外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 FOMC の検索結果

登録記事数 1126件中 181 - 210 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

小動きです。 ドル高傾向です。 ただ、方向感は、はっきりしません。 今日は、FOMCもありますので、様子見気分が強まりそうです。

 

「今日の焦点、NZ 失業率 中 財新製造業PMI 米 ADP民間雇用 ISM製造業 FOMC イエレン議長」 *仲値=11月1日(水)通常の外貨需要*講演=イエレン議長*決算=JT エーザイ、三井化学、ローム、住友化、JFE、日精工、ANAHD、宇部興、...

 

 

 

※忙しい人のサマリー 月末実需がらみで外貨買い円売り ドル円は113円台後半まで回復、113円割れの買い意欲もサポート -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-- 【東京市場】113円台前半で小動き  朝方113円を...

 

 

ドル円は113円割れまで下がりましたが、機関投資家の買いもあって、現在は113.40円付近で推移しています。日銀会合もありましたが、ほぼ無風での通過となりました。明日はFOMCです。利上げは12月ということもあり、明日は据え置き予想となっています。今年もあ...

 

*

 

昨日の海外時間には、米長期金利が上昇したことと、月末のロンドン・フィキシング絡みの買いでドル円は反発しました。またBrexitに関する次回協議に関する報道を受けてポンド買いが強まっています。 欧州時間、米長期金利が上昇したことからドル買いが優勢となってド...

 

 米国とドイツ、英国の10年国債の利回り、いわゆる長期金利の動きはかなり似通っている。格付け上位国であり、お互いの影響も受けやすい。これは日本の長期金利にも、ある程度はあてはまるが、こちらは日銀のイールドカーブコントロールに抑えられていることで、日本の長期...

 

“Trump expected to name pick for Fed chair on Thursday”(CNBC*)―― トランプ大統領、次期FRB議長を木曜日に指名へ ・・・ FOMCの [...]

 

今週はイベントの多い週です。明日は日銀会合、明後日がFOMC、木曜はMPC、金曜は雇用統計があります。そして今週に次期FRB議長も発表される予定です。週末にはトランプ大統領のアジア歴訪。注目されるのはMPCと次期FRB議長人事かと思います。ドル円は114円...

 

※忙しい人のサマリー 米GDPなど受けてドル高も、パウエル理事優勢報道で反転 ポンドは調整売り進む、木曜日の会合前に神経質 ユーロは軟調地合い継続 -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-- 【東京市場】ドル円114円...

 

10/30(月)「FRB新議長は、北の威嚇は」 総括「FRB新議長 北朝鮮 FOMC、イエレン議長、米 雇用、ISM 貿易 中 PMI 日銀、BOE 豪 貿易・小売」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカ...

 

「来週の各国別注目ポイント」 全体 FRB新議長 FOMC、イエレン議長、米 雇用、ISM 貿易 中 PMI 日銀、BOE 豪 貿易・小売 米 個人所得 個人消費支出 米 コアPCEデフレーター  雇用コスト指数 S&P/ケース・シラー住宅価格指数 シ...

 

「来週の焦点、FRB新議長、FOMC、イエレン議長、米 雇用、ISM 貿易 中 PMI 日銀、BOE 豪 貿易・小売」 30(月)英 消費者信用残高 ユーロ圏 消費者信頼感・確報 経済信頼感 米 個人所得 個人消費支出 米 コアPCEデフレーター 独 消...

 

「来週も熱いぜFX、FOMC、イエレン議長、米 雇用、ISM 貿易 中 PMI 日銀、BOE 豪 貿易・小売」 30(月)英 消費者信用残高 ユーロ圏 消費者信頼感・確報 経済信頼感 米 個人所得 個人消費支出 米 コアPCEデフレーター 独 消費者物価...

