外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 経済指標 の検索結果

登録記事数 247件中 1 - 30 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

 欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は15日にニューヨークの講演で、「新たなTLTRO導入の議論が市場で広がっていることは認識している」と述べた上で、「それはあり得る。ECBで議論しているが、金融政策上の目的が確実に果たされるようにしたい」と語った(ブルー...

 

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。さて、今回の株と為替の売買シナリオは、些か困ったストラテジであり、米休場に加えて欧州時間においても差したる経済指標が無く、テーマも不在、、としたなかで考察しました。お時間許されれば、ご高覧下さいませ。◎<本....

 

(米ドル円日足)米中協議が進展したことから市場に安心感が広がり、今週もNY株式市場を中心に世界的な株高がリスクオンの円安を促すと予想。米経済指標への市場の反応が高まる中で今週発表される米耐久財受注や中古住宅、PMI、景気先行指数などに注目が集まる。先週の小...

 

2月18日(月)**:** NY市場休場2月19日(火)09:30 豪中銀理事会(5日)議事要旨公:00 ユーロ圏12月経常収支18:30 英国1月失業率19:00 ユーロ圏12月建設支出19:00 ドイツ2月ZEW景況感指数19:00 ユーロ圏2月...

 

 内閣府が14日発表した2018年10〜12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.3%増だった。年率換算では1.4%増。年率2.6%減だった7〜9月期から、2四半期ぶりのプラスとなった(14日付日経新聞)。 ...

 

たとえば、経済指標であったり、要人発言であったり、あるいはテクニカル分析であったり、いろいろな相場の材料があります。 材料は、それぞれに大事ですが、一番マーケッ...

 

 中国や欧州の経済指標などをみると昨年は景気の減速感が強まった。中国国家統計局が発表した2018年の国内総生産は、物価変動の影響を除いた実質で前年比6.6%増となり、天安門事件の影響で経済が落ち込んだ1990年の3.9%増以来、28年ぶりの低水準となってい...

 

大きな相場であればあるほど、最初に相場を決定づけるようなきっかけとなる、要人発言、経済指標の発表、事件などがあると、相場は一方向に猛烈な勢いで動きます。 実は、...

 

昨日は小売売上高が悪かったですが、本日は鉱工業生産が悪い数字となりました。アメリカの経済指標も悪いものが出てきていますね。それによって、ドル安に推移。トランプ大統領が非常事態宣言を出してまで壁を建設したいようで、それもリスク回避の材料となっています。このあ...

 

(米ドル円日足)東京市場でドル円は昨年末以来の高値111円13銭まで上昇。米中通商協議や政府閉鎖回避への期待から買いが強まった。欧州市場でもドル円は111円台を維持するなど底堅い動きが続いた。しかし、NY時間に発表された米12月小売売上高が予想を大きく下回...

 

好調なNY株式市場を背景にリスクオンの円安とドル高が進むなかでこの日発表された米経済指標の予想以上の悪化を受けドルが下落。NY株価は下落に転じたものの経済悪化はFRBの緩和を促すものとの期待から株価も反転。米予算案の行方をにらみつつ調整の動きが続く。前日の...

 

ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円は111円台から反落。小売売上高などの経済指標が予想外に低調だったことで、ドルに対する楽観的な見方が一変。一時は110円46銭近辺まで売られ、この日の安値圏で引ける。ユーロドルは1.13台を回復する場面もあったが、ドイ...

 

(ポンド米ドル日足)ロンドン時間に発表された英国1月CPIが1.8%と予想の1.9%を下回ったことから英国経済への懸念が高まりポンドは下落。また、この日はメイ首相への代表質問を控えていたこともポンド売りを促した。ただ、1.2875まで下落したところで纏まっ...

 

(ポンド米ドル日足)1.29ドル前半で下げ止まっていたポンドだがこの日発表された英国GDP速報値や鉱工業生産、そして製造業生産が軒並み予想を下回った。英景気減速懸念とともにブレグジットを巡る不透明感が重なりポンドは1.2895付近に下落。NY市場では米長期...

 

今週開かれる米中貿易協議への期待の高まりからドル円は上昇。懸念された春節明け中国株式市場も堅調な地合いとなったことから市場に安心感が広がった。一方、英国経済指標の悪化やブレグジット懸念からポンドやユーロが下落。全般にドルの押し上げ要因となった。週明けアジア...

 

先週は欧州景気減速懸念や米中貿易協議への期待が後退したことなどからクロス円全般に売りが強まった。リスク回避の円買いと同時にドル高が進んだことでドル円は狭いレンジ内での動きが続いた。今週は米中協議や米国経済指標などを睨みながら下落の反動が強まる可能性もあり注...

 

2月11日(月)**:** 東京市場休場17:00 デギンドスECB副総裁講演18:30 英国10〜12月期GDP速報値18:30 英国12月貿易収支、鉱工業生産2月12日(火)09:30 豪州1月NAB企業景況感2月13日(水)08:30 豪州2月WBC...

 

・ユーロドルは4日続落。欧州時間に発表された独経済指標が前日に続き低調な内容となったほか、欧州委員会がユーロ圏の経済成長率見通しを大幅に下方修正したためユーロ売りが先行。20時30分過ぎに一時1.1325ドルと1月25日以来の安値を付けた。  ただ、売り一...

 

 国会での予算審議でも取りあげられている厚生労働省の毎月勤労統計での不正問題であるが、この問題で最も危惧すべきものは国の統計に対する信認の低下となろう。 日本経済新聞社とテレビ東京による25〜27日の世論調査で、政府統計の信頼性を聞いたところ「信用できない...

 

ひと目で分かる昨晩の動きNY市場ドル円はアジアから欧州時間にかけて109円55銭前後まで売られたものの、NY時間には再び110円台まで上昇。ユーロドルでユーロ安が進んだことで円も連れ安に。ユーロドルはドイツの経済指標が予想を下回ったことで下落。1.14を割...

 

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 最近ずっと英国のEU離脱(Brexit)関連の記事が続いたので、今回は久しぶりにヨーロッパについて書いてみようと思う。昨年下半期から、経済指標の...

 

(米ドル円日足)米長期金利や株価の上昇に合わせドル円は何度か110円台に乗せたものの直ぐに押し戻される場面が続いた。先週に重要なイベントをこなした後だけに材料不足で動きにくい状況が続く。昨日のNY時間に発表された米1月ISM非製造業が予想を下回ったもののド...

 

オージーがRBAで上昇しましたが、そのあとのフローは無く、オージー円では79.60円で推移しています。間もなくISM非製造業の発表があります。先週金曜にISM製造業が良い数字が出たので、こちらの経済指標も注目されています。その後は、日本時間午前中に、トラン...

 

(豪ドル円日足)中国の景気刺激策が打ち出され過度な中国景気減速懸念が後退する中、豪ドルは底堅い動きが続いている。また、好調な米経済指標の結果を受けNY株式市場が堅調な地合いとなったことでリスクオンの豪ドル円買いが強まった。本日東京時間に開かれるRBA政策会...

 

先週末に発表された米経済指標が好調な結果を示したことでリスクオンの円安の動きがこの日も継続。ブレグジットを巡る不透明感は残るものの米中協議や米政府機関閉鎖が解除されたことで市場には過度な警戒感が後退。株価上昇を背景にドル円クロス円ともに底堅い動きでスタート...

 

(豪ドル円日足)先週の豪ドルは対ドル対円で上昇。FOMCで利上げ打ち止めやバランスシート縮小停止の可能性が示されたことでドルが下落したためだ。また、米中貿易協議への期待や中国景気刺激策による過度な景気減速懸念が後退。世界的な株式市場やコモディティ相場の上昇...

 

ひと目で分かる昨晩の動きNY市場雇用統計やISM製造業景況指数などの経済指標が予想を大きく上回ったことでドル円は上昇。長期金利の上昇もあり、109円58銭までドル高が進み、高値圏で越週。ユーロドルは小幅に反落。1.1448まで下落し、ドル高の流れが上値を抑...

 

2月4日(月)**:** 中国市場休場(〜8日)09:30 豪州12月住宅建設許可件数16:00 トルコ1月CPI18:30 英国1月建設業PMI19:00 ユーロ圏12月PPI24:00 米国11月製造業新規受注2月5日(火)**:** 香港、シンガポー...

 

ニューヨークダウは、1月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回って増えたことから買われ 、前日比64.22ドル高の25,063.89ドルで取引を終えました。...

 

ども、おはこんばんちは余弦です!先週クドロー委員長が雇用超良いから!って言ってましたが今回はどうなるんですか?内容 前回予想 前回結果 今回予想 ?非農業部門雇用者数 17.7万人 31.2万人 16.5万人?失業率 3.7% 3.9% 3.9%?平均時給...

1 2 3 4 5 6 7 8 9

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved