RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2017年07月31日(月)

米利上げ観測後退も売られすぎの兆候!?

PDFファイル(676KB)

ペットチャート (676KB)

予想レンジ
ドル円     110.00〜111.80
ユーロ円    129.30〜130.80
ユーロドル   1.1650〜1.1830
豪ドル円    87.80〜89.30

***********************

先週発表された米第2四半期GDP速報値は前期比2.6%と予想(2.7%)を若干下回り、第1四半期も下方修正される中、個人消費の速報値、PCEコアデフレータ速報値、そして、雇用コスト指数の伸び悩みなどから、インフレ見通しが鈍化傾向にあることが改めて意識されている。米債券利回りが軒並み低下しており、当面、FRBによる性急な利上げ観測は後退した感が強く、ドルの調整売りが優勢になっている。ただ、低金利政策の継続性を背景に、NYダウは一部企業の決算が好感される中、史上最高値を更新しており、米景況感底堅さが改めて意識されており、FRBの金利正常化は未だに意欲的と見なした方が無難であろう。

一方、ドル円は次回9月のFOMCでの利上げの確率は急速に萎えているが、一部では年内12月の利上げ期待まで後退したとの思惑もある。また、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を行ったことを受け、リスク回避の円買いも加わり、短期筋としても、ドルロングの手仕舞いに追いやられており、上値の重さが意識されている。ただ、ドル円110円台では随所に利食いと実需買いが散見されており、ドル円110円割れは時期尚早と見なした方が賢明であろう。

他方、ユーロドルは米債券利回りの低下を受けて、引き続き底堅い展開を見せているが、相対的に欧州通貨並びにオセアニア通貨共に買われすぎの兆候がある。当面、米金利の先高観測が後退したのが主な買い材料になってはいるが、米金利の下げ余地が少ないだけに現状レベルからの高値掴みには要注意であろう。



Posted at 10時00分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2017/7

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.