斎藤登美夫の「FX-Newsletter」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん矢田さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告


“齋藤登美夫のFX-NEWSLETTER”全記事バックナンバーはこちらから

2011年04月01日(金)

「過度の変動」

4月に入りましたが、まだ投稿できるようなので・・・。


過去にも筆者は良く論じてきたけれど、各国の通貨当局が一番懸念しているのは為替のレベルよりも変動率だ。これは要人発言において、「過度の変動を懸念する」などといった文言が多用されるところからも垣間見える。

しかし、今回の件についても思うのだが、「過度の変動」とか「相場の急変にはうんぬん」ってコメントは必ず円高方向に動いたことに際して用いられますよね。逆に円安方向に振れた場合にはダンマリ、だ。実際、今回も円安の進行ではとくべつコメントが聞かれない。

簡単な計算で算出できるけど、ドル/円相場なんてイレギュラー気味ですが17日に記録した安値76.25円を仮に起点とすれば、本稿執筆時のドル高値83.75円まで10%近い上昇なんですけどね。それもわずか10営業日(2週間)で・・・。平均すると1営業日で1%ずつのドル高・円安です・・・。
これは「過度の変動」や「相場の急変」ではないのだろうか?

もっとも、そんな相場の急変をもたらせた一因、片棒を政府・財務省の市場介入が担っていたので、声高に言えない・認められないところもあるのでしょうけど。
でも、なんというかダブルスタンダードって気がするのは筆者だけでしょうか?

もうひとつ。こちらも以前に書きましたけど、原油など資源高のなかジワリと円安になってきたってことの影響を、政府などはもう少し真剣に考えた方がいいと思いますね。
もちろんまだ80円台なので憂慮したりするのは早いですが、それでも関東大震災や阪神大震災という過去に起こった大震災を参考にするとドル/円相場は早ければ年内にも100円を超える可能性がある。急に考えても遅いのは当然なので、いまから対応を考えはじめた方が宜しいかと思いますが、筆者の戯言なんか誰も鼻にも引っ掛けないんだろうな(苦笑)。

Posted at 17時42分 パーマリンク


2011年03月28日(月)

ドル高続くか、関心は金利差へ=今週のドル/円見通し

今週の為替市場は、先週末に向けて進行したドル高基調が続くのかどうかを見極める展開となりそうだ。保険金支払いにともなうリパトリや福島原発に関する話題などマーケットでは東日本大震災に関する話題が長らく取り沙汰されてきたものの、先週末に掛けては主題が日米の金利差へと再び移行した感も否めない。個人的には米国の出口戦略に対する参加者の期待感が高過ぎる気もしているが、流れに逆らっても決して良いところはない。むしろキチンと流れに乗っていくことが肝要だと思う。

テクニカルに見た場合、過去4日ほど続けてきた81円を挟んだ狭いボックス圏を先週末にようやく上放れしてきた。リスクはドル高方向にバイアスがかかる。そんなドルの抵抗は、まずG7協調介入後のドル戻り高値である82円前後。3月の期末前で上方向に並ぶ輸出のオファーをどの程度こなせるのかがポイントのひとつになる気がしている。抜けると82円半ばから後半に掛けて位置する一目均衡表の先行帯の雲がターゲットに。

そうしたなか、今週は材料的に大きく2つの要因を注視している。
ひとつは、金利差の問題。先週末25日のドル全面高は米国の長期金利上昇によるところが大きいことは疑いない。複数の米地区連銀総裁などから利上げを支援する発言が相次いだためだが、潜在的なインフレ懸念は米国以外たとえば欧州などでも高まっている。これは日本の大震災やリビア混乱を受けた商品相場の上昇などが背景のひとつだ。各国のインフレ観測に繋がっていることは間違いない。
なお、米国の利上げ観測についてはまだユーフォリア、期待感が先行しているイメージもなくはないが、ここから先は現実感が強まるようだとさらなるドル高の支援要因となりかねないのかも知れない。

ふたつめの要因は宮城県を中心とした東日本大震災に関する各種問題。関心は高いが福島第1原発の放射能漏れに関する報道なども徐々に織り込まれてきた感を否めず、よほどのことでないと材料視されにくいイメージもなくはない。しかし、今後の復興需要に対する期待と燃料や物資不足、また作付けシーズンを前にした被害から食糧不足の懸念も取り沙汰され始めるなど、問題が多岐に広がり複雑化の様相を呈している。為替市場への影響という点では、直接ではなく間接的なファクターだが動静には十分に注意を要したい。

なお、上記以外に注目されるものを幾つかアトランダムで列挙すると、期末・期初をにらんだ各種の需給要因(駆け込み的な為替予約や新年度入り後は新規外債投資など)、週末に予定されている米雇用統計を中心とした米経済指標の発表、米債の入札、ポルトガルなど一部欧州諸国で再燃しつつあるソブリンリスク、リビアを中心とした中東・北アフリカなどにおける政情不安・地政学リスク−−などとなる。(了)



P.S.
突然ですが、当ブログを3月末をもちまして「卒業」することになりました。
したがって、この毎週月曜日に掲載していた当見通しは今週が最終回となります。長いあいだの御愛読ありがとうございました。

Posted at 12時31分 パーマリンク


2011年03月24日(木)

