マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2017年10月01日(日)

相場と格闘、喧嘩しないこと [トレードの心得]

「相場と格闘しない」「相場と友達になる」というのは、私が好む、もっとも口にするフレーズです。

しかしながら、現実問題、そう簡単なことではないことも自分自身でよく分かっています。それでも、目指すものはいつも高く掲げて、常に意識しておかないと、すぐに煩悩に負けてしまうと思っています。人間というのは実に弱い生き物だと痛感します。

実は、私自身そうなのですが、今現在、相場と友達にならずに相場と戦っているなと思う瞬間があります。自分では、間違っていると悟っているにもかかわらず、意地になっている時があるのです。

問題は、自分としては間違った行動をとっていると意識している中で、その間違った行動を受け入れたくなくなっているということです。このような状況がどういう時に生じるかと言うと、相場の雰囲気に呑まれている時です。

正しい判断をしているにもかかわらず、その正しい判断に従うことなく、当初の自分の相場観に固執してしまっている時がたまに起こり得るのです。その理由は一体何であるのか、考えてみると、実に悩ましいものです。自尊心かもしれませんし、意地かもしれませんし、単なる驕りかもしれません。

つまりは、人間本来の煩悩と言ってしまうと、逃げ口実のような気がするくらいであり、もっと浅はかなレベルの人間の欲かもしれません。

私自身が相場判断したり、トレード判断したりする際に、出来るだけ具体的な判断基準を設けている理由は、このような浅はかな自分の欲に打ち克つ為でもあります。「スパンモデル」のシグナルを青色や赤色のシグナルにしているのも、また、最重要の指標である遅行スパンの色を最も目立つ紫色にしているのも、全て、相場の変化を目に焼き付けるようにする為です。

そして、自分の心に嘘をつかせないように、火を見るよりも明らかなように工夫しているわけです。そして、遅行スパンには逆らわない、各ラインとの位置関係は終値確定時点で確認する等々のシンプルな「ルール」を幾つも設けるようにしています。それによって、「相場と格闘しない」「相場と友達になる」ことを実現出来るように努めている次第です。

◆以下、お知らせです。

10月7日(土曜日)、大阪にて、「投資戦略フェア2017in大阪」が開催されます。

私は、「マーフィーの最強FX投資法」というテーマで講師を務めさせていただきます。

詳細はこちらをクリックしてください。

尚、以下のページから参加申し込みいただく方には、特典をご用意させていただきます。

  ↓  ↓

キャンペーン詳細ページ


■スパンオートシグナルのご紹介

スパンオートシグナルのご紹介です。

スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 22時11分 パーマリンク


2017年09月26日(火)

自分の得意パターン(勝ちパターン)を探そう!! [トレードの心得]

自分の得意パターンとは、自分の勝ちパターンと言い換えても良いかもしれません。この相場展開であれば、自分が判断しやすいというパターンを探して、その時にだけエントリーしていけば、当然のことながら、勝率が上がることになります。

さらには、勝率が上がるだけでなく、収益を伸ばすことも出来るかもしれません。つまりは、自分が判断を得意とするパターンだけに、余裕を持って相場に入っていけ、また、その後の推移を見守ることが出来るわけです。

また、このようにも言えます。自分の得意なパターンがあると、自分が得意でないパターンを区別することが出来るということでもあります。従って、無理をして、自分の得意パターンでない状況では、手を出さなくなります。強迫観念からの「無駄打ち」はしなくなるわけです。

余裕を持って、自分が得意でない相場展開は見過ごすことが出来るようになります。そして、虎視眈眈と自分の得意パターンが現れるまで待てば良いのです。まさに、「金持ち喧嘩せず」状態ですね。

トレンド相場に強い人もいれば、レンジ相場に強い人もいるように、それぞれの得意な分野があって当然なのです。つまりは、自分の強い部分に気付き、それを伸ばしてやることで、自信もつき、効率良い資金運用が出来るようになるということです。「長所伸展の法則」と言う言葉の通りです。

さらに、「相場の器用貧乏」と言う言葉もあるように、どんな状況でも常に手を出さないと気が収まらないようでは、結局、結果はついてこないものです。何でも出来ると思い込んでいる人は、何も出来ないかもしれない、ということです。

結局は、「あれもこれも」ではなく、「あれかこれか」で良いと思います。これは相場状況についてだけでなく、トレード技術についても言えることです。自分の得意なトレード技術を徹底的に伸ばしてやれば、さらに好成績を上げることが出来るようになるでしょう。このような広い意味においても、「シンプル・イズ・ベスト」なのかもしれません。

◆以下、お知らせです。

10月7日(土曜日)、大阪にて、「投資戦略フェア2017in大阪」が開催されます。

私は、「マーフィーの最強FX投資法」というテーマで講師を務めさせていただきます。

詳細はこちらをクリックしてください。

尚、以下のページから参加申し込みいただく方には、特典をご用意させていただきます。

  ↓  ↓

キャンペーン詳細ページ


■スパンオートシグナルのご紹介

スパンオートシグナルのご紹介です。

スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 17時54分 パーマリンク


2017年09月24日(日)

「トレード症候群」?! [トレードの心得]

「トレード症候群」とは俗に言う「ポジポジ病」のことです。常時、マーケットに入っていないと気が休まらない、いつもポジションを持ちたがる、いわば強迫観念に苛まれている状態のことを指します。

実は、私も雇われディーラーとして銀行でディーラーをやっていた頃は、この傾向は強かったと思います。早い話が、ディーラー予備軍など幾らでも存在しているので、そう言った競争相手に負けない為にも、常日頃から、ポジションを持ち続け、マーケットの中に入っていないと気が安まらなかったわけです。

それこそ、マーケットレートが見られない状態は気が気でなく、世の中で何が起こっているかもしれないと想像するだけでストレスを抱える状態であったとも言えます。

そして、相場で収益を上げるチャンスを失うのではないか、失わない為には、ポジションをもっていなければならないという強迫観念を持ち続けていた記憶があります。

当然のことながら、そのような精神状態では、相場を正しく客観的に観察することは難しくなります。まして、「チャート」など指標となるものを持ち合わせていないと、マーケットの雰囲気に負け、衝動にかられて、最悪のタイミングでポジションを持ってしまいかねません。

FXの世界に入ってこられる個人投資家の数も多いと聞きますが、ただ闇雲にトレードすることほど非生産的、非効率、さらには危険なものはありません。「相場はタイミングが全て」と言うように、相場観が良くても、相場に入るタイミングを間違えると、その後のポジション調整が後手に回ってしまって収益につながりにくい状況に陥ってしまいます。

それと、負けたトレードの損を取り戻そうと、力んでしまって無理をしてポジションを持ちにいく人もいますが、まさにマーケットの罠にハマってしまいかねません。「休むも相場」と言いますが、とにかく一旦は頭を冷やす必要があるということです。

もっとも、負けた時だけでなく、大きく勝った時も、一旦はマーケットから離れる余裕が欲しいところです。離れると言っても、観察はしていて良いわけです。相場は永遠になくならない、と言うくらいの心の余裕があれば、幾らでもチャンスは訪れます。

とにかく、ここぞと言うチャンスやタイミングで積極果敢にマーケットに入っていけるようにさせしておく心構えが大切です。「終着駅の次の駅」という表現があるように、相場は決して逃げずにそこで待っていてくれるわけですから・・・。

◆以下、お知らせです。

10月7日(土曜日)、大阪にて、「投資戦略フェア2017in大阪」が開催されます。

私は、「マーフィーの最強FX投資法」というテーマで講師を務めさせていただきます。

詳細はこちらをクリックしてください。

尚、以下のページから参加申し込みいただく方には、特典をご用意させていただきます。

  ↓  ↓

キャンペーン詳細ページ


■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 14時24分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2017/10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.