マーフィーの「日々是好日」
 

2018年08月28日(火)

「かもしれない運転」とトレード [トレードの心得]

「かもしれない運転」とは、実際に自動車を運転している最中に、交差点に差し掛かったら、車や人が突然飛び出してくるかもしれないと想定することで用心しながら運転することを指します。他の例では、スクールバスが前方に止まっていたら、いつ子供が飛び出してくるかもしれないと注意を払いながら運転することなどです。

この「かもしれない運転」を行うことで、交通事故を事前に防ぐことが出来る確率が格段に増すと言われています。とにかく、何か危険が起こり得る場所に差し掛かると、用心して運転するに越したことはないということです。

さて、まったく同じことがトレードでも当てはまると思います。普段、重要経済指標が発表になる時は、大きく動くかもしれないと、大概の人は用心をするものです。しかしながら、普段のマーケットにて、特に経済指標やイベントが予定されていないとマーケットの動きに関心を払わなくなることが多いものです。

そんな時でも、チャートにはいつも目をやっておきたいところです。つまり、重要サポートやレジスタンス近辺に相場が位置している時は、しっかりと目の前の動きに注意を払っておきたいものです。とりわけ、小動きになっている時こそ要注意です。

相場は小動きの後にこそ大きく動くものです。レンジ相場や揉み合い相場の局面では、市場参加者のポジションは積み上がりやすくなっていることから、相場変動エネルギーが溜まっている状態にあると言えます。

ボリンジャーバンドのバンド幅が収束している時などは良い具体例です。私は、とりわけ、「遅行スパン」を最重要視しているので、遅行スパンがローソク足に絡んでいる推移している時は、「かもしれない運転」を行うように努めています。

「かもしれない運転」を行っているからと言って、ポジションを持っているとは限りません。マーケットをウォッチしていること自体が「運転」となります。そして、ここぞというチャンス、タイミングでエントリーしていくことこそ大事です。

相場は色々なことを教えてくれるものだとつくづく思います。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。



Posted at 22時05分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2018/8

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.