 

昨日の海外時間には、ECB(欧州中銀)が量的緩和(資産買入れ)の延長を決定しました。ドラギECB総裁の会見を含めややハト派的と受け止められたことからユーロ売りが強まった一方、米長期金利が上昇してドルが買われました。 欧州時間序盤、米長期金利やや上昇したこ...

 

昨日の海外時間には、米長期金利が上昇してドル円は直近の高値を更新し114.20円台まで上昇しました。しかしNY時間に米長期金利が反落したことから再び113円台半ばまで反落しています。 欧州時間序盤、発表された英・第3四半期GDP(速報値)が予想よりもやや...

 

金曜日の海外時間には、東京時間に米上院が予算決議案されたことを受けて、米長期金利とNYダウが上昇しドル買いが強まりました。 週末に行われた衆議院選挙で与党が大勝したことから、アベノミクス継続との見方で日経平均が上昇する中円売りが優勢となっています。 欧...

 

先週はドル円が前週末発表された米CPIの結果を受け軟調な地合いで始まったが、後半に入りドル高円安の流れに変わった。今週もこの流れを継いで堅調な地合いが期待できそうだ。先週はオーストリアの選挙やスペインのカタルーニャ自治区で独立問題が燻る中でユーロは軟調に推...

 

10/23(月)「与党大勝、黒田総裁「ノーバブル」、イエレン議長「ゼロ金利示唆」、季節的円安」 総括「ECB理事会 衆院選、豪 CPI、英米 GDP、独 IFO トルコ政策金利」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨...

 

昨日の海外時間には、米長期金利が上昇したことから円売りが強まりました。 欧州時間序盤、独DAX指数が上昇したことと、スペイン・カタルーニャ問題への懸念から独国債利回りが上昇し、米長期金利もつれ高となりました。米長期金利の上昇を受けてドル買いが優勢となって...

 

昨日の海外時間には、米経済指標の強い結果を受けて米長期金利が上昇しドル買いが強まる場面もありましたが、米長期金利の上昇は続かず、ドルも売り戻されました。 欧州時間、ドル円、ユーロドルは狭いレンジ内の取引となった一方、カーニーBOE(英中銀)総裁が「景気刺...

 

「発言おさらい、カタルーニャ、ECB政策、イラン核合意 英離脱」 *ハモンド英財務相=英国がEUに清算金を支払わずに離脱する確率は高まっておらず、離脱交渉は暗礁に乗り上げていない *サエンスデサンタマリア・スペイン副首相=プチデモン・カタルーニャ自治州...

 

 東京市場のドル/円は、112円台前半で方向感なくもみ合う展開となりました。昨日の111.60円台からの反発で下値模索の機運はひとまず後退したようですが、上値を追うにはエネルギー不足の模様です。欧州市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材...

 

昨日の海外時間には、「テーラー・スタンフォード大学教授がトランプ米大統領に次期FRB議長として好印象を与えた」と報じられたことから米長期金利が上昇しドル買いが強まりました。 欧州時間序盤、日経平均先物がやや下落したことから円買いが強まってドル円が111....

 

(豪ドル米ドル日足)米長期金利の低下により豪ドルは底堅い動きが続いている。先日のFOMC議事要旨の内容がハト派的と受け止められたことで米長期金利は上値の重い展開が続いており、それが豪ドルの押し上げ要因となった。豪ドル自体の買い材料で買われているということで...

 

先週は北朝鮮の地政学的リスクに対する警戒感の高まる中で日本の祝日や米国コロンブス・デーが重なり市場の流動性が低下する中で動意が乏しかった。週明けドル円は好調な米国雇用統計の結果と同時に北朝鮮リスクの高まりなどもあり112円後半で膠着状態が続いた。材料不足の...

 

※忙しい人のサマリー 米CPI弱く、ドル売り強まる 北朝鮮リスクなど警戒し、その前から重い ポンドは神経質な展開続く。ブレグジッドがらみで警戒感 -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-- 【東京市場】ドル売りが優...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved