マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2017年08月13日(日)

「しまったは手仕舞え!」の具体例 [トレードの心得]

「しまったは手仕舞え!」は大変有名な相場格言です。有名ということは、わかってはいるけれども、実際にはなかなか出来ないからとも言えます。

格言の意味は、相場が自分の予測と違った方向に推移し始めると、出来るだけ早くポジションを手仕舞うことが大事だということです。当初のシナリオとは違った展開となったわけですから、それに気が付いた時点でいち早く撤退することが肝要という意味です。

しかしながら、やはり、言うは易し、行うは難しであり、どの時点で、「しまった」と判断するかが最大のポイントとなります。この判断基準があるかないかが決定的な違いとなるわけです。判断基準があるとした上で、あとは、決断力なり、メンタル部分に移行するわけです。

さて、それでは、この「しまった」という判断基準ですが、私が普段用いている方法を、以下に、少しだけ具体例を挙げてご紹介しておきたいと思います。下記の具体例は、基本的に、それまでのトレンドが転換するするタイミングにて生じるサインなり兆候と捉えて頂くと分かりやすいと思います。

1)陽転していた遅行スパン、もしくはローソク足に絡んでいた遅行スパンが陰転した時

2)陰転していた遅行スパン、もしくはローソク足に絡んでいた遅行スパンが陽転した時

3)上昇トレンドにおいて、実勢レベル終値がサポートゾーン上限ライン(青色スパン)を下回って引けた時(スパンモデル)

4)下降トレンドにおいて、実勢レベル終値がレジスタンスゾーン下限ライン(青色スパン)を上回って引けた時(スパンモデル)

5)上昇トレンドにおいて、実勢レベル終値がプラス1シグマラインを下回って引けた時(スーパーボリンジャー)

6)下降トレンドにおいて、実勢レベル終値がマイナス1シグマラインを上回って引けた時(スーパーボリンジャー)

上記は、私が、「しまった」と判断する時の基準となる「ルール」の代表例です。このように、具体的な判断基準があるかどうかが、トレードでは極めて大事な要素だということです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 21時15分 パーマリンク


2017年08月08日(火)

「直感」も時には大切!? [トレードの心得]

相場をやっているとよく起こることですが、「直感」が閃くことがあります。「何となく上がりそうだなあ」だとか、「何となく上値重いなあ」といった感覚です。

これは、まさに、「嗅覚」と言うか、「相場勘」と言って良いものです。これらを全て「相場観」と分類してしまうには無理がありますので、違いを感じ取って下さい。

普通にFXなどをトレードしていると、この「直感」「嗅覚」「相場勘」が沸いてくることが多いもので、中には、これだけでトレードしている人も多いと思われます。そこには、論理的思考がない為、ある意味、楽ちんではあります。

ましてや、それで上手くトレード出来れば、痛快でもありましょうし、実際にトレードで好成績を上げる人もいないわけではありません。これこそ、まさしく本能的に持っている「動物的勘」というものかもしれません。

もっとも、このような方法でトレードして長きに亘って収益をコンスタントに残せるほど、マーケットは甘くないと私は思っています。売買の方針なり、判断に際しては、やはり、具体的なレベルを突き詰めていく「技術」がないと、結局はどこかで「破綻」することになると考えられます。

この「技術」は、「相場判断技術」であり、「トレード技術」なのですが、キャリアプロフィット(生涯収益)を右肩上がりの増やそうとすれば、なくてはならないものだと思います。

そして、理想としては、このような「技術」を駆使しつつも、たまには、「直感」「嗅覚」「相場勘」も大事にするようにすれば、さらに相場で上達することが出来ることです。普段、何となく、「おかしいなあ」「変だなあ」という感覚を大事にすることは、人間ならでは特権でもあります。いわゆる「システムトレード」では実現困難な部分であるわけです。

と言うわけで、普段から、この感覚を研ぎ澄ますように努めていれば、相場のみならず、実生活においても、「怪しいもの」に対して本能的に自己防衛出来るようになると思うのです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 17時23分 パーマリンク


2017年08月01日(火)

「焦りは禁物」と「自分のものさし」 [トレードの心得]

相場をやっていて、焦って売買しようとするとろくなことはありません。まず、焦っている時は、目先の価格(プライスボード)の動きにばかり目が向かい、全体観を把握出来ていないことが多いものです。その為、ちょっとした動きに一喜一憂し、とんでもないところで買ったり売ったりしてしまうものです。

自分に「ものさし」がないものだから、周りに「ものさし」を求めていき、何かそれらしい指針が見つかればすぐに乗ってしまうというリスクを冒してしまいがちです。その途中には、往々にして思考なるものが欠けている為、結果についても、反省のしようもないわけです。反省が出来ないわけですから、次への教訓にも出来ないことになります。

周りの「ものさし」とは、他人の相場観がその最たるものです。その他人が、判断基準を見せてくれていればまだしも、相場観だけを鵜呑みにして、あとは、むやみにポジションを取るという「やってはいけないこと」をやるわけです。

自分の「ものさし」があれば、たとえ、上手くいかなかったとしても、「ものさし」を修正したり、改良したりできます。そして、次に活かすことが出来るわけです。つまりは、学習があるわけです。実に有意義ですね。

と言うわけで、とにかく、焦りは禁物です。トレードはいつでも誰でも簡単に出来るものです。少々上昇したからと言っても心配は要りません。上昇する相場は、どんどん上昇するものです。むしろ、焦りのあまり、たまたま早めに買って、上手く運んでも、利食いも早くなってしまいがちであり、利食い幅は結局小さなものになってしまうものです。

一方で、相場を見極める「自分のものさし」さえ持っていれば、相場の推移に合わせて、自分のポジションを管理できるようになります。先ほどの例で言っても、少々遅れて買ったとしても、その後の相場の推移に応じて、焦らずポジションを持てるわけですから、結果として、より大きな利食い幅を享受することが出来るわけです。

このように考えてくると、「焦りは禁物」ということは分かっていても、肝心なことは、「自分のものさし」を持つことだと理解さえ出来れば、結果として、焦りを伴ったトレードはしないことになります。このことは、私が普段、相場観主導でコーチングすることよりも、具体的なトレード技術に関してコーチングさせて頂いている背景・根拠でもあります。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 07時44分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2017/8

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.