マーフィーの「日々是好日」
 

広告

2017年11月19日(日)

「頭と尻尾はくれてやれ」の実践的意味合いとは [トレードの心得]

「頭(あたま)と尻尾(しっぽ)はくれてやれ」というのは、天井(最高値)で売ろうとすると売りそびれ、底値(最安値)で買おうとすると買いそびれてしまうので、あまり欲張らず、ほどほどのところで満足するのが望ましいと言う意味の相場格言です。

この場合は、利食い、手仕舞いを対象にした解釈となりますが、一方で、ポジションメイク(ポジション造成)のタイミングについての格言として応用することも出来ます。

すなわち、そろそろ天井だと思えば少しずつ売り上がり、そろそろ底値だと思えば少しずつ買い下がるという意味に捉えることです。しかしながら、ここで難しい問題が発生します。それは、下手な「値頃感」から、あまりにも手前で売ったり、買ったりしてしまうリスクが高まるということです。

そこで、この相場格言を、よりリスク管理に重きを置いて解釈し直したトレード方法として、例えば、天井を付けたことを確認した後に、下落に転じたと判断した時点で売り、底値を付けたことを確認した後に、上昇に転じたと判断した時点で買うということです。

同じ売るにしても、天井を確認する前に売るのはリスクが高い分、上手くいけばより有利なコストのショートポジションが出来る、もしくは、底値を確認する前に買うのはリスクが高い分、上手くいけばより有利なコストのロングポジションが出来るなど、メリットは大きいのですが、当然のことながら、その分リスクを大きく取ることになります。

しかしながら、このリスクについては、時に大き過ぎることになり、ポジション管理、資金管理が充分に出来ていないと、予期せぬ損失を被るリスクも高まります。その為、初心者の方や精神力の弱い方にはあまりお勧めできません。

一方で、天井を確認した後に相場が下落し始めたことを確認してから売る、もしくは、底値を確認した後に相場が上昇し始めたことを確認してから買うようにすれば、リスクを抑えることが出来る分、より無難なトレードが出来るようになります。

もちろん、出来上がりのコストは、売り上がり、買い下がりよりも悪くはなりますが、下手な「値頃感」からのトレードの確率が下がるというメリットが大きくなります。

結局、売り買いは、腹八分目、腹七分目程度に抑える考えこそが、相場で長く生き延びて、コンスタントに収益を積み上げる為に有効だということを重々理解しておくことが肝要だということです。

ところで、この天井を確認した後に相場が下落し始めたことを確認する、もしくは、底値を確認した後に相場が上昇し始めたことを確認する方法としてお勧めするのが、例えば、(1)スーパーボリンジャーのプラス・マイナス1シグマラインを抜けて引けること、(2)遅行スパンの転換です。

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、スーパーボリンジャーでは、プラス2シグマラインに達した相場がプラス1シグマラインを下回って引けると反落、調整局面入りの可能性が高まること、マイナス2シグマラインに達した後にマイナス1シグマラインを上回って引ける反騰、調整局面入りの可能性が高まるという「法則性」「判断ルール」があります。

また、遅行スパンの転換は、相場の基調の変化を示します。つまり、反転下落に転じた相場において、遅行スパンが陰転してくれば、本格下落トレンドに入る可能性が高まること、反転上昇に転じた相場において、遅行スパンが陽転してくれば、本格上昇トレンドに入る可能性が高まるという「ルール」があります。

このように具体的な判断基準を持っているかどうかが、結果に対して、大きな違いをもたらすことになります。尚、これらは全て、スパンモデルやスーパーボリンジャーを用いたトレード方法に含まれるものであり、トレード技術の1つです。

皆様は、これらトレード技術を1つ1つ着実に学び、身に付けることで、「頭(あたま)と尻尾(しっぽ)はくれてやれ」という相場格言を知らず知らずのうちに実践していることになるわけです。

■スパンオートシグナルのご紹介

スパンオートシグナルのご紹介です。

スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 10時59分 パーマリンク


2017年11月10日(金)

「相場学」について一考 [相場学]

現代経済学の基本的考えとなっているものに「効率的市場仮説」というものがあります。

いきなり、ちょっと堅苦しい言葉をご紹介しましたが、内容はごくシンプルなものです。つまり、「市場は効率的だ」と言う意味は、市場は常にありとあらゆる情報を瞬時に織り込み、本来、予測不可能とするものです。市場価格は、売り手と買い手が互いに完璧な情報を元に売買を行う為に、常に均衡しているという考え方です。

そして、「効率的な市場」における参加者は相場変動要因全てに対して瞬時に反応する為に、いつも「適正価格」に落ち着くと仮定します。従って、そこには、「フリーランチ」なる誰しも簡単に収益を上げるチャンスなど存在しないと主張されるわけです。

また、「適正価格」は1つである為に、グレーな部分は認められません。また、相場が向かう方向は、上方、下方、いずれの方向に対しても、同率の確率があることを前提とします。

すなわち、「ランダムウォーク仮説」と言われているものです。例えると、酔っ払いのおじさんが右方向に歩くか、左方向に歩くか、確率は五分五分だという考え方に依っています。

この「効率的市場仮説」なり、「ランダムウォーク仮説」は、現代の錬金術の1つである通貨オプション理論の基礎でもあると言う点は重大です。まさに、ノーベル賞学者がこれらの理論を確立させてきたわけです。

