マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2017年01月16日(月)

メンタルコントロールについて [トレードの心得]

トレードしていて大事な点は、心を平静にして、マーケットを冷静に判断し、柔軟、かつ、臨機応変に対応出来ることです。

そんなこと言われなくても分かっていると仰る方もいらっしゃるかもしれませんし、また、自分ではその大切さは分かってはいても、実際にどのようにメンタルをコントロールしたら良いのか、簡単には分からないものです。

と言うのも、トレードしている時は、自分が自覚しているよりも遥かに熱くなっているものです。相場を見ているようで見ていないものなのです。収益を上げたいという情熱があるのは良いことですが、相場に向かって熱くなるようなことは避けたいところです。

日頃トレードしていて、パソコン上などで、価格ボード上でチカチカと価格が変化していくのにどうしても気を取られてしまいがちです。1ティック、2ティックの変化にあまりに神経質になってしまうと、肝心な相場の動きを把握することが出来なくなってしまいます。

特に、ポジションを持って、じっと価格ボードばかりを見ていると、自分のポジションの評価損益がやたらと気になり、トレンドがどうなっているのか等の重大ポイントの確認がおろそかになるという危険があります。

私などは、自分では比較的冷静、沈着な人間だと思っていますし、長年に亘ってトレードしてきて、少々のことでは驚かないぞ、と言える自信めいたものはあるのですが、それでも、実際問題、平日、マーケットがオープンしている時に気が付かなかった重要なポイントに週末になって初めて気付くこともあるのです。

私の場合で言うと、平日、マーケットが動いている時には、トレードしたり、レポートを書いたりして、それこそ、心が忙しい状態になっているわけです。忙しいの「忙」という字は、心を亡くすと書きますから、まさに当てはまっていると思っています。

もっと冷静になって相場を観測することが出来れば、あのような失敗はしなくて良かったのに、と思うこともあります。結局は、自分が意識しているよりも、無意識に自分を追い込んでしまっていることが意外と多いということです。マーケットの中では、自分を失ってしまわないように、出来るだけ冷静に自分を見つめ、感情をコントロールしていきたいものです。

ところで、1つ、心を平静に保つ方法として、終値で判断するという習慣を付けておくことは大事です。私の相場判断、トレード手法は、ほとんどが終値時点で判断することを基本としています。日足なら、NY終値時点、60分足なら毎時ちょうどの時点、5分足なら5分毎の時点となるわけです。

私の「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」による判断も、そのほとんどが終値時点で行うことになります。その分、リスク許容度を上げておく必要はありますが、最大のメリットは、相場の正しい判断を行えることはもちろんですが、心を動揺させないことです。

その点、「終値」を待つことさえ覚えておくだでも、かなり効果があります。早い話が、「終値」が確定するまでは、少しの間でもマーケットのことを忘れても良いくらいだからです。もっとも、1分足や5分足であれば、それほどの余裕がありますが、それでも、意外に時間はあるものです。

単に「心を平静に保ちましょう」「心の管理をしましょう」と口で言うだけでなく、具体的にどのように対処すれば、「心を平静に保ち正しく判断すること」が出来るかが重要だと思うのです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 21時56分 パーマリンク


2017年01月04日(水)

「捨てること」の大切さ [トレードの心得]

皆さま、新年明けましておめでとうございます!!
どうぞ今年もよろしくお願いいたします〜

さて、いきなりですが、今の世の中、「断捨離」という言葉はかなりの程度浸透してきていますが、相場の世界においても、やはり、「捨てること」は大変重要なことであり、大切です。

例えば、「腐ったポジション」です。「腐ったポジション」とは、大幅な評価損を抱えたポジションのことを意味します。当初、このポジションを造成した時には、それなりに自信のある相場観に従って、最適と判断出来るタイミングにて出来上がったはずです。

ポジションを造る際に自分が苦労して情報を集めたことや、やっとのことでタイミング見計らってポジションを造ったことなどが思い出されてきて、なかなか「腐ったポジション」をカット出来ない自分がいるわけです。

確かに、誰も、自分の虎の子の資金を使って、いい加減なポジションの作り方はしないと思われます。ですから、きっと、今は「腐ったポジション」であっても、いざ、それを手仕舞いするとなると、躊躇するのでしょう。自分が精魂かけて造ったポジションだけに、かわいいと思うわけです。

しかし、既に、マーケットの状況は、ポジションを造った時とは大きく変化しています。当初に持った相場観も今や、誤ったものであることが判明していることが大半でしょう。

それでも、その「腐ったポジション」に執着し、手仕舞、つまりは「捨てる」ことが出来ない状況に陥ってしまっていることを直視しなければなりません。敢えて、新たな現実から目を背けて、見て見ぬ振りをすることは、まさに自殺行為です。トレーダーとしては、失格ということです。

このような状況でこそ、「捨てること」を断行する必要があります。「捨てること」で、次なる展望が見えてきます。一旦クリアーして、スタート台に戻り、新たな相場観に基づいて、新規にポジションを造成すれば良いわけです。

そして、「捨てた」ポジションのことは悔まないことです。一気に忘れることです。そのことで、「捨てられた」ポジションが新たなポジションに生まれ変わることが出来るとも言えます。「腐ったポジション」を捨てたお陰で、大きな収益をもたらしてくれる「生きたポジション」が誕生するかもしれないのです。

年初から、「相場における断捨離」の話をしてしまいましたが、ここぞというタイミングを逃さないためにも、普段から、余計なポジションは持たないようにする習慣をつけていくことが大事だということをお話しさせていただきました。「腐ったポジション」をいつまでも持っていると、肝心なタイミングで躊躇してしまうからです。

何はともあれ、今年も楽しくトレードしていきたいと思います。(^^)

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 23時14分 パーマリンク


2016年12月19日(月)

あれもこれもより、あれかこれか。 [トレードの心得]

トレードをしていると、「あれもこれも」と、欲張ってしまう人がいます。実は、私も昔はそうでした。だから、「あれもこれも」と欲張る人の気持ちが良く分かります。

FXを初めてトレードする時は、ほとんど知識がないこともあって、テクニカル分析も1つか、せいぜい2つ程度しか見ていなかったにもかかわらず、しばらくすると、あれこれ勉強し始め、「あれもこれも」と手を広げてしまう傾向があるようです。

実際、私も、邦銀ニューヨーク支店で、外国為替相場を初めてトレードした時に覚えたテクニカル分析は、ポイントアンドフィギャー(P&F)と移動平均線だけでしたが、その後は、もっとより多くのテクニカル分析をということであれこれ本を読んだのを覚えています。

そして、実際の相場を追っている時にも、このテクニカル分析では買いだけど、あのテクニカル分析では売りなんだよな、と言う風に、迷路に入ってしまうのです。

これでは、咄嗟の判断を要求されるFXにおいては、間に合わないどころか、全く役立たないことになってしまいます。最悪のケースでは、自分のポジションの都合に合わせてテクニカル分析を見てしまうようになり、「言い訳探し」の為のツールに堕してしまいかねません。

特に、FXでは、この「咄嗟の判断」に加えて、「タイミングこそ全て」と言うくらい、時間との戦いとなります。少し躊躇すると、あっという間にタイミングを失ってしまい、相場に乗り遅れてしまうのです。

もちろん、これは、デイトレードについての話ですが、日足ベース等、長めの期間のトレードにおいても考え方は同じです。あれもこれもと欲張っているうちに、肝心なタイミングにて乗じるチャンスを失ってしまうわけです。

つまり、「シンプル・イズ・ベスト」と言う言葉ある通り、自分が依って頼りにするテクニカル分析は極力絞った方が良いということです。もちろん、正しい分析手法を選択し、正しく学ぶことを前提とした話ではあります。

尚、上記のことは、別にテクニカル分析に限ったことではなく、ファンダメンタルズ分析に関しても同様です。もっとも、ファンダメンタルズ分析の場合は、常に、買い材料と売り材料が共存していますので、自分のポジションを正当化する為の「口実」に使われてしまうリスクが高まるという問題があります。

そして、挙句の果てには、袋小路に入り込み、ストレスを溜めこむという最悪の事態に陥りかねません。まさに、百害あって一利なし、ということです。私が「ファンダメンタルズ」のことを「不安だメンタルズ」と呼ぶ所以です。

とにもかくにも、「あれもこれも」から早く脱出して、「あれかこれか」の域に達することをお勧めします。さもないと、トレード成果が出ないことはもちろん、精神的にも参ってしまうことになりかねないからです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 23時43分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2017/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.