外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 FOMC の検索結果

登録記事数 1126件中 241 - 270 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

昨日の海外時間は、NY債券市場がコロンブス・デーで休場だったこともあってもみ合いが続きました。 欧州時間、英統計局が先週金曜日に発表した第2四半期単位労働コストを、第1四半期分と共に大きく上方修正したことからポンドが買われたことからユーロもつれ高となって...

 

 

10/9(月)「例年の季節的な強弱はあっても、円相場の基調を決めるのは貿易収支」 総括「G20・IMF世銀 衆院選公示 黒田日銀総裁 日銀支店長会議など」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 当局・...

 

「来週の各国別注目ポイント」 全体 ミサイル G20・IMF世銀 衆院選公示 黒田日銀総裁 日銀支店長会議 日中独英 貿易収支 米 CPI 小売、ミシガン FOMC議事要旨 メヒコ CPI 米 FOMC議事録 新規失業保険申請件数 生産者物価指数 消費...

 

「来週の焦点、ミサイル G20・IMF世銀総会 衆院選公示 黒田日銀総裁 日銀店長会議 日中独英 貿易収支 米 CPI 小売、ミシガン FOMC議事要旨 メヒコ CPI」 9(月) 東京休場(体育の日)  独 鉱工業生産 メキシコ 消費者物価指数  コロ...

 

CMEグループのフェドウォッチ=88%の確率で12月のFOMCで利上げを実施するとの見方が織り込まれた。前日終盤は83%だった。

 

「来週も熱いぜFX、G20・IMF世銀 衆院選公示 黒田日銀総裁 日銀支店長会議 日中独英 貿易収支 米 CPI 小売、ミシガン FOMC議事要旨 メヒコ CPI」 9(月) 東京休場(体育の日) トロント休場(サンクスギビングデー)  独 鉱工業生産 ...

 

 中央銀行の金融政策は短期金利を操作し、長期金利に働きかけることで景気や物価を刺激するというのがひとつのセオリーとなっている。政策金利となっている短期金利がゼロ%近辺となった際には、国債などを買い入れて長期金利に働きかけようとした。それではこの金融政策が本...

 

 米10年債利回りは7月上旬に2.4%近くまで上昇していたが、その後低下トレンド入りし、9月上旬に2.0%近くまで低下した。この間に米10年債利回りが低下した背景として、イエレンFRB議長が謎とした足元物価の低迷があった。FRBの年内あと一回の利上げは見送...

 

昨日の海外時間には、週末に行われたスペイン・カタルーニャ州の住民投票を巡る混乱を嫌気してユーロが軟調に推移しました。一方ドル円は米長期金利がやや低下したこともあって小緩みました。 欧州時間序盤、週末に行われたスペイン・カタルーニャ州の住民投票を巡る混乱を...

 

昨日の海外時間には、東京時間に米長期金利が上昇してドル買いが強まった流れが反転して、米長期金利が低下、ドル売りが強まる中、ドル円は東京時間午後の高値から約1円下落しました。 欧州時間、特段の材料はありませんでしが、米長期金利が低下を始めたことから東京時間...

 

 9月27日の日本の債券市場では、久しぶりに先物が大きく下落し22銭安の150円58銭で引けた。債券先物の20銭程度の下落は過去の動きからは普通に見えるが、ここにきてはそこそこ値幅が大きいものとなっていた。  この日本の債券先物の下落に誘発されたかのよ...

 

 FRBのイエレン議長は26日の全米企業エコノミスト協会での講演で、「インフレ率が目標の2%に戻るまで金融政策を据え置くのは賢明ではない」と述べ、緩やかな利上げが現在のところ最も適切な政策スタンスだとの認識を示した上で、「ゆっくりし過ぎないよう注意するべき...

 

「他市場」 *中国株=銀行、石油株、保険株が売られるも、5G関連株が買われ小幅高 *米株=リパトリ減税を含む税制改革案を好感し上昇 *米債券=FOMCの利上げ観測とリパトリ減税を含む税制改革案を好感し利回り上昇 *貴金属=FOMCの利上げ観測とリパ...

 

(米ドル円日足)前日の北朝鮮による米国への挑発的な発言を受け下落したドル円も一晩経てば下落前のレベルに押し戻されるなど往って来いとなるなど一日天下となった。実際には軍事衝突はないという見方が根強く、これまでのパターンを繰り返しており、市場はこの手のニュース...

 

*

 

金曜日の海外時間には、狭いレンジ取引が続きました。週末に行われた独連邦議会選挙では、メルケル首相のCDUが第1党の座を確保したものの、連立相手のSPDが連立離脱の方針を示したり、右翼政党「ドイツのための選択肢」が予想以上に議席を確保する見通しとなったことか...

 

2013年7月8日より、上田ハーローFXさん のご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 今週の視るブログは、先週の振り返り(FOMC)+今週の注目点と英中銀...

 

おはようございます しろふくろうです! 先週のFOMCを終えてドル高傾向が継続し...

 

(米ドル円週足)北朝鮮が太平洋上で水爆実験を示唆したことから週末の東京市場ではドル売り円買いの動きが先行。FOMCで年内利上げ観測が高まり円が買われた後ということもあり利食いも誘い112円ミドルから111円ミドルに下落。その後は112円台に押し戻されて引け...

 

(豪ドル円週足)順調に上昇が続いていた豪ドルはS&Pの中国格付け引き下げにより一転売りが強まった。一方、ロウRBA総裁が「金利は低下よりも上昇の可能性が高い」と発言したものの反応は限定的となった。先週の豪ドル円は2015年12月以来の高値となる90...

 

先週はFOMCが開かれ年内利上げ見通しが再び強まる中で日銀会合が開かれ、改めて日米金融政策の違いが意識されドル高円安の動きが強まった。今週もこの流れを継いだ動きが予想される。先週行われたFOMCではバランスシート正常化を10月からスタートすることを決定。ま...

 

※忙しい人のサマリー 北朝鮮リスクなど警戒し、一時調整強まる ユーロは週末の独連邦議会選挙警戒のポジション調整も 選挙はメルケル首相率いるCDU/CSU勝利も、議席を大きく減らし ややユーロ売りの反応 -+---+--+---+---+---+---+-...

 

*   2016年 2017年       12月30日 9月22日 差 % ドル円 116.96 112.02 -4.94 -4.22 ユーロ円 123.03 133.79 ...

 

9/25(月)「季節のリズムはあれど貿易黒字通りの今年の円高」 総括「解散国会 イエレン議長 黒田総裁 独 IFO NZ・メキシコ 政策金利 日欧 CPI 米 GDP確報 個人所得」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3...

 

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが〜くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 2007年に発覚した米サブプライムロー...

 

*9月20日(水)

 

まずはFOMCから “年内あと1回目” っていう目先の “米利上げ” と10月からのQE縮小を見据えた動きをした前日のNY市場 ・・・ ドル円は、米figureが良かったこ [...]

 

東京市場のドル/円は、北朝鮮が太平洋で水爆実験を行う可能性を示唆した事が重しとなり、一時111.60円台まで下落。ただ、その後は112円ちょうど前後まで値を戻しています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。9/22(金)17:00&nbs...

 

「他市場」 *中国株=FOMCで利下げ観測が高まり人民元安が進み資金流出懸念も出て下落 *米株=年内の利上げ観測をきっかけとし利益確定売りが出て下落 *米債券=利上げ観測が続き利回り上昇 *貴金属=利上げ観測で売られ下落 *原油=産油国閣僚会合を...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved