘩しないこと [トレードの心得]

「相場と格闘しない」「相場と友達になる」というのは、私が好む、もっとも口にするフレーズです。

しかしながら、現実問題、そう簡単なことではないことも自分自身でよく分かっています。それでも、目指すものはいつも高く掲げて、常に意識しておかないと、すぐに煩悩に負けてしまうと思っています。人間というのは実に弱い生き物だと痛感します。

実は、私自身そうなのですが、今現在、相場と友達にならずに相場と戦っているなと思う瞬間があります。自分では、間違っていると悟っているにもかかわらず、意地になっている時があるのです。

問題は、自分としては間違った行動をとっていると意識している中で、その間違った行動を受け入れたくなくなっているということです。このような状況がどういう時に生じるかと言うと、相場の雰囲気に呑まれている時です。

正しい判断をしているにもかかわらず、その正しい判断に従うことなく、当初の自分の相場観に固執してしまっている時がたまに起こり得るのです。その理由は一体何であるのか、考えてみると、実に悩ましいものです。自尊心かもしれませんし、意地かもしれませんし、単なる驕りかもしれません。

つまりは、人間本来の煩悩と言ってしまうと、逃げ口実のような気がするくらいであり、もっと浅はかなレベルの人間の欲かもしれません。

私自身が相場判断したり、トレード判断したりする際に、出来るだけ具体的な判断基準を設けている理由は、このような浅はかな自分の欲に打ち克つ為でもあります。「スパンモデル」のシグナルを青色や赤色のシグナルにしているのも、また、最重要の指標である遅行スパンの色を最も目立つ紫色にしているのも、全て、相場の変化を目に焼き付けるようにする為です。

そして、自分の心に嘘をつかせないように、火を見るよりも明らかなように工夫しているわけです。そして、遅行スパンには逆らわない、各ラインとの位置関係は終値確定時点で確認する等々のシンプルな「ルール」を幾つも設けるようにしています。それによって、「相場と格闘しない」「相場と友達になる」ことを実現出来るように努めている次第です。

◆以下、お知らせです。

10月7日(土曜日)、大阪にて、「投資戦略フェア2017in大阪」が開催されます。

私は、「マーフィーの最強FX投資法」というテーマで講師を務めさせていただきます。

詳細はこちらをクリックしてください。

尚、以下のページから参加申し込みいただく方には、特典をご用意させていただきます。

  ↓  ↓

キャンペーン詳細ページ


■スパンオートシグナルのご紹介

スパンオートシグナルのご紹介です。

スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。



Posted at 22時11分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2017/10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.