外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 FOMC の検索結果

登録記事数 1000件中 1 - 30 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

 米国のトランプ大統領は16日、米国の中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)の副議長に、米債券運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)の幹部でコロンビア大学の教授でもあるリチャード・クラリダ氏を指名すると明らかに...

 

(米ドル円日足)過度なシリア情勢への懸念が後退したことやトランプ大統領がTPP復帰を検討し始めたことで市場全体に安心感が広がり日米欧株式市場の上昇が加速。リスクオンの動きから円が売られやすい状況が続いた。また、米長期金利も上昇幅を拡大したことでドル高の動き...

 

FOMC議事録・今後の利上げのペースはこれまでの想定よりやや加速する可能性がある・トランプ政権による輸入制限措置に対する相手国からの報復措置が先行きのリスクになる ・すべての参加者が「経済の見通しはここ数か月で強まった」と指摘したうえで、物価も上昇すると...

 

 昨日11日にはFOMCの議事録(3月20-21日分)が発表されました。その中で、会合では「利上げのスピードを加速することも検討されている」ことがわかりました。普通なら、大幅にドル高になってもおかしくないのですが、そうならないのが、今の為替市場の難しさです...

 

(米ドル円2時間足)米中貿易摩擦への懸念後退によるドル円の買いも一転。シリア情勢の悪化などから再び地政学的リスクの高まりにより円高が進行。ドル円はNY時間に106円65銭まで下落した。一方、昨日発表された米3月CPIは2.4%に上昇するなど携帯電話の影響は...

 

  ------------4/11ドル円相場-------------------------- 習演説で築いたリスクオンの流れは続かず。シリア情勢緊迫化で106円台後半へ小反落。 OP107.191 HI107....

 

シリア情勢が緊迫化してきていますが、クロス円は上昇していますね。ただドル円は107.00円を中心にした揉み合いが継続しています。ドルインディックスの方は、91で綺麗にレジスタンスが機能しているので、そのうちドル安相場がきそうには思いますが。今夜はFOMC議...

 

昨日の海外時間には、米中貿易摩擦懸念がやや弱まったことから円売りが優勢となりましたが、シリア問題などもあって最近のレンジ内の動きに留まりました。 欧州時間序盤、米長期金利が低下し日経平均先物が下落したことから円買いが強まって、ドル円は106.80円付近ま...

 

「他市場」 *中国株=習近平国家主席が改革開放を表明したことで上昇(金融の対外開放や、輸入自動車の関税引き下げや保険自動車産業に対する外資出資規制の緩和など) *米株=習近平国家主席が改革開放を表明したことやFACEBOOKのCEOの議会証言などで上昇...

 

  ------------4/10ドル円相場-------------------------- 習演説でリスクオンの流れ。円売り活発化で107.395まで上昇したが、ドルも弱く上値は伸びず。 OP106.731 ...

 

「今日の焦点、日 機械受注 中 消費者物価 英 鉱工業生産 貿易収支 米 消費者物価 FOMC議事録 トルコ 経常収支」 *仲値=4月11日(水) 通常の外貨需要*講演=RBAロウ総裁 フェイスブックのザッカーバーグCEOが米下院で証言 *決算=ローソ...

 

*

 

4/9(月)「米国貿易赤字の原因は内にあり」 総括「今年はここまで円高株安だが貿易黒字は縮小気味、日銀出口政策は」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 当局・円無常・需給「国内事情の不満をメキシコに...

 

「今週の各国別注目ポイント」 全体 米中 CPI FOMC・ECB議事録 中・ユーロ圏 貿易収支、ミシガン大、日銀総裁・RBA総裁講演など 米 生産者物価  卸売売上 消費者物価 FOMC議事録 新規失業保険 輸入物価 ミシガン大消費者信頼感 中 消...

 

今週の注目は、?フェイスブックCEOの議会証言で? ?日米欧・金融当局者の “貿易戦争” 懸念への言及は? ?米決算、「金利上昇と減税」効果は? ?FOMC議事要旨/ECB理事会議事要旨の内容には [...]

