斎藤登美夫の「FX-Newsletter」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん矢田さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2011年04月01日(金)

「過度の変動」

4月に入りましたが、まだ投稿できるようなので・・・。


過去にも筆者は良く論じてきたけれど、各国の通貨当局が一番懸念しているのは為替のレベルよりも変動率だ。これは要人発言において、「過度の変動を懸念する」などといった文言が多用されるところからも垣間見える。

しかし、今回の件についても思うのだが、「過度の変動」とか「相場の急変にはうんぬん」ってコメントは必ず円高方向に動いたことに際して用いられますよね。逆に円安方向に振れた場合にはダンマリ、だ。実際、今回も円安の進行ではとくべつコメントが聞かれない。

簡単な計算で算出できるけど、ドル/円相場なんてイレギュラー気味ですが17日に記録した安値76.25円を仮に起点とすれば、本稿執筆時のドル高値83.75円まで10%近い上昇なんですけどね。それもわずか10営業日(2週間)で・・・。平均すると1営業日で1%ずつのドル高・円安です・・・。
これは「過度の変動」や「相場の急変」ではないのだろうか?

もっとも、そんな相場の急変をもたらせた一因、片棒を政府・財務省の市場介入が担っていたので、声高に言えない・認められないところもあるのでしょうけど。
でも、なんというかダブルスタンダードって気がするのは筆者だけでしょうか?

もうひとつ。こちらも以前に書きましたけど、原油など資源高のなかジワリと円安になってきたってことの影響を、政府などはもう少し真剣に考えた方がいいと思いますね。
もちろんまだ80円台なので憂慮したりするのは早いですが、それでも関東大震災や阪神大震災という過去に起こった大震災を参考にするとドル/円相場は早ければ年内にも100円を超える可能性がある。急に考えても遅いのは当然なので、いまから対応を考えはじめた方が宜しいかと思いますが、筆者の戯言なんか誰も鼻にも引っ掛けないんだろうな(苦笑)。



Posted at 17時42分


コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

FXニュースレター代表

斎藤登美夫

約13年間の為替専門誌記者生活を経て独立。現在は個人投資家向け為替情報会社『FXニュースレター』の代表を務める。かつては、金融情報誌『ユーロマネー』のベストディーラー・アンケート「短期予測・銀行投票部門」でランクインした経験も。ディーラー、アナリスト、霞ヶ関などの豊富な人脈を生かした取材・情報提供には定評がある。

最近の記事

スポンサードリンク

2011/4

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.