斎藤登美夫の「FX-Newsletter」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん矢田さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2011年03月17日(木)

「大地震について・・・その2」

東日本巨大地震が発生してから6日が経過しました。報じられる被害の大きさに唖然としている筆者です。
それからすると、筆者のうけた被害なんてホントに小さかったなぁ・・・と。

そうしたなか、残念なニュースも幾つか聞かれている。
ひとつは人の善意につけ込んだ寄付金サギなどの行為であり、また火事場泥棒の類、そしてメールやツィッターを使った悪意のある噂の拡散−−などがそうですね。

人間ってこういうときに、なんというのか本当の「人間力」が問われる気がしています。

被災地の一日も早い復興を祈願しております。

Posted at 17時30分 パーマリンク


2011年03月14日(月)

ドル高orドル安?!動静読みにくい=今週のドル/円見通し

今週の為替市場は、動静の読みにくい1週間となりそうだ。詳細は下記で詳しく報じるが、筆者のヒアリングした限りにおいても、インターバンクディーラーを中心とした市場参加者の見方もドル高とドル安で見通しはほぼ拮抗している。
いずれにしても、今週は計画停電の件を含め東京タイムを中心に市場参加者がどう動くのか、手さぐり状況の相場が続く公算が大きい。流動性が極端に乏しい状況が続くことも予想されるだけに、取引をされる方はストップロスをキチンと置くなどして、思わぬ価格変動にしっかりと対処をしたい。

テクニカルに見た場合、ドル/円相場は本日早朝に一時80.60円レベルまで下落し、年初来安値を大きく下回ってきた。ただし滞在時間は短く、そのあと同レベルから急速に戻し本稿執筆時には82円台で推移している。実に1円を超える戻しで、上下動が激しい。まるでジェットコースター相場だ。
そんなドル/円は、先週末の下げで82.20-70円レベルに位置した一目均衡表の先行帯の雲を一気に割り込んできたことあり、基本的なリスクは下向きか。本日早朝に記録した80.60円レベルを仮に割り込むようだと、昨年安値である80.23円レベルが名実ともにターゲットとして意識されかねない。それに対するドルのレジスタンスはまず前述した一目の雲などとなる。

そうしたなか、今週は材料的に大きく2つの要因を注視している。
ひとつは、先週末に起こった宮城県を中心とした大地震に関する諸環境。足もとでは保険金支払い増にともなうリパトリの思惑が3月期末に向けた円買い観測に結び付いている面は否めないものの、継続性は果たしてどうか。また、さらなる円高をもたらすほどの材料となるのかどうかについて懐疑的な見方も少なくはない。
それに対して、逆に福島原発による事故の被害によっては円安に振れかねないとの指摘や、計画停電を受けたトヨタをはじめとする日本の主要企業の操業に与える影響も円安要因として懸念されている。さらに短期の要因ではないが、日本政府による国債の発行増を懸念する声もあり、それらはすべて為替市場における円売り要因となりかねない気がしている。

次に注目されるものは、各国の金利動向。事前予想通りとはいえ先週NZが世界的な流れと逆行する「利下げ」を実施するなか、今週は週初に日銀そして以降米国(FOMC)、ノルウェー、スイス、インドなどの中銀が順次政策金利の発表を行う見込みとなっている。
なかでも注視されているのは、やはり米国のスタンスで改めて緩和姿勢を示すのか、それとも出口戦略に向けた姿勢をうかがわせるのか、いずれのスタンスを取るかによってドル相場の先行きが決定づけられる気がしないでもない。

なお、上記以外に注目されるものを幾つかアトランダムで列挙すると、レベルにもよるが日本の政府・財務省による市場介入(事情が事情だけに各国の理解を得やすいとの指摘も・・・)、中東・北アフリカのほかアジアの一部でも見られる政情不安・地政学リスク、高騰の続く原油価格、ユーロ圏財務相会合などイベントが多い欧州情勢−−などとなる。(了)

Posted at 10時15分 パーマリンク


2011年03月13日(日)

「大地震について・・・」

御存じのように、先週末11日に宮城県がM9.0の国内最大級の地震に見舞われました。
同県の南三陸町では、町民のうち1万人近い方と連絡が取れないそうで、本当に心配です・・・。

今回の地震のスゴイところは震源地から遠いところでも大きな揺れを感じたところ。筆者の住んでいるのは埼玉県ですが、震源地から300キロも離れているのに、震度5強でしたから。そのあとも余震が断続的に続いていますしね。

まぁ、それでもなんとか無事でいられたので、文句も言えませんけど。
皆さまはご無事でしたか?

そんな今回の地震、筆者は取材から帰る途中、屋外で遭遇しましたけど、「あれ?立ちくらみかな?」と最初に思いました。ちょっと貧血気味の気があるもので、たまに立ちくらみがあるんです・・・。
しかし、道行く周りのみなさんも不安げな顔をしているし、気が付くと看板とかも揺れているので、「あぁ、自分だけじゃないんだ。地震なんだ」って思いました。

そのあとは、皆さんそうだと思いますが交通機関が止まったこともあり大騒ぎ。
筆者も7-8時間かけて自宅へと帰宅しましたので・・・。

また、そのあいだ携帯電話がほとんど使えず、レートのチェックなども出来なかったので非常に不安でした。ポジションも持っていたし。
ちなみに、保有していたポジションはドルショートで、「大地震=円安」だと思っていたから、「こりゃぁ相当ヤラレたな。ロスカットがついたかも」−−と思っていましたが、あにはからんや逆方向に振れていて、帰宅後レートをチェックしてビックリした筆者です。まさか、リカクされているとはね・・・・・・。

・・・そんなこんなでなんとか帰った自宅もまぁヒドく、とくに蔵書3000冊以上抱える本部屋の惨状は目を覆いたくなるほどでしたが、まぁ仕方ないでしょうなぁ。先にも書いたように、命があっただけでもヨシとしないと。

明日からまた仕事。電力の供給が気になりますけど、筆者はなんとか頑張りたいと思います。未曾有の大事件ですので、皆さんも慎重に慎重をきたして過ごしていただきたいと思います。

Posted at 15時57分 パーマリンク


2011年03月11日(金)

「FX会社の求人状況」

プライベートでお世話になっている知人の息子さんは現在大学3年生(4月から4年生)。なので、そう現在はバリバリの就活時期にある。

以前に一度書いたような記憶があるのだが、希望職種は金融系でそれも出来れば運用とかそれに類する仕事がやりたいらしい。なかなか難しいですが。
そんなことで、先日知人を通して筆者のところにも連絡があり一緒に食事をしたのだが礼儀正しい好青年であった。猫を被っていた可能性もありますが(笑)。

ともかく、その際に色んな話をしたけれど、すごく印象に残っているのは「FX会社で新卒者の募集をしているところありますか?」−−という話。

うーむ。勉強不足を露呈するようだけど、聞いたことがないなぁ、と思いその場では答えられませんでした。ごめんなさい・・・・・・。

しかしなぁ〜。FX会社への就職ですか。どうなんでしょ、イイですか?
筆者は近いところで仕事をしているせいか、逆にいまひとつピンとこないというか、想像が出来ないんですけど。

なお、知人の息子さんは関東六大学のひとつ、名門校に通っているんですが、それでも就活は大変みたいです。早くひとつ決まって楽になりたいです−−って言ってましたし。
足もとの苦境なんとか突破して、是非とも美味しいお酒を飲みましょう!そのときは御馳走するからさ。

Posted at 09時34分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

FXニュースレター代表

斎藤登美夫

約13年間の為替専門誌記者生活を経て独立。現在は個人投資家向け為替情報会社『FXニュースレター』の代表を務める。かつては、金融情報誌『ユーロマネー』のベストディーラー・アンケート「短期予測・銀行投票部門」でランクインした経験も。ディーラー、アナリスト、霞ヶ関などの豊富な人脈を生かした取材・情報提供には定評がある。

活動状況

FX-newsletter
金融・為替情報の決定版。豊富な人脈・経験を生かしたレポートには注目。
外為人物伝
個性的な為替業界のプレイヤーを紹介。

2011/3

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.