外国為替ブログナビ

FX-BLOGトップへ

 

 

注目の情報

広告掲載についてはこちら

 あなたのページにランク表示

 

スポンサードリンク

 

 FOMC の検索結果

登録記事数 1126件中 91 - 120 件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

[説明:個人サイト 法人サイト 各ブログのRSS RSSとは]
 

(米ドル円日足)先週は米国暫定予算案の可決や税制改革への期待などからドル円は113円台に上昇。また、英国のEU離脱交渉で3分野が基本合意されたことでポンド円が上昇したこともドル円の下支えとなった。先週末に発表された米雇用統計では雇用者数が予想よりも増加した...

 

予想レンジドル円     112.80〜114.00ユーロ円    132.80〜134.00ユーロドル   1.1700〜1.1850豪ドル円    84.50〜85.80**********************先週末発表された米11月雇用統計は非農...

 

先週はロシア疑惑への警戒感が漂う中で米国税制改革一本化の動きや暫定予算案の可決などからドル上昇の余地が拡大。また、欧州ではドイツの連立政権への動きや英国のEU離脱交渉が進捗するなど市場全般に安心感が広がりドル円は底堅い動きが続いた。また、週末に発表された米...

 

※忙しい人のサマリー 株高など好感し、ドル買い継続 雇用統計は非農業部門雇用者数が予想を超えるも、平均時給が弱め 好悪交錯で振幅後、ドル売りも限定的。 -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-- 【東京市場】午前中やや...

 

12/11(月)「月曜版は今年最終号、リパトリ減税 VS 米国貿易赤字」 総括「FOMC 短観、トルコGDP 米・英・南ア CPI 欧 ZEW 豪 雇用、中 小売 鉱工業 英・欧・スイス・トルコ・MX 政策金利」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、...

 

「来週の各国別注目ポイント」 全体 FOMC 短観、トルコGDP 米・英・南ア CPI 欧 ZEW 豪 雇用、中 小売 鉱工業 英・欧・スイス・トルコ・MX 政策金利 米 生産者物価指数 消費者物価指数 FOMC 新規失業保険申請 輸入物価指数 小売売...

 

「来週も熱いぜFX、FOMC 短観、トルコGDP 米・英・南ア CPI 欧 ZEW 豪 雇用、中 小売 鉱工業 英・欧・スイス・トルコ・MX 政策金利」 11(月)日 法人企業景気予測調査、ノルウェー 消費者物価指数 トルコ GDP 12(火)日 第3...

 

ニューヨークダウは、発表された11月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が、22.8万人と予想の19.5万人より良かったものの、平均時給が予想よりも弱く、景気拡...

 

本日は雇用統計でした。数年前と比べると、あまり動かなくなってきていますが、それでも平均時給などは重要視されています。ドル円は113.58円まで上昇。ユーロドルも1.1729ドルまで下落。ポンドが激しく、ブレグジット交渉で乱高下が続いています。EUサミットが...

 

「来週もメチャ熱いぜFX、FOMC 短観、トルコGDP 米・英・南ア CPI 欧 ZEW 豪 雇用、中 小売 鉱工業 英・欧・スイス・トルコ・MX 政策金利」 11(月)日 法人企業景気予測調査、ノルウェー 消費者物価指数 トルコ GDP 12(火)日...

 

昨日の海外時間には、NYダウなどが堅調に推移する中、リスク選好の動きで円売りが優勢となる中「トランプ米大統領はインフラ整備計画を来年1月に発表」と報じられたことからドル買いが強まりました。 欧州時間、東京時間の流れを引き継いで各国株価が堅調に推移する中ド...

 

昨日の海外時間には、米長期金利が低下する中、原油相場が下落しリスク回避の動きが強まって、ドル買い、円買いが優勢となってクロス円で円高となりました。カナダ中銀は予想通り政策金利を据え置きましたが、改めて慎重な姿勢を示したことからカナダドルは売られました。 ...

 

昨日の海外時間には、米長期金利が上昇してドルが強含む場面もありましたが、NY時間午後に米長期金利が低下する中各国株式と原油相場が下落したことからドル円も反落しました。 欧州時間、米長期金利が低下する中、原油相場、各国株価が下落して円買いが優勢となって、ド...

 

昨日の海外時間には、週末に米上院で税制改正法案が可決されて東京時間に上昇していた米長期金利が上昇幅を削る展開となったことからドル円も反落しました。 欧州時間序盤、米長期金利が上昇したことからドル買いが優勢となってドル円は113.00円台まで上昇し、ユーロ...

 

金曜にロシア疑惑の報道があり、ドル円は急落しましたが、それが誤報ということで、一転上昇しています。米上院で税制改革が可決されたことも合わさって、113.08円まで上がってきました。今週は雇用統計で、来週はFOMCです。それが終わればクリスマスなので、今年も...

