斎藤登美夫の「FX-Newsletter」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん矢田さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2011年03月14日(月)

ドル高orドル安?!動静読みにくい=今週のドル/円見通し

今週の為替市場は、動静の読みにくい1週間となりそうだ。詳細は下記で詳しく報じるが、筆者のヒアリングした限りにおいても、インターバンクディーラーを中心とした市場参加者の見方もドル高とドル安で見通しはほぼ拮抗している。
いずれにしても、今週は計画停電の件を含め東京タイムを中心に市場参加者がどう動くのか、手さぐり状況の相場が続く公算が大きい。流動性が極端に乏しい状況が続くことも予想されるだけに、取引をされる方はストップロスをキチンと置くなどして、思わぬ価格変動にしっかりと対処をしたい。

テクニカルに見た場合、ドル/円相場は本日早朝に一時80.60円レベルまで下落し、年初来安値を大きく下回ってきた。ただし滞在時間は短く、そのあと同レベルから急速に戻し本稿執筆時には82円台で推移している。実に1円を超える戻しで、上下動が激しい。まるでジェットコースター相場だ。
そんなドル/円は、先週末の下げで82.20-70円レベルに位置した一目均衡表の先行帯の雲を一気に割り込んできたことあり、基本的なリスクは下向きか。本日早朝に記録した80.60円レベルを仮に割り込むようだと、昨年安値である80.23円レベルが名実ともにターゲットとして意識されかねない。それに対するドルのレジスタンスはまず前述した一目の雲などとなる。

そうしたなか、今週は材料的に大きく2つの要因を注視している。
ひとつは、先週末に起こった宮城県を中心とした大地震に関する諸環境。足もとでは保険金支払い増にともなうリパトリの思惑が3月期末に向けた円買い観測に結び付いている面は否めないものの、継続性は果たしてどうか。また、さらなる円高をもたらすほどの材料となるのかどうかについて懐疑的な見方も少なくはない。
それに対して、逆に福島原発による事故の被害によっては円安に振れかねないとの指摘や、計画停電を受けたトヨタをはじめとする日本の主要企業の操業に与える影響も円安要因として懸念されている。さらに短期の要因ではないが、日本政府による国債の発行増を懸念する声もあり、それらはすべて為替市場における円売り要因となりかねない気がしている。

次に注目されるものは、各国の金利動向。事前予想通りとはいえ先週NZが世界的な流れと逆行する「利下げ」を実施するなか、今週は週初に日銀そして以降米国(FOMC)、ノルウェー、スイス、インドなどの中銀が順次政策金利の発表を行う見込みとなっている。
なかでも注視されているのは、やはり米国のスタンスで改めて緩和姿勢を示すのか、それとも出口戦略に向けた姿勢をうかがわせるのか、いずれのスタンスを取るかによってドル相場の先行きが決定づけられる気がしないでもない。

なお、上記以外に注目されるものを幾つかアトランダムで列挙すると、レベルにもよるが日本の政府・財務省による市場介入(事情が事情だけに各国の理解を得やすいとの指摘も・・・)、中東・北アフリカのほかアジアの一部でも見られる政情不安・地政学リスク、高騰の続く原油価格、ユーロ圏財務相会合などイベントが多い欧州情勢−−などとなる。(了)



Posted at 10時15分


コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

FXニュースレター代表

斎藤登美夫

約13年間の為替専門誌記者生活を経て独立。現在は個人投資家向け為替情報会社『FXニュースレター』の代表を務める。かつては、金融情報誌『ユーロマネー』のベストディーラー・アンケート「短期予測・銀行投票部門」でランクインした経験も。ディーラー、アナリスト、霞ヶ関などの豊富な人脈を生かした取材・情報提供には定評がある。

最近の記事

スポンサードリンク

2011/3

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.