RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2019年10月07日(月)

米利下げ観測再燃!米10年債利回り1.5%台ではドルロングが無難?

PDFファイル(813KB)

ペットチャート (813KB)

予想レンジ
ドル円     106.50〜107.50
ユーロ円    116.80〜117.80
ユーロドル   1.0900〜1.1000
豪ドル円    71.80〜72.80

******************************

先週末発表された米雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が13.6万人増と予想は下回ったものの、失業率は3.5%と約50年ぶりの水準まで低下しており、堅調な雇用情勢を背景にドルを買い戻す動きがやや優勢になっている。ただ、平均時給は前年比2.9%に低下しており、そして、先に発表されたISM製造業及び非製造業の悪化傾向が嫌気される中、米利下げ観測が再燃するなど、今回の雇用統計の数値だけではでは安易に仕掛けづらい状況にある。その中、パウエルFRB議長は講演において、米経済はリスク抱えてはいるが、総じて良好な状態と述べており、NYダウ平均株価は前日比372ドル高と反発に転じるなど、依然として、米利下げの有無如何で相場がどちらにも振れやすい状態にある。いずれにしても、米債券利回りが軒並み低下している以上、ドルの更なる上昇局面では戻り売りに圧される公算が高いと見なした方が無難であろう。

一方、ドル円は米債券利回りの低下を背景に徐々に上値の重さが意識されているが、依然として、利益確定買いや実需買いがドル円106円台半ば前後で散見されており、相対的には次なる材料待ちの段階にある。ただ、米10年債利回りが1.5%台を維持している限り、下値は限定的と見なした方が無難であり、引き続きレンジ幅ドル円106.50〜107.50円を重視し、同レベルからのナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルは方向感に乏しい中、ユーロドル1.10台には届かず、改めて上値の重さが意識されている。依然として、ドイツ経済に対する懸念が払しょくできておらず、戻り売り優先の展開には変わりがなく、引き続きレンジ幅ユーロドル1.0900〜1.1000を重視し、同レベルからのナンピン売買で対応することが賢明であろう。



Posted at 10時00分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2019/10

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.