RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2018年12月17日(月)

材料多くして、視界不良!?

PDFファイル(783KB)

ペットチャート (783KB)

予想レンジ
ドル円     113.00〜114.00
ユーロ円    127.50〜128.80
ユーロドル   1.1250〜1.1380
豪ドル円    80.80〜82.00

******************************

特段の材料は見当たらない中、米株式市場が大幅安と歯止めが掛からず、市場は日々緊張感を深めている。株価の下落要因は数々点在してはいるが、米中対立構造の深刻化をはじめに、各主要国が保護主義政策に走る可能性もあり、市場全般が視界不良の段階に差し掛かっているとも言える。その中、中国とユーロ圏の経済指標が予想を下回り、世界経済の先行き懸念が更に強まると共に、米債券利回りが軒並み低下するなど、市場心理の悪化と共に、リスク回避志向が一段と強まっている。本来ならば米債利回りの低下はドル売り促す材料になるが、英EU離脱問題やカナダ情勢が加わり、相対的にはドル買い戻しに重点を置いた戦略性が無難とも言える。

一方、ドル円は軟調な株価気配が予想されるが、相場自体は大きく反応しておらず、依然として、ドル円113円台半ば前後で試行錯誤が続いている。相対的には突発的な事態に備える格好で、直近のレンジ幅ドル円113.00〜114.00円を重視し、同レベルからのナンピン売買が賢明であろう。

他方、ユーロドルは先にドラギECB総裁は以前よりも成長が鈍化しており警戒感が増していると述べ、ECBは今年、成長見通しを3回下方修正したと言及、その中、欧州連合(EU)は、メイ英首相の要請を退け、合意なき離脱への準備を加速する方針を明示しており、引き続きポンド安を背景に戻り売りが優先されている。当面、レンジ幅をユーロドル1.1250〜1.1380まで拡大し、同レベル前後からのナンピン売買が一考であろう。



Posted at 09時44分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2018/12

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.