外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 FOMC の検索結果

登録記事数 357件中 151 - 180 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

7/9(月)「世界は外交週間、日本は消費悪化=円高に繋がる可能性あり」 総括「NATO会議 米大統領訪英 ポンペオ長官メキシコ訪問 中 貿易収支、CPI、欧 ZEW、 米 CPI ミシガン」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル...

 

*数字は前回、予想、結果の順

 

*為替相場のヒントを読み解く!FOMC議事要旨とベージュブック *https:/...

 

  ------------7/5ドル円相場-------------------------- 日中の株安で110.29円前後まで下げるも、ユーロ円の急伸びに支えられて反発。ADP,ISM,FOMC議事録も決め手にならず小幅...

 

休み明けNY市場は株式市場が三指数ともに大きく上げて始まるとリスクオンの円安が進んだ。米6月ISM非製造業景況指やFOMC議事要旨が発表されたが市場の反応は鈍く本日発動の中国への関税や雇用統計を控え慎重な動きとなった。東京市場は米中貿易摩擦への懸念から日経...

 

  ------------7/4ドル円相場-------------------------- 朝方の下落は続かず。買い戻し一巡後は米祝日で手控えムード。 OP110.545 HI110.597 LO110.277...

 

(米ドル円2時間足)米中貿易摩擦への懸念からNY市場休場前からドル円は上値の重い展開が続いたが、休み明けのNY市場ではその巻き戻しの動きが強まるとみている。昨日の東京市場では株価の下落に伴いドル円は上値の重い展開で始まると、この日の安値となる110円28銭...

 

「今日の焦点、独 製造業受注 スイス 消費者物価 米 ADP民間雇用者 新規失業保険 ISM非製造業景況指数 FOMC議事録」 *仲値=7月5日(木)休み明けゴトビ*講演=政井日銀審議委員 カーニー英中銀総裁*決算=セブン&アイ、キユーピー、不二越*外貨...

 

NY市場が休場ということから市場全般に動意の乏しさが目立った。今日の休み明けNY市場ではFOMC議事要旨や米6月ISM非製造業景況指数など注目材料が発表され目先の方向性を見極めるうえで注目される。昨日の東京市場では前日のNY 株式市場が三指数ともに下落して...

 

 米商務省が29日に発表した5月の個人消費支出(PCE)価格指数は前年同月比で2.3%の上昇となり、2012年3月以来6年2か月ぶりの大幅な伸びとなった。  そして米国の中央銀行であるFRBが物価の目安としている、変動の大きい食品とエネルギーを除いたコ...

 

「来週の各国別注目ポイント」 全体 短観、米 ISM、雇用 貿易収支 RBA、トルコ CPI FOMC議事録 米 ISM製造業景況指数 建設支出 耐久財受注(確報)製造業受注 ADP民間雇用者数 新規失業保険 ISM非製造業景況指数 FOMC議事録 雇...

 

7/2(月)「ドル高懸念が最近消えている米当局」 総括「短観、米 ISM、雇用 貿易収支 RBA、トルコ CPI FOMC議事録」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 リスク「トランプ大統領、北朝鮮...

 

「今週の焦点 短観、米 ISM、雇用 貿易収支 RBA、トルコ CPI FOMC議事録」 2(月)日 日銀短観 中 財新製造業PMI 英 製造業PMI ユーロ圏 失業率 生産者物価 米 ISM製造業景況指数 建設支出 3(火)日 企業の物価見通し 豪 ...

 

「来週も熱いぜFX、短観、米 ISM、雇用 貿易収支 RBA、トルコ CPI FOMC議事録」 2(月)日 日銀短観 中 財新製造業PMI 英 製造業PMI ユーロ圏 失業率 生産者物価 米 ISM製造業景況指数 建設支出 3(火)豪 住宅建設許可 RB...

 

2015年3月投稿この頃のドル円の水準は120円前後であった++++2015年3月投稿 「米国からはドル高についての発言あり、介入モドキは続くか」 (以下は最近の3つのドル高にたいする米国の発言) *ベージュブック=強いドルは一部企業の輸出に打撃 ...

 

6/25(月)「意外と支持率が高いトランプ大統領」 総括「月末、半期末、NZ 政策金利 米 GDP確報、耐久財受注 中 PMI、独 IFO 欧 CPI トルコ、メキシコ大統領選挙」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通...

