マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2015年06月15日(月)

相場を行う上での心構え15カ条 [トレードの心得]

以下に、相場を行う上での「心構え」について15カ条として主だったものをまとめてみました。

言うは易し、行うは難しですが、それでも知らないよりは知っていることの方が遥かにベターです。実際のトレードでは、如何にして実践に生かすかがテーマとなります。

日頃利用するトレード手法も、以下の15カ条を踏まえた形で出来あったものであるのが理想です。それにしても、相場とは人間性そのものへの挑戦とも言うべきものかもしれません。煩悩との戦いとも言い換えることが出来そうです。

ただし、決して相場と戦ってはいけません。戦う相手はあくまで自分自身です。「相場と友達になること」が最も大切です。

■相場を行う上での心構え15カ条

1)ロス・カットは柔道でいう「受け身」。
  損切りが出来て始めて市場に参加出来る。

2)コストにこだわるな。
  自分が最初に作ったポジションのコストにこだわると、損切りが遅れる。

3)利食いは「腹5分め」。
  生身の人間は皆、過度に結果を期待するもの。相場は“煩悩”との戦い。

4)相場は繰り返す。
  同じような相場の動きはよくあるもの。過去のパターンを思い出せ。

5)市場のクセをつかめ。
  それぞれの時期には特徴的な動きをよくするもの。

6)熱くなるな。
  相場に情熱は必要だが、冷静さはさらに重要。

7)ポジションのサイズは控えめに。
  過去の大物相場師の多くは過大なポジション保有で大損した。

8)自分の勝ちパターンをつくれ。
  相場で勝ち続けるには自分独自の売買方針を構築する必要あり。

9)見栄をはるな。
  所詮自分の力(資力)の範囲でしか相場には勝てない。

10)逆境に耐えることよりも、順境に打ち克つことにエネルギーを使え。
   アゲインストのポジションを抱えるよりフェイバーなポジションの管理に注力。

11)大きく利食った後は休憩せよ。
   大儲けした後は往々にして大損するもの。

12)相場にはロング、ショート以外に“スクエアーというポジション”もある。
   買ったり、売ったりするだけでなく、ポジションをゼロにする勇気をもて。

13)何か不安になったら、一旦ポジションを減らすか、なくせ。
   投資家は思いつめてはいけない。ポジションなんていつでもとれる。

14)大半の情報は百害あって一利なし。
   どこでも手に入る情報は完全に市場に織り込まれているもの。

15)8割当てる相場師はめったにいないが、8割はずす相場師はごろごろいる。
   大半のディーラーはせいぜい収支トントン。市場の大勢に流されるな。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 20時28分 パーマリンク


2015年06月14日(日)

「あおいくま」について [トレードの心得]

「あおいくま」とは、
「あ」=あせるな(焦るな)
「お」=おこるな(怒るな)
「い」=いばるな(威張るな)
「く」=くさるな(腐るな)
「ま」=まけるな(負けるな)
ということです。

人生訓として「あおいくま」は知られているようですが、私は、相場にそのまま通じるものと思っています。相場はメンタル面が大事だとはよく言われますが、なかなか「言うは易し、行うは難し」であることは、私も含めて誰もが認めざるを得ないところです。

それだけに、頭では分かっているし、わざわざ人に言われなくても良いよ、と言いたいところなのですが、実際にトレードしていると、やっぱり同じことを繰り返している自分を見て情けなくなってしまうことも多いものです。その点、この「あおいくま」という語呂合わせの良い言葉を覚えておくと、ふと自覚した時に思い出しやすいので便利です。

尚、「あ」「お」「い」「く」「ま」それぞれについて、ポイントだけを書いてみると、「焦るな」は、まさにその通りであり、大した分析もせずに儲けようと焦ってポジションを作りにいくとろくなことはないということです。

「怒るな」は、たとえトレードが上手くいかなくても不平、不満を相場や友人にぶつけても仕方ないということです。「怒っている状態」は、相当、気が立っている時であり、正しい判断が出来にくい状態であり、トレードは控えた方が良いと思います。

「威張るな」とは、少し調子が良いと偉そうにすることです。しかし、このように有頂天になると、その後に大きな落とし穴が待っているものです。大きく利食った後は、トレードを休ん方が良いという所以です。

「腐るな」は、たとえ上手く運ばなくてもくよくよしても仕方ないということであり、少し反省をして次につなげることが大事だということです。全ては意味があって起こっているのだというくらいの泰然とした構えが大事でしょう。

「負けるな」とは、相場で負けるなと言っているのはなく、自分自身の欲望というか、煩悩に負けるなという意味だと解釈しています。

以上、「あおいくま」は便利な言葉だと思います。相場のみならず、実生活にても活かせそうです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 23時06分 パーマリンク


2015年06月09日(火)

ドル円=60分足スーパーボリンジャー [マーケット]

画像(180x98)・拡大画像(950x522)

添付チャートは、17時45分現在のドル円60分足スーパーボリンジャーです。(チャート内をクリックすると拡大します)

ご覧のとおり、

1)遅行スパンはローソク足の下方を推移しており、陰転継続中です。

  つまり、ドル売り優勢を示しています。

2)60分足終値は、センターラインに抑えられる格好で推移しています。

  つまり、マイナス1シグマラインの上方で引ける場面も見られる一方で、センターラインに抑えられる
  格好で推移しており、ドル緩やかな下落トレンドと判断できます。

3)マイナス3シグマラインの向きが下落傾向からフラット傾向となっており、ドル底固さを示唆している
  のが見てとれます。

以上から、ドル円相場は、60分足にて、総じて、ドル緩やかな下落トレンド継続中と判断します。


■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 17時48分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2015/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.