マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2017年07月01日(土)

「あおいくま」とは [雑感]

「あおいくま」とは、
「あ」=あせるな(焦るな)
「お」=おこるな(怒るな)
「い」=いばるな(威張るな)
「く」=くさるな(腐るな)
「ま」=まけるな(負けるな)
ということです。

人生訓として「あおいくま」は知られているようですが、私は、相場にそのまま通じるものと思っています。相場はメンタル面が大事だとはよく言われますが、なかなか「言うは易し、行うは難し」であることは、私も含めて誰もが認めざるを得ないところです。

それだけに、頭では分かっているし、わざわざ人に言われなくても良いよ、と言いたいところなのですが、実際にトレードしていると、やっぱり同じことを繰り返している自分を見て情けなくなってしまうことも多いものです。その点、この「あおいくま」という語呂合わせの良い言葉を覚えておくと、ふと自覚した時に思い出しやすいので便利です。

尚、「あ」「お」「い」「く」「ま」それぞれについてポイントだけを書いてみると、「焦るな」は、まさにその通りであり、大した分析もせずに儲けようと焦ってポジションを作りにいくとろくなことはないということです。

「怒るな」は、たとえトレードが上手くいかなくても不平、不満を相場や友人にぶつけても仕方ないということです。「怒っている状態」は、相当、気が立っている時であり、正しい判断が出来にくい状態であり、トレードは控えた方が良いと思います。

「威張るな」とは、少し調子が良いと偉そうにすることです。しかし、このように有頂天になると、その後に大きな落とし穴が待っているものです。大きく利食った後は、トレードを休ん方が良いという所以です。

「腐るな」は、たとえ上手く運ばなくてもくよくよしても仕方ないということであり、少し反省をして次につなげることが大事だということです。全ては意味があって起こっているのだというくらいの泰然とした構えが大事でしょう。

「負けるな」とは、相場で負けるなと言っているのはなく、自分自身の欲望というか、煩悩に負けるなという意味だと解釈しています。

以上、「あおいくま」は便利な言葉だと思います。相場のみならず、実生活にても活かせるようです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 23時03分 パーマリンク


2017年04月30日(日)

まずはチャート、それから・・・・ [雑感]

チャートは万能ではありません。チャートだけで、相場を完璧に予測出来るとは限りません。しかしながら、それを踏まえた上で断言出来ることがあります。それは、チャートなしではトレードは出来ないということです。

チャート(Chart)には様々な意味があります。(1)図、表、図表、グラフ、(2)海図、海岸線や水深などが記されている地図、(3)航空図、地形・航空路・空港などが表示されている地図、(4)天気図、気象図、(5)占星術の占星図、(6)音楽の楽譜などです。

(1)や(2)の意味はすぐに察しがつきますが、(6)は興味深いです。音楽の楽譜はまさにリズムであるからして、相場が一種のリズムであると理解するのは難くありません。音楽に秀でた才能の持ち主が、相場が上手であるのは充分に想像出来ることで、実際にそのような話が実在しています。

ところで、私は、普段から「ファンダメンタルズ」のことを「不安だメンタルズ」と表現することが多いです。トレードしていく上で、「ファンダメンタルズ」を最重視すると、メリットよりもデメリットが多く、結果が思わしくなくなるからです。

実は、私自身、相場の世界に入って最初の半年間で、トレーディング部門にて仕事を続けることが出来るかどうかの瀬戸際にあった時に、私を救ってくれたのは「チャート」でした。従って、現在の自分があるのは、ひとえにチャートとの出会いがあったからだと断言出来ます。

さらに、その後のトレーダー人生においても、チャートを継続的に研究し続けたからこそ、トレーダーとして生き残ることが出来たと思っています。確かに、大きく損失を出した時を思い出すと、全て、「ファンダメンタルズ要因、材料」に拘り、執着したことが原因だったからです。

そもそも、「ファンダメンタルズ」の拘ることの最大のデメリットは、「理屈」を先行させてしまうことです。この「理屈」は、相場に対して、ほとんど「後講釈」に近いものなのですが、「ファンダメンタルズ」要因に拘ると、相場が動いている最中にさえも、「理屈」を押し通そうとしてしまうという最悪の間違いを犯してしまうリスクが高まります。

相場は一旦動き出すと止まりません。相場は相場の都合で動いているからです。その相場に対して、あれこれ「理屈」を付けようとすると、どうしても無理が生じるケースが多く出てくるのです。動いてしまった相場に対しては、いかにもなるほどと言える「理屈」を付けることが出来ます。「屁理屈」であっても、相場を解説する上では好都合なわけです。

しかし、動いている最中の相場に対して「理屈」を押し通そうとすると、とんでもない結果になってしまいます。大事な資金を守るためにも、ぜひ、「ファンダメンタルズ」ではなく、チャートを勉強することをお勧めします。

尚、ファンダメンタルズ面からの「理屈」に対する拘りや執着心について、メンタル面のことを原因として挙げても良いのですが、一義的にはやはり「ファンダメンタルズ」そのものを重視することの結果だと考えています。

従って、まさに私自身の実体験に基づいて言えることだけに、私としては、特に、個人投資家の皆様に対して、大事な自己資金を投入されてトレードされるに際しては、第1に重点を置いて頂きたいのが「チャート」だとお伝えしたいのです。

あくまで「チャート」を踏まえた上で、はじめて、世の中で話題となっている「相場材料」を知っていることに越したことはないということです。何故上昇したのか、もしくは下降したのかの背景要因を、「相場材料」面から把握しておくと相場の動きを理解しやすいからです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 10時34分 パーマリンク


2017年04月24日(月)

相場の世界では「頑張らない」方が良い!? [雑感]

相場の世界では、「がんばること」は逆効果です。自分のポジションが花開くように、相場が自分の思惑通りに動いてくれるよう、一心不乱に祈ることは、むしろ逆の結果を招いてしまいかねないのです。

このことは、「努力逆転の法則」というものです。「努力」すればするほど、逆効果につながるということです。心理学的な観点から言うと、この一心不乱に祈るという精神的状態は、自分の願望が、現実には存在していないことを潜在意識に刻み込んでしまうようなものだということです。自分の相場観通りに相場が推移し、「収益チャンスを得たい」と願えば願うほど、その望ましい状態が現実化する可能性が小さくなってしまうということです。

現実にどのような状況を示すかという1つの具体例を挙げてみましょう。

当初、ポジションを造成した時に自分のシナリオが、その後の相場展開によって、実現困難と判断出来る時に、いつまでも、自分の当初のシナリオに拘ってしまうことを「がんばる」と勘違いしてしまうことが挙げられます。

このことは、以前にお話ししたこともある「逆境に耐える」ことの一面でもあります。「逆境」などには耐える必要もなく、「がんばる」必然性などもはや存在していないにもかかわらず、踏ん張ってしまうのです。つまりは、「がんばること」が、逆に、望ましくない状況を創ってしまうわけです。

もちろん、何らかの根拠があって「がんばっている」のであれば、それはOKです。その判断根拠が崩れるまでは、忍耐力を活かして良いと思います。そう言う意味での「がんばり」は必要でもあります。

というわけで、根拠なき「がんばり」は出来るだけ避けたいものです。やらないようにしたいものです。自分を追い詰めてまでも、一心不乱に祈るなどをすると、精神にとっても良くないことです。その結果、相場を冷静、客観的に直視することも出来なくなるからです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 21時50分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2017/8

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.