マーフィーの「日々是好日」
 

2018年02月13日(火)

マーケットは、私たちに何度も試練を与えにくる [トレードの心得]

タイトルの意味は何かというと、私達がトレードをしている時、マーケットは、私達のトレード能力を何度も試しにくるということです。言わば、私たちに試練を与えにくるということです。つまり、私達が自分の相場観でポジションを持っている時に、果たして、どこまで確固たる根拠に基づいてポジションを造成し、その後キープしているのかをテスト(試験)するわけです。

例えば、何となく市場の雰囲気を感じて半ば「勘」に近い感覚で持ったポジションの場合は、マーケットレートが少しでも自分のポジションに対して逆向きに動いてくると突如として不安になるものです。そして、自分のポジションのコストを割ってくると、自己嫌悪に陥ったり、市場のせいにしてみたり、急激にストレスが高まります。

そんな時、潔くロスカットをする人もいれば、自分のポジションに執着してしまう人もいます。いずれにしても、マーケットはこちらのトレード能力を試しにくるのです。

また、自分の相場観が結果として正しい場合でも、ポジション造成のタイミングから、利食いという果実を得るまでの間、そのポジションを振り落とそうとする動きがマーケットでは生じます。例えば、ロングポジションの場合、何度も、反落する場面が出現します。その度毎に、「ウィークハンド(弱く自信のない人)」はポジションを切らされる羽目になります。

後になって、「あの時のポジションは一体どこへ行ってしまったんだろう」と嘆くことは特段珍しいことではありません。つまり、相場観はたまたま正しいということはあっても、しっかりとした利食いという形で手仕舞いするまでの道のりは決して平坦ではないということです。

言い換えると、相場観ではトレードは出来ないということです。どうなれば買う、どうなれば売る、という「ルール」があって、それを自分の決断で淡々と下していくという、まさに「トレード技術」を持っている人だけが、結果として生き残ることが出来るわけです。

また、「トレード技術」を頭では分かっていても、実際の相場の動きの中で、自分の「ルール」を遵守出来るかどうかの精神力もテストされます。

そういった総合的なトレード能力を、マーケットは何度も試しにきます。そして、まるで市場の神様が私達のポジションを完璧に知っているのかと思えるほど、実に不思議なくらいマーケットは私達のポジションを揺さぶりにくるのです。

しかしながら、もし、自分の信念に基づいた確固たる「トレード技術」なり「トレードルール」があれば、そのような荒れ狂うマーケットの動きに呑みこまれる確率は小さくなります。

結局は、マーケット力学と自分のトレード能力との一騎打ちと言っても過言ではなさそうです。相場をやるとは、それほどの真剣勝負と言っても良いかもしれないということです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。



Posted at 11時08分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2018/2

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.