ところが、現実の市場はどうかと言うと、決して、「効率的」ではありません。また、「ランダムウォーク」でもありません。そもそも、世の中には、完全なるものは存在しないと言ってしまうのは簡単ですが、もっと複雑怪奇であるとも言えましょう。

しかしながら、頭の堅い経済学者などは、このような市場の動きに対して、自分達の理屈が通らないと判断すると、「投機的」と表現しようとします。極論すると、相場でお金を稼ぐのは、運が良いか悪いかに過ぎないということになるわけです。

「相場」という世界や「トレーダー」という職業に対して、一種、偏見のようなもので見ようとするのは、何でも「理屈」で説明したがる人々の傾向と言えましょう。逆に言うと、「相場学」として学問の分野の1つとして認められない背景かもしれません。

実は、私は、この「相場学」を確立することが夢でもあり、ロマンでもあります。不確実であり、複雑なものに対して、何かしらの規則性、法則性を発見することが目標です。なかなか辿りつかないかもしれませんが、その過程を楽しみたいとも思っています。

■スパンオートシグナルのご紹介

スパンオートシグナルのご紹介です。

スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 13時02分 パーマリンク


2017年11月07日(火)

「今回は違う!」という思い込み [雑感]

相場をやっていて経験することですが、過去に同じ過ちを繰り返したことがある、それと同じ局面が訪れた時に、「ひょっとしたら今回は違うかも」と思いこんでしまうことがあります。

現実問題、私自身の過去のトレードを振り返って、何度も、この感覚を覚えてことがあるだけに、実感があります。そして、その結果、同じ過ちを繰り返す羽目になってしまうのです。

一例として、レジスタンスゾーンと判断出来るレベルにまで上昇してきた相場を目の当たりにして、「今回はブレイクするかもしれない」と判断し、ロングポジションを抱えたまま、期待感を持って相場を眺めてしまい、結局、「今回も同様に」レジスタンスゾーンをブレイクせずに反落するのを横目に見てしまう失敗を犯すというものです。

自分の判断基準では、レジスタンスゾーンであると見なすことが出来る、それなりの根拠があるにもかかわらず、いざ、その場面に出くわすと、もっと上がるはずと欲に目が眩んでしまうわけです。

せっかく、自分なりの判断基準、判断ルールを構築してきたにもかかわらず、それを無視して、自分のポジションの利がもっと乗ることを期待してしまうことで、絶好の利食いのタイミングを失ってしまうというものです。まさに、「今回は違う」という思い込みが背景にあると言って良いでしょう。

自分の判断ルールを信じることが出来ないという問題があるのも事実です。自分の判断基準に自信が持てないわけです。それでは、過去の経験や学びが活かされてこないことになります。

過去のことに対して色々と反省し、賢明になれたにもかかわらず、現在や未来に対しては、同レベルの賢明さを持てないと言い換えることも出来そうです。

これらの失敗は、結局は、欲望に目が眩んで「今回は違うはず、違うかもしれない、違って欲しい」と言った風な期待感が心の中に芽生えてしまうことが背景要因です。

上記の例に関して言うと、レジスタンスについて、自分が打ち立てた「ルール」を無視してしまっていては、せっかくの相場研究が台無しになってしまいます。

つまり、一旦はレジスタンスゾーンと判断出来るレベルでロングポジションを手仕舞った後も、相場が続伸し、そのレベルをブレイクしていく場合は、その時点で再度見極め、上昇継続すると判断出来るのであれば、改めてロングポジションを構築すれば良いだけのことなのですが、実際にはそう簡単にいかないのが現実のようです。

「今回は違う」という思い込みはくれぐれも気を付けた方が良さそうです。先ほども申し上げた通り、これは、私の長い間の実体験からの教訓でもあります。

■スパンオートシグナルのご紹介

スパンオートシグナルのご紹介です。

スパンオートシグナルは、私の手法であるスパンモデルを最大限有効活用するためのツールです。

■「マーフィーの無料FX講座」のお知らせ
「マーフィーの無料FX講座」
短期間でスパンモデル、スーパーボリンジャーのエッセンスを無料で学んで頂けるコースです。

■「無料メルマガ」のお知らせ
「無料メルマガ」
相場と友達になる手法を無料レポートで公開中です。

Posted at 20時18分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

マーフィ

インテリジェンス・テクノロジーズ代表

柾木利彦

1980年、大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)を卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
ニューヨーク支店、東京本部の ドル円チーフディーラーを経て、1992年米銀大手の『シティバンク』や欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などで外国為替部長として外銀最大級のトレーディングチームを率いて活躍、現在に到る。その間、「東京市場委員会」での副議長や「東京フォレックスクラブ」委員などを歴任。卓越した市場関連知識でもって、テレビ、ラジオ、新聞などで数多くの情報発信を行い、東京外国為替市場の発展に貢献。自身、過去24年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析 (「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」等)を確立。
個人投資家に向けて最強の投資法を伝授することをライフワークとして、現在も精力的に取り組んでいる。

活動状況・著書

Murphy's Blog
マーフィーの最強FX投資法を伝授
マーフィー最強スパンモデル
短期〜長期 初心者〜プロまで使える究極の実践的トレード手法
直伝!FX投資法
有料メルマガ&掲示板。実践トレード・コーチング。

2017/12

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2009 PhiConcept,inc All rights reserved.