マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2020年01月09日(木)

ドル円相場日足:スパンモデルによる相場力学チェック [トレードの心得]

画像(500x396)・拡大画像(551x437)

添付チャートは、ドル円日足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

以下、四角枠内の直近の動きについて、幾つかの注目すべきポイントを列挙します。

1)1月3日に大きく下落しかけたタイミングにて、売りシグナルと赤色スパンが陰転し、終値が−2σラインを下回ったこともあり、本格下落トレンド入りの兆候が現れた。

2)しかしながら、翌1月6日に、終値が−2σラインの上方で引けたことで、逆行パターンの買いサインが点灯。さらに、その翌日も、終値が−2σラインの上方で引けたことで、逆行パターンの買いサイン点灯継続となった。

3)そして、昨日の大きな上昇に変化していった。尚、この間にて、21遅行スパンとローソク足の「同期生」に注目しておきたい。すなわち、ここ最近、21遅行スパンとローソク足の上げ下げのリズムに大いなる相関性が見られる。そして、結局のところ、昨日のドル円相場の上げは、この21遅行スパンが上昇傾向になるローソク足の影響を受けたものと読み取ることができる。

4)米イラン間の緊張を背景に中東情勢のリスク高まりから一旦は円高に振れたものの、大きく反発した背景は、やはり、いつものことながら「相場力学」が最大の要因であったと想定できる。

★★より詳しい解説等は、
「マーフィーの実践トレードコーチング」
を参考にされてください。

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

Posted at 07時49分 パーマリンク


2019年03月04日(月)

相場と友達になること [トレードの心得]

心理カウンセラーで著名な衛藤信之 さんが、「笑顔の福笑いの人生を過ごせるためには、自分が安定することが大切。」そして、「人生を笑って平常心でいられる為には、人生と仲良くなること。」という趣旨のことを仰っています。

この「人生と仲良くなること」は、私がライフワークとして取り組んでいる相場においても全く同じことが当てはまります。

つまり、「相場と仲良くなること」です。

相場で収益を上げて経済的幸福を得るためには、相場と喧嘩せず、相場と仲良くなることが大切というのは私のかねてからの持論でもあります。

セミナーやマーケットレポート、そして、書籍「マーフィーの最強スパンモデルFX投資法」 の中でもこの点に触れるように努めています。まさしく、「相場と友達になることが勝利の秘訣」と正直思うからです。

ここで「勝利」という表現が現れましたが、相場では、戦うというイメージがどうしても付きまとう傾向にあります。致し方ない面はありますが、奥深いところでは、戦ってはいけないということです。

禅問答のようですが、相場のリズムに合わせて自分も踊るというイメージがより理想に近いと思います。

衛藤さんも、「人生と仲良くとは、人生で出会う人々と敵対しないことです。」と仰っています。実際、相場においても、相手である相場と敵対すると、結果は悪い方に向かってしまいます。

相場をやっていて、時に熱くなることはあるのですが、上記のことを、心して、自分に言い聞かせるようにしています。

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@を始めました。

以下より登録できます。
https://www.span-model.com/line/


このラインは、基本的には、有料会員様向けとなっていますが、ラインの内容は、リアルタイムに発信しているため、たとえ、 会員の方でなくても、今、どの通貨ペアがホットな動きとなって いるかとか、注目のタイミングであるかを知ることが出来ます。

ぜひ、有効活用していただけますと幸いです。
尚、有料会員様になるためのページは以下をご参考にされてください。
https://www.eagle-fly.com/mur/


■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 14時32分 パーマリンク


2018年08月28日(火)

「かもしれない運転」とトレード [トレードの心得]

「かもしれない運転」とは、実際に自動車を運転している最中に、交差点に差し掛かったら、車や人が突然飛び出してくるかもしれないと想定することで用心しながら運転することを指します。他の例では、スクールバスが前方に止まっていたら、いつ子供が飛び出してくるかもしれないと注意を払いながら運転することなどです。

この「かもしれない運転」を行うことで、交通事故を事前に防ぐことが出来る確率が格段に増すと言われています。とにかく、何か危険が起こり得る場所に差し掛かると、用心して運転するに越したことはないということです。

さて、まったく同じことがトレードでも当てはまると思います。普段、重要経済指標が発表になる時は、大きく動くかもしれないと、大概の人は用心をするものです。しかしながら、普段のマーケットにて、特に経済指標やイベントが予定されていないとマーケットの動きに関心を払わなくなることが多いものです。

そんな時でも、チャートにはいつも目をやっておきたいところです。つまり、重要サポートやレジスタンス近辺に相場が位置している時は、しっかりと目の前の動きに注意を払っておきたいものです。とりわけ、小動きになっている時こそ要注意です。

相場は小動きの後にこそ大きく動くものです。レンジ相場や揉み合い相場の局面では、市場参加者のポジションは積み上がりやすくなっていることから、相場変動エネルギーが溜まっている状態にあると言えます。

ボリンジャーバンドのバンド幅が収束している時などは良い具体例です。私は、とりわけ、「遅行スパン」を最重要視しているので、遅行スパンがローソク足に絡んでいる推移している時は、「かもしれない運転」を行うように努めています。

「かもしれない運転」を行っているからと言って、ポジションを持っているとは限りません。マーケットをウォッチしていること自体が「運転」となります。そして、ここぞというチャンス、タイミングでエントリーしていくことこそ大事です。

相場は色々なことを教えてくれるものだとつくづく思います。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

■スパンオートシグナルのご紹介
スパンオートシグナルのご紹介です。
スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

Posted at 22時05分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2020/1

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.