「カネを使おう、飲みにも行こう!」

先日、大震災以降初めて知人と飲みに行った。

行った場所は六本木。多ければ週1、下手をすると一人でも行くアジアンテイストの店で、店長以下全員が顔見知り。陣中見舞いも兼ねて行ったのだが、あまりの客の少なさに愕然とした筆者です・・・・・・。いつもは混んでいるのに。

そんなことで、店長ともなんだかんだで色んな話をしたけれど、震災前と後では客足が半分どころか2-3割へと落ち込んでいるという。店の被害は幸運なことにほとんどなかったというが、逆に集客に苦しんでいるようだ。

被災地のことを考えると外食での散財はしにくいとか、気持ちは判ります。気持ちがどうしてもシュリンク・委縮しちゃいますよね。筆者もそうだったので、飲みに行くのがノビノビになったわけですし・・・。

けれど、東京など首都圏で生活するひとたちは、多少おカネを使わないと今度は都内などでも干上がる業種の方たちが出てきますよ。筆者の知る限り、飲食業の方たちはどこも嘆いておりました。お客さんが激減している、と。

毎日とは言わないし、必要以上の贅沢をすることはないけれど、外食や飲みに行くチャンスをもう少し増やしてもイイ気がします。
ただし外食の際には食べ残しすること、それは幾つかの意味で失礼かなと。被災地の方のこととか考えると、少なくとも頼んだものは全部食べましょう。それが最低限の礼儀である気がしています。

Posted at 09時27分 パーマリンク


2011年03月22日(火)

G7合意受けた当局の対応如何に?!=今週のドル/円見通し

今週の為替市場は、G7合意を受けた当局の対応ならびに円高阻止のスタンスをにらみつつ、円相場の動静がポイントとなりそうだ。円売り協調介入という「力技」によるものとはいえ、ドル/円の日足チャートをみるとドルの下値を積極的には売りにくい雰囲気を醸している。そうした意味では底堅い値動きをたどることも否定は出来ないが予断は許さない。先日の円高進行は第1波に過ぎず、それを乗り越えたものの今後第2波、第3波の円高到来を予想する声も少なくはない。80円レベルを再びしっかり割り込むようだと、76.30円レベルの史上再安値が視界内に捉えられるとの見方も聞かれていた。

テクニカルに見た場合、日足のチャートを見ると2円を超える長い下ヒゲに続き、先週末には実体部の非常にしっかりした陽線が記録されており、確かに目先は下値を積極的に売りにくい雰囲気も否めない。一番底という意味では、先日の76円台がある種の底値であった可能性を否定出来ない。
しかし、以前に報じたことがあるようにドル/円の底入れには幾つかの条件がある。紙幅の関係もあるため詳細は省くが、それを参考にすれば短期的な動きはともかく中期スパンで見た場合には再び先日安値の76円台近くまで、あるいは同安値を再び更新する危険性もくすぶっていると言えるかも知れない。円高再燃の動きにも一応の注意を要したい。

そうしたなか、今週は材料的に大きく2つの要因を注視している。
ひとつは、宮城県を中心とした東日本大震災に関する影響。引き続き保険金支払い増にともなうリパトリの思惑も聞かれるが、日本損保協会・鈴木会長からの「手持ち資金は潤沢」発言(17日)などもあり以前ほど声高に論じられなくなってきた。とはいえ、3月期末前という季節的な要因を加味すれば、リパトリの観測を完全に払拭することは難しそうだ。
その一方、徐々に注目度を増しているのが福島第1原発による事故の被害状況。共同通信社が本日報じたところによると、海江田経産が「原発は必ずしも安全に向かっていると言えない」などと発言したという。そうしたなか、相場と直接的な関係はないが、大使館などを含め一部の外資系は職員の国外退去や拠点を臨時で関西に移すなどの動きも観測されている。まだ目立った動きは見られないが、状況如何では外国人による「日本売り」の口実にならないとも限らないように思う。

次に注目されるものは、中東・北アフリカのほかアジアの一部でも見られる政情不安・地政学リスク。日本の大震災を受け新聞やテレビなどの報道ベースではあまり見ることもなくなったが、リビアを中心に引き続き情勢は予断を許さない。とくに本日になり、多国籍軍がリビア政府軍に攻撃を仕掛けた、との通信社報道もなされている。どうしても近視眼的、視野が狭くなりがちだがグローバルな視点も忘れずに持ち続けたい。

なお、上記以外に注目されるものを幾つかアトランダムで列挙すると、日本の政府・財務省による追加的な円売り市場介入、日本の大震災にもかかわらず早期利上げスタンスをうかがうわせるECBの次回会合に向けた動き、日銀による流動性供給の増強策、原油を主とした商品相場動向−−などとなる。(了)

Posted at 10時04分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

FXニュースレター代表

斎藤登美夫

約13年間の為替専門誌記者生活を経て独立。現在は個人投資家向け為替情報会社『FXニュースレター』の代表を務める。かつては、金融情報誌『ユーロマネー』のベストディーラー・アンケート「短期予測・銀行投票部門」でランクインした経験も。ディーラー、アナリスト、霞ヶ関などの豊富な人脈を生かした取材・情報提供には定評がある。

活動状況

FX-newsletter
金融・為替情報の決定版。豊富な人脈・経験を生かしたレポートには注目。
外為人物伝
個性的な為替業界のプレイヤーを紹介。

2017/10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.