マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2018年05月16日(水)

先入観を持つことの怖さ [トレードの心得]

相場に入る時に危険なことは、事前に、先入観、つまりは、凝り固まった相場観を持ってしまうことだと思います。

凝り固まった相場観を持つと、どんな相場の動きを見ても、その相場観を前提に判断してしまうことになります。一例として、もし、凝り固まった「ベア」な相場観を持っていると、実際の相場が上昇トレンドにあるにもかかわらず、常に売りのチャンスに見えてしまいます。

そして、少し下げ始めると、自分の「ベア」な相場観にさらに自信を深めてしまいます。一方、仮に、自分が売ったレベルからさらに相場が上昇したとしても、ナンピンのチャンスとばかりにさらに売り増しする危険を冒してしまいます。

つまりは、凝り固まった相場観がベアであれば、どんな相場を見ても「売り」にしか見えないわけです。

現実に目の前で動いている相場を真正面から観察することが出来ないという事態はとても危険だと思います。冷静に、そして、客観的に判断する精神状態でない以上は、どのチャートを見ても、その凝り固まった相場観をベースに判断を下してしまうわけです。

私は、昔、「ファンダメンタルズ」に拘って相場観を持っていた当時は、上記のような過ちをよく犯していました。相場材料が「ファンダメンタルズ」であるわけですから、そう簡単に相場の方向が変化するとは考えられなくなってしまうわけです。また、ある権威ある方の相場観を信じてしまうと、それはそれで同様の結果となってしまいます。

大事なことは、目の前の相場を自分の尺度で、客観的に判断出来るようになること、そうすれば、たとえ間違ったとしても、すぐに修正が自分で出来るようになります。すなわち、自助努力がとても大切だということです。

ちなみに、ここで申し上げている「自分の尺度」というのは、やはり、「チャートに聞く」ということになります。俗に言う「テクニカル分析」と言ってしまうと、あまり響きは良くないですが、私なりには、科学的根拠に基づいた分析手法ということになります。

これは、つまり、私の場合、「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」「アクティベート時間分析」という、三種の神器に従った相場分析手法ということです。

自分自身の尺度が確立しているわけですから、自分で納得出来ることになり、その結果、方向転換も簡単に出来るようになります。そうすれば、相場観が凝り固まってしまうリスクは大きく減少すると思います。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 22時05分 パーマリンク


2018年05月06日(日)

待つことの大切さと難しさ [トレードの心得]

相場では、「待つこと」そして、「我慢すること」は実に大切であり、また、難しいものです。

すなわち、相場にトレンドが生まれるまで、じっと我慢して待つこと、そして、一旦、トレンドが生まれたら、いち早くトレンドに乗ること、さらに、そのトレンドが終了するまで、じっと我慢してポジションを持ち続けることです。

トレンドが発生するまで待つことはトレードでは重要な要素です。儲けたいという欲や焦りから、どうしても無理に手を出してしまいがちですが、これは良くないことです。やはり、トレンド発生を確認するまでじっと我慢することこそが成功の秘訣となります。

確かに、トレンドに乗ることは早いに越したことはありませんが、別に、いの一番に乗れなくても大丈夫です。しかしながら、一旦トレンドだと判断して乗ると、そのトレンドが終了したと判断されるまで乗り続けることが大事です。

もちろん、このことは並大抵のことではありません。実際問題、自分自身を振り返って、このトレンドに乗り続けることが一番難しいと実感しています。

つまりは、利食い幅を最大限に伸ばすことこそが、トレードでは最も難しい部分だと思います。既に評価益として数値の上では存在している利益を確定したい気持ちを抑え、トレンド終了の確認が出来るまで、ポジションを引っ張ることは、まさに修業に近いです。

というわけで、相場観では収益を伸ばすことは出来ないということになります。そこでは、心の状態が重要な要素だということです。メンタル面の鍛錬がなければ収益を伸ばすことは出来ないことになります。「待つこと」「我慢すること」の大切さは幾ら強調してもし過ぎることはなさそうです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 23時19分 パーマリンク


2018年03月17日(土)

「ナンピン」の心理的背景 [トレードの心得]

俗に言う「ナンピン買い」「ナンピン売り」を行う際の心理的背景について考えてみたいと思います。ただし、ここでは、否定的な意味合いでの「ナンピン」を扱います。つまり、私は肯定的な意味合いの「ナンピン」もあると考えるからです。

まず、「ナンピン買い」とは、既に買ってある買い(ロング)ポジションのコストを薄める為に、既に買った時のレベルより安い価格にて、追加で買うことです。既にあるポジションは評価損を抱えている中で、追加のポジションをより安く買うことで見た目のコストを「改善」する目的で行う行為です。「ナンピン売り」は売り方向のケースです。

元々、株式市場にて使われた手法として広まったために、買い方向のケースが一般的であったようですが、FXの場合は、売り買いに拘らず、コストを薄める目的に利用される方法と言えましょう。

さて、問題となる「ナンピン買い(売り)」の心理的背景はと言うと、2つのポイントがあると私は考えます。1つは、自分がミスを犯したことを認めたくないという、人間本来の「エゴ」です。間違った判断で買ったことに気付いた時に、損失を出してポジションを手仕舞うことは精神的苦痛を伴うから、損切りをしたくないということです。

逆に少しでも、利食いをすることが出来れば良い気分になることから、その利食いのチャンスをより得やすくする目的で、見た目のコストを改善しようとします。それが「ナンピン」という行為を生むわけです。

2つ目のポイントは、人は、既に払ったコストを過大評価する傾向にあるということです。このコストが大きいと感じる為に、既に評価損を抱えているポジションを放棄したくないのです。放棄して手仕舞う代わりに、同方向の追加取引を行うことで、まさに言葉通り、コストを薄めようとするわけです。

上記のような行為は、客観的に考えて、非合理的と判断出来るにもかかわらず、心情的には止めることが難しいという側面があります。つまり、一般的に言って、人間とはそれほど弱い精神構造を持っているということです。

結局、私達は人間らしく振舞おうとすればするほど、上手くトレード出来ないということかもしれません。トレードを難しくしているのは、実は、私達の中にある弱い心そのものが原因だと思うのです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 21時20分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2018/5

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.