 

 6月13日の米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)では、市場で予想されていた通り政策金利を年1.50〜1.75%から1.75〜2.00%に引き上げた。これは8人のメンバー全員一致で決定した。ちなみに次回からはFRB副議長に指名されているクラ...

 

こんばんは。風神です。今朝の地震は大丈夫でしたでしょうか?私も大阪在住なので、かなりの揺れを感じましたが、食器が割れたくらいで、幸い大きな被害はありませんでした。ただ、今後も余震が続く可能性がありますので、就寝時には倒れやすいものの近くで寝ない等、ご注意く...

 

(豪ドル円日足)先週は米朝首脳会談への期待からリスクオンによる豪ドル円の買いが先行。しかし、FOMC会合を機に対ドルでの豪ドル売りが強まるなかで、米中貿易摩擦への懸念が拡大したことが豪ドル円売りを促した。それでも一目の雲の下限でもありフィボナッチ61.8%...

 

※忙しい人のサマリー 調整の動きが優勢に、ドル円の下値はしっかり ユーロは重さを維持もいったん調整 -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-- 【東京市場】日銀会合後やや円安  18日の東京外国為替市場でドル円は...

 

注目された米朝首脳会談(12日)は友好的ムードが演出され、翌日13日にはFOMCの「年4回利上げ」示唆もあってドル買い誘発も、シンガポールから帰国したトランプ大統領の対中制裁措置発動(7/6〜)報道(WSJ)で、すべてを [...]

 

イベントフル(イベント一杯)な1週間が終わった。 --米朝首脳会談。 あれ、いったい何だったんだろうか? 少なくとも朝鮮半島の"直ぐ其処に在る一触即発のリスク"が無くなったのは良かった。 --FOMC. ...

 

昨夜のECB理事会とドラギ総裁の会見からユーロが急落し、ドル高も合わさって、ユーロドルは1.15半ばまで下落しました。今週、重要イベントが多かったですが、それも終わった感じです。イベントはいろいろありましたが、当初はECB理事会が一番不透明だったので、一番...

 

ECB.理事会が終わり、先ずは市場の予想通り政策金利は据え置きで9月に終了予定の資産買い取りを、金額を減額して12月まで継続すると言うニュースが流れた。 まあ此処までは前日のFOMC.と同様想定内であり、ユーロ・ドルは発表前の1.1800近辺...

 

-----------6/14ドル円相場-------------------------- 一時1010円割れも底堅く推移。米小売の好結果に加え、ECB後のドル高(ユーロ安)にも支援されて110.60円台へ上昇。 OP110.353 ...

 

(豪ドル円日足)FOMC会合後、豪ドル円の売りが徐々に高まる中で東京時間に発表された中国5月小売売上高と5月鉱工業生産が予想を下回ったことも上値を重くした。また、ECB理事会後にユーロ円が一気に下落したことを受け豪ドル円もつられ安となった。結局買い戻しがほ...

 

昨日開かれたECB理事会では年内で量的緩和終了が示されたが全般に予想されたほどタカ派的ではなかったことからユーロは急落。ドル全面高となりクロス円の売りが強まった。昨日の東京市場では前日のFOMC会合でタカ派的な内容となったものの株価が軟調な地合いで推移した...

 

※忙しい人のサマリー ECB理事会後にユーロが急落 利上げ時期を市場の期待よりも遅い、少なくとも来年夏以降とガイダンスに示し ユーロ売りを誘った ドル円はしっかり、ドル全面高に -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-...

 

6月15日(金曜日)の【西山孝四郎のマーケットスクウェア】ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 15:10〜16:00 は、 ●米朝首脳会談・FOMC・ECB理事会と今週の振り返り ●トランプの貿易戦争とブラックマンデーの構図●リスクパリティ戦略の「全部...

 

レポートを書きました。 適温相場も終焉か!?世界最大のヘッジファンドが弱気転換・世界最大のヘッジファンドが弱気転換・トランプの貿易戦争とブラックマンデーの構図・米利上げで低ボラの逆回転は始まるのか?・FOMCの答えは市場が出した・今年半年の相場を振...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved