RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2018年11月12日(月)

米ねじれ議会発生!吉か凶か見極めの時?

PDFファイル(779KB)

ペットチャート (779KB)

予想レンジ
ドル円     113.30〜114.30
ユーロ円    128.30〜129.50
ユーロドル   1.1280〜1.1400
豪ドル円    81.50〜82.80

******************************

FOMCによる12月の利上げは確実視される中、米中間選挙の結果を受けて、今後の共和党と民主党のねじれ議会がトランプ政権の政策変更を余儀なくされるとの見方が先行している。相対的にはポジション調整や利益確定買いに圧される格好で米債券利回りは軒並み低下、そして、NYダウ平均株価も5日ぶりに反落するなど調整色を強めている。ただ、ねじれ現象がトランプ大統領の今後の政策運営にどのような支障を起こすかは定かでは無く、また、FRBの利上げ姿勢にも影響を及ぼす可能性もあるだけに、現時点では試行錯誤の段階であり、相場の動意を待ってからの始動にならざるを得ないだろう。

一方、ドル円は11月末の米中首脳会談に向けて、双方が歩み寄りを見せるとの期待と共に、米中貿易摩擦が和らぐとの希望的な観測もあるが、ドル円114円台が年初来高値圏でもあり、同レベルからの上値トライには慎重にならざるを得ない。引きつづきレンジ幅ドル円113.30〜114.30円重視で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルはポンド安の影響もあり、再び1.13前後まで下げ足を速めている。先にECBは年内で量的緩和(QE)拡大を終了することを強調する中,来年の成長見通しを下方修正するなど買い材料は乏しいが、反面、英EU離脱交渉も大詰めに来ており、過度なポンド安懸念は逆にリスク回避のユーロ買いに繋がる可能性もある。当面、ユードル1.13割れからショートは自重局面と見なした方が一考であろう。



Posted at 10時00分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2018/11

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.