RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2013年07月19日(金)

ドル買戻し材料多し!戻り買いに専念?

下院に続いて、バーナンキFRB議長の議会証言が上院で行われたが、前回の議会証言を踏襲、QE縮小開始時期を後退させるハト派な内容ではある。その中、米失業保険申請件数が予想以上に少なかったことや、フィレデルフィア連銀景気指数も、雇用指数が堅調で2011年3月以来の高水準に上昇したことを好感し、NYダウ株価が最高値を更新するなど、依然として、ドルを買い戻す動きが強まっている。

一方、市場の注目が明日から開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議並びに週末の参議院議員選挙に移っているが、米金融緩和縮小期待を背景に、中国を始めとして、インドやブラジルなどの新興国からの資金流出が顕著になっているため、今後も米国への資金還流が更に強まるとの見方が先行して、ドルの底堅さに繋がっている。
今後、新興国の減速懸念が鮮明になれば、安全資産であるドル買い、そして、円買い志向が更に強まる可能性もあるため、積極的に円売りを仕掛けづらい側面もあるものの、参院選での与党圧勝劇が見込まれている以上、当面、ドル円100円前後の底堅さを背景に、もう一段のドル買いシナリオを考慮せざるを得ないだろう。

他方、米国ではかつて自動車産業のリード役であったデトロイトが破綻に追い込まれるなど悪材料も噴出しているが、早朝に米格付け会社ムーディーズは米国債の格付け見通しを引き上げると発表しており、総体的にドルロングを手仕舞う動きは後退しているため、引き続きドルの戻り買いに焦点を当てて臨む事が得策であろう。



Posted at 10時35分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2013/7

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.