RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2019年02月25日(月)

米中通商協議混沌!結果待ち変わらず継続?

PDFファイル(771KB)

乖離幅チャート (771KB)

予想レンジ
ドル円     110.30〜111.30
ユーロ円    125.00〜126.00
ユーロドル   1.1300〜1.1400
豪ドル円    78.50〜79.50

******************************

市場が米中貿易協議の行方に注目する中、様々な憶測が飛び交っており、相場の難易度を高めている。トランプ大統領は習近平国家主席との会談が3月に実施される運びと述べているが、中国側は農産物中心に米国からの輸入を増やす方針とは言え、未だに、知的所有権や構造改革の点では大きなギャップが顕在化しており、3月1日の関税引き上げ期限は延期される見通しであろうが、米中双方が満足できる結果にはなりそうもなく、引き続き水面下での論争が続くと見なされている。その中、現段階では期待感を踏まえたドルの買い戻しが優先されている。ただ、先週のFOMC議事録ではバランスシート縮小の年内終了をほぼ全員一致で支持しており、年内の米利上げ確率は混とんとする中、更なるドルの上昇局面では、再びドル高けん制の動きにも配慮しなければならず、過度なドル高期待には違和感が生じている。

一方、ドル円は米中通商協議の結果待ちの状況には変わりがなく、ドル円110円半ば前後で一進一退の展開は否めないが、引き続き安全を期す意味でも、直近のレンジ幅ドル円110.30〜111.30円重視で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは1.13前後では消去法的な買いも観測され、一見底堅い展開を見せている。ただ、EU離脱交渉が難航しており、ポンド動向が攪乱材料になっており、そして、ここ最近のユーロ経済指標が軒並み予想を下回る傾向にある以上、引き続き戻り売り優先の展開と見なした方が無難であろう。引き続きレンジ幅ユーロドル1.1300〜1.1400重視で待機策に努めることが得策であろう。



Posted at 10時02分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2019/2

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.