 

金曜日の海外時間には「ロシアゲート関連で前米大統領補佐官のフリン氏が偽証を認めた」と報じられたことからドルが急落しました。しかし週末に米上院が税制改革法案を可決したことから週明けの為替市場ではドル買いが強まっています。 欧州時間序盤、特段の材料はありませ...

 

12/4(月)「日米リパトリ、不祥事円安が少し」 総括「ロシアゲート、日米リパトリ、米雇用・貿易・ISM・ミシガン、豪 政策金利・GDP、南アGDP 中 貿易 など」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコリラ」テクニカル「主要3通貨ペアテクニカ...

 

昨日の海外時間には、引き続きポンド買いが優勢となる中、米共和党の税制改正法案に反対する可能性があったマケイン共和党上院議員が税制改正法案を支持すると発表したことから米長期金利が上昇し円売りが強まりました。 欧州時間序盤、米長期金利と日経平均先物が上昇し...

 

(米ドル円日足)米税制改革への期待からドル円はNY市場で112円ミドルを上抜くなど底堅い動きで引けている。112円ミドルは11月22日のFOMC議事要旨が公開されドル円が下落する直前のレベルであり欧州市場では上値が抑えられた。NY市場でコリンズ上院議員が「...

 

昨日は米税制改革の行方を巡りドルが乱高下する場面がみられたが最終的に合意に至るとの期待が高まり株価が大幅上昇となりリスクオンの円安が進んだ。昨日の東京市場では前日の米GDPの結果や11月末に絡んだドル買い需要もありドル円は底堅い動きで始まった。欧州市場では...

 

昨日の海外時間には、イギリスとEUが離脱に関わる清算金について大筋合意したとの報道を受けてポンド買いが強まりました。一方、米長期金利とNYダウが上昇したことからドル円も上昇し112円台を回復しました。 欧州時間序盤、東京時間終盤の流れを引き継いでややユー...

 

昨日の海外時間には、米長期金利が低下する中北朝鮮による弾道ミサイル発射の懸念が高まって円買いが強まりました。 欧州時間序盤、米長期金利が低下したことからドル売りが優勢となって、ドル円は111.10円台まで下落し、ユーロドルは1.1950台まで上昇しました...

 

 米財務省が発表している米国債国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES)によると、9月の国別の米国債保有高は中国が4か月連続のトップとなった。ただし、中国の米国債の買い越し継続は8月での7か月連...

 

11/27(月)「円高要因=貿易黒字、出口政策、消費増税、節分リパトリ、円安要因=株高 秋需給」 総括「師走 パウエルFRB理事 イエレン議長 米 GDP改定 ベージュ 中 製造業PMI、欧 CPI、など」その他通貨「豪ドル、NZドル、南アランド、トルコ...

 

※忙しい人のサマリー インフレ鈍化長期化懸念がドル売り誘う 感謝祭を前に水曜日海外市場でドル安、その後は安値圏もみ合い -+---+--+---+---+---+---+---+---+--+-- 【22日の市場】  朝からドル安が優勢。   イエレ...

 

「低インフレ懸念 FOMC議事録」 *数人が当面の利上げに反対、弱いインフレで*「近い将来」の利上げは正当化されると多くが判断*労働市場は引き締まっており、インフレを押し上げ*インフレ率が目標を下回る時期が長引く可能性を多くが指摘 *低いインフレ期待を幾...

 

「他市場」 *中国株=銀行、石油、軍需株主導で上昇  *米株=耐久財受注悪化で下落。金利低下の銀行株も下落 *米債券=イエレン議長が「物価の停滞が一時的ものなのか確信が持てず、注視している」と発言し利回り低下 *貴金属=ドル安やFOMCの低インフレ...

 

昨日の海外時間には、米長期金利が低下してドル売りが優勢となりました。公表された米FOMC議事録では12月の利上げが示唆されましたが、一方でインフレ率低下の長期化が懸念されていたことから米長期金利が一段と低下しドルも売られました。 欧州時間序盤、特段の材料...

 

 ----------11/22ドル円相場概況-------------------------  主要サポートを軒並み下抜けて2カ月ぶり安値 OP-112.459 HI-112.497 LO-111.141 CL-...

 

(米ドル円日足)東京市場では前日のNY株式市場の流れを継いで日経平均株価は軟調な地合いで始まった。イエレン議長の議会証言は中立的な内容となり市場への反応は見られなかったことも安心感を与えたとみられる。ただ、欧米市場にかけて日米祝日を控えたポジション調整の動...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>次へ

スポンサードリンク

FX-BLOGとは

FX-BLOGは、為替に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。またオフィシャルブログでは様々なジャンルの執筆者によるブログを公開しています。


Copyright(C)2005 Phi Concept,Inc. All rights reserved