 

4月9日(月)08:50 本邦2月国際収支(貿易収支)**:** IMF世界経済見通し4月10日(火)10:30 豪州3月NAB企業景況感17:30 (ダラス連銀総裁講演)20:00 南ア2月製造業生産21:30 米国3月PPI23:00 米国2月卸売在庫...

 

「今週の焦点 米中 CPI、 FOMC・ECB議事録 中・ユーロ圏 貿易収支、ミシガン大、日銀総裁・RBA総裁講演など」  9(月)日 国際収支 景気ウォッチャー調査 スイス 失業率 独 国際収支 加 住宅着工 メキシコ 消費者物価 10(火)豪 NA...

 

「ダウ2千ドル下落、ミスター バンジージャンプ、パウエルFRB議長 二度あることは三度あった」 *下げ〇〇とは言いたくないが、イエレン議長はあげまんだったかもしれない 2月5日(月)FRB議長就任日 ダウ千ドル以上の下げ ドル円1.29下げ    ダ...

 

「来週も熱いぜFX、米中 CPI FOMC議事録 中・ユーロ圏 貿易収支、ミシガン大、日銀・RBA総裁講演など」  9(月)日 国際収支 景気ウォッチャー調査 スイス 失業率 独 国際収支 加 住宅着工 メキシコ 消費者物価10(火)豪 NAB企業信頼感...

 

4/2(月)「米国のシャッター通り商店復活作戦」 総括「米国のシャッター通り商店復活作戦」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 当局・円無常・需給「介入できるわけがない」ID為替「スイス利上げ急がず...

 

こんばんは。風神です。先週は、G20、FOMC(とパウエルFRB議長会見)など重要イベントが多くあった週でした。G20では、通商問題と仮想通貨に関しての議論が注目されていましたが、どちらも大きな動きに繋がる材料は出てこず、仮想通貨は予想通りにG20後に買い...

 

(ポンド米ドル週足)先週のEU首脳会談で英国離脱後2020年末までを移行期間とする暫定合意に達したことでポンドは上昇。ポンドドルは上値が抑えられていた1.4ドルの大台を上抜けし1.4080ドル付近まで買われた。1.39ドル付近に押し戻されたポンドドルもFO...

 

3/26(月)「森友、貿易戦争の前から円高。トランプ大統領に忖度されなかった安倍首相」 総括「森友事件、貿易戦争の前から円高である」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 当局・円無常・需給「イングラ...

 

 米国のトランプ大統領は、中国による知的財産の侵害などを理由に通商法301条に基づき、中国からの幅広い輸入品に高い関税を課す制裁措置を発動することを決めた。また、トランプ政権は、知的財産の侵害に関連して中国をWTOに提訴する方針で、中国からアメリカへの投資...

 

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが〜くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月...

 

(米ドル円4時間足)FOMCで米国の利上げペースは鈍いとの見方から東京市場はドル売りが先行。ドル円は105円58銭まで下落したが日経株価上昇により105円96銭まで反発。その後クロス円の売りが強まるとドル円は105円ミドルの損切りを巻き込みながら105円1...

 

(NZドル円週足)NZドル円は2017年4月の安値75円66銭、11月の安値76円10銭、そして昨日のNYの終わりには75円80銭を付けている。ボリンジャーバンドの下限もこのレベルに位置しており76円後半の強いサポートが意識された。しかし、NY市場が引けて...

 

前日のFOMC会合では市場の予想よりも利上げペースは抑えられるとの見方もありドル売りに反応。一方、米国が中国製品に対して500億ドル相当の関税を課すことを表明するとドル高の動きが強まるとともに株価が大幅下落となった。昨日の東京市場ではFOMC会合の結果を受...

 

米国が仕掛け、中国が対抗措置に出るといったところでしょうか。FOMCを通過し、目先の問題は貿易戦争の激化がどういった展開を見せるのかといったところとなってきています。これに関しては米国の中間選挙の絡みもあって一筋縄ではいかないといった問題であるだけに、今後...

 

昨夜のFOMCでは0.25%の利上げを行い、今年の利上げ回数は変わらずでしたが、来年以降は増えていました。そして景気見通しも上方修正。これでドル高になりましたが、ただ、市場参加者は思ったほどタカ派ではなかったということから、その後はドル安になっています。私...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved