外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 FOMC の検索結果

登録記事数 514件中 1 - 30 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

本日はイベントの多い日です。先ほどECB理事会とドラギ総裁の会見が終わり、ユーロが下がっています。このあとはFOMC議事要旨と臨時EU首脳会議があります。EU首脳会議では、イギリスの離脱期限が話し合われますが、4月12日のタイムリミットで合意なき離脱になる...

 

 ------------4/9ドル円相場-------------------------- トランプ米大統領によるEU関税引き上げとIMFの成長予測引き下げでリスクオフの円買い。 OP111.499 HI111.577 L...

 

今週は10日に臨時EU首脳会議があります。そして12日が離脱期限になります。このまま合意なき離脱になるのか、それとも延期されるのか、メイ首相とEU27か国次第です。メイ首相は合意なき離脱にならないように頑張っていますが、英議会がまとまらない状態が続いていま...

 

(米ドル円日足)先週のドル円は週初から中国PMIが50を上回った事で世界的な景気減速懸念が払しょくされ上昇してスタート。世界的な株価の上昇を受けリスクオンの円安が進み緩やかな上昇が続いた。週末の米雇用統計は雇用者数が増加したものの賃金の伸びは鈍化したことで...

 

ECB理事会・ドラギ総裁記者会見(10日)をメインに、米国債入札、日米企業決算、FOMC議事要旨(10日)、英EU離脱延長期限の行方と当局者発言、そして数字に・・・ 番外編として、日産自・臨時株主総会(あす)とゴーン容疑 [...]

 

こんばんは。風神です。先週は、FOMCがありました。FOMC前からハト派(弱気)な内容となるとの見通しがありましたが、事前予想をさらに上回るハト派な内容であったため、ドルが売られました。具体的には、昨年12月の時点で、今年は2回の利上げ、来年は1回の利上げ...

 

(米ドル円日足)FOMCで予想以上の緩和姿勢が示されたことから米長短金利が一時逆転。逆イールドによるリセッション懸念が広がり株式市場が下落。ドルと円との金利差縮小によるドル売りと同時に円高が重なりドル円は109円後半に下落。一目の雲の上限を一時割り込んだ。...

 

予想レンジドル円     109.30〜110.50ユーロ円    123.50〜125.00ユーロドル   1.1250〜1.1380豪ドル円    77.30〜78.50******************************先週の米連邦公開市場委...

 

先週末に発表されたユーロ圏PMIが予想以上に悪化したことを受けユーロが急落。FOMCでハト派色を強め米長短金利が一時逆転したことで世界経済減速懸念が一気に広がりドル円は110円を割り込んだ。先週はFOMCでは年内利上げ見通しをゼロ、バランスシート縮小を9月...

 

20日の FOMCから崩れ相場(; ̄O ̄) ・・・ 19年GDP伸び率を△2.3%⇒△2.1%、20年は2.0%⇒1.9%に下方修正、失業率は3.5%⇒3.7%  そして、年内の利上げ見送り、保有資産縮小を9月で終了の方 [...]

 

 20日のFOMCにおいて、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25〜2.50%に据え置くことを全会一致で決定した。FOMCメンバーの政策金利見通し分布(ドット・チャート)では、年内の利上げ回数はゼロとなり、年内の利上げ観測が後退し...

 

FOMCを受けても株式市場が上がらず、米長期金利はさらに下がっていることから、イールドカーブのフラットニングからの景気後退懸念も出て、円高となっています。ドル円は久しぶりの109円台に入りました。ユーロドルは完全に行って来いをしており、ECBで下をブレイク...

 

(米ドル円時間足)FOMC会合でドル円は111円ミドルから一円下の110円ミドルまで下落。東京市場が休場ということもありこの日のアジア市場でドル円は上値の重い展開が続いた。欧州市場ではポンドやユーロのクロス円の売りが入りこの日の安値となる110円30銭を付...

 

(カナダドル円日足)FOMC会合直前に83円82銭まで買いが進んだものの、発表後カナダ円は一気に83円前半まで下落。一旦は買い戻しも見られたがアジア市場が始まると再び売りが強まり83円を割り込んだ。NY市場ではボリンジャーバンドの下限となる82円74銭まで...

 

------------3/20ドル円相場-------------------------- FOMCが想定以上にハト派化。米長期金利低下でドルが急落。 OP111.375 HI111.691 LO110.533 CL110.714&...

 

 FOMCを受けた今後の為替市場ですが、ドル円は引き続き3月期末を控えて、本邦実需勢の買い意欲は強いです。ただ、これだけFRBが政策をハト派に傾けてしまったことから、しばらくは上値を追っていくような展開は考えづらくなりました。  FOMC当日の高値が11...

 

未明に開かれたFOMCのハト派寄りの結果を受けドルが急落したが一晩経てば大きく反発。NY株式市場は三指数ともに大きく上昇したものの円安には反応しにくくドル円の上昇は他の主要通貨に比べて限定的となった。昨日のアジア市場は日本が休場ということもありドル円やクロ...

 

昨夜のFOMCではハト派だったことから、ドル安となりました。ドル円は110円前半、ユーロドルは1.14半ば、そこまでドル安が進みましたが、ポンドドルはポンド売りもあって乱高下している状態です。各国中銀はハト派に向かっており、何か材料を出したときは、それに反...

 

(米ドル円日足)本日未明に開かれたFOMC会合では年内金利見通し中央値が従来の利上げ回数を2回からゼロへ。バランスシート縮小も年内終了を5月から減速し9月に終了することを表明。予想以上にハト派的な内容となったことで事実上利上げ終了との見方が市場に広がりドル...

 

(豪ドル米ドル日足)東京市場が始まったところでブロックRBA総裁補佐は「RBAは銀行に行き過ぎた引き締めは行わないように促している」「銀行のクレジットの厳格さよりもローンの低需要が住宅価格には重要」などと発言。これを受け豪ドルは0.7058まで下落した。そ...

 

注目されたFOMC会合では予想以上にハト派色が強くドルは全面安。市場では利上げは事実上終了したとの見方が広がり米長期金利は急低下。一方米国株式市場のダウは下げ幅を縮小したものの円高ドル安でドル円は大きく下落して引けている。東京市場ではFOMC会合を控え慎重...

 

・ドル円は4日続落し、4時過ぎに一時110.54円と2月27日以来の安値を付けた。FRBは今日まで開いたFOMCで市場予想通り政策金利の据え置きを決定した。公表した声明文では「米経済活動の拡大は昨年第4四半期の堅調なペースから減速した」と指摘。先行きの政策...

 

・EUR/USD ストップヒットneutral.FOMCで圧倒的ドル売り、1.14乗せストップヒット。去年からの高値を結んだレジスタンスラインをこれで上抜け。線に気づいていない時はしっかり効いていて、気づいてチャレンジしたら否定されるという皮肉な結果に。こ...

 

こんばんは、IVです。米連邦準備理事会(FRB)が今日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的引き締めを9月に終了すると発表。経済・金利見通しでは2019年の利上げ回数を従来の2回からゼロ回に修正しました。また、米経済見通しも下方修正。19年1...

 

ドル円は111円台での推移が続いており、期末前ということもあって、新たにポジションを作る人も少ないようで、動きが出ていない状態が続いています。それもあって徐々にレンジ幅が収束しており、トライアングルを形成しているかのような形となっています。2日間続けて約3...

 

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。さて、本日3/20月曜日午前10時過ぎ頃から東京MXテレビ「東京マーケットワイド」に出演致しました。そこでは触れませんでしたが、27:00(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発:30(...

 

ニューヨークダウは、米中交渉難航の報道から頭打ちになったものの、19〜20日のFOMCを控えて様子見ムード強く 、前日比26.72ドル安の25,887.38...

 

(米ドル円日足)明日の未明に開かれるFOMC会合では金利見通しとパウエル議長記者会見に注目が集まる。金利見通しではこれまでの年2回の利上げが1回に引き下げられるとの見方が多く既に織り込み済み。もし、利上げが0回であれば一時的にドル売りに動く可能性が高い。た...

 

(豪ドル米ドル日足)昨日の東京時間に発表された豪州10−12月期住宅価格指数は−2.4%と予想の−2.0%を下回った。改めて住宅市場の低迷が示されたことで豪ドル売りに反応。しかし、同時に公表されたRBA議事要旨では「短期的に政策金利を変更する根拠はない」「...

 

 ------------3/19ドル円相場-------------------------- 111円台での小動きが続く。 OP111.407 HI111.473 LO111.155 CL111.420